タグ:鳥類 ( 45 ) タグの人気記事

「とりたちのらくえん」大宮公園小動物園フライングゲージ【前編】

b0355317_21362587.jpg
「とりたちのらくえん」と銘打たれた大宮公園小動物園のフライングゲージ

b0355317_21370978.jpg
開放感あふれるゲージ内では
多彩な鳥たちがフリーダムに闊歩しております

b0355317_21394486.jpg
「県民の鳥」でもあるシラコバト

b0355317_21440481.jpg
目の前をとことこと歩いていくクロトキ

b0355317_21444053.jpg
ハワイガン

b0355317_21454150.jpg
陽の当たる場所で皆さん、まったりとお食事中

b0355317_21465039.jpg
シロトキ

b0355317_21472445.jpg
ムギワラトキ



by manyamou02 | 2018-06-01 21:58 | 大宮公園小動物園 | Comments(0)

千葉市動物公園の珍しい鳥たち~エジプトハゲワシ、カラフトフクロウ

b0355317_20543741.jpg
エジプトハゲワシ

鳥類ゾーン等で会える、千葉市動物公園の珍しい鳥たち

b0355317_20564411.jpg
ヨーロッパ南部、中東、インドからアフリカ大陸南部に分布
タカ目タカ科で、本種のみでエジプトハゲワシ属を形成します

b0355317_21005568.jpg
独特の黄色い顔も美しい
不思議な雰囲気の鳥です

b0355317_21032672.jpg
放飼場はこんな感じ

b0355317_21042692.jpg
ぶわさーーーーー!

b0355317_21054457.jpg
カラフトフクロウ

b0355317_21064616.jpg
ユーラシア・北米の亜寒帯に生息
全長60~80cmと大型のフクロウです

b0355317_21082279.jpg
ヘビクイワシ

b0355317_21084809.jpg
ギンケイ

b0355317_21101941.jpg
チベットや中国、ミャンマーに生息するキジの仲間です

b0355317_21110303.jpg
仲良く、お食事中のエミュー

b0355317_21114001.jpg
閉園時間も近づいてきて、めっちゃバックヤードに帰りたそうにしている
ケープペンギンたち

by manyamou02 | 2018-05-09 21:30 | 千葉市動物公園 | Comments(0)

バレンタインだよ!井の頭!!~ペンギンのヒナ&モルベビ

b0355317_20315693.jpg
巣穴から顔をのぞかすフンボルトペンギンのヒナ

2月中旬の井の頭自然文化園より

b0355317_20325015.jpg
2/9生まれと、まだ生後一週間そこそこ

b0355317_20345230.jpg
ここまで幼いヒナを見たのは初めてかも

b0355317_20360002.jpg
2/12生まれのモルモットの赤ちゃん

b0355317_20373493.jpg
これで生後5日です

b0355317_20375799.jpg


b0355317_20381694.jpg
こちらは2/1生まれの赤ちゃん

b0355317_20464900.jpg
夕刻、ふれあいコーナーでのお勤めも終わり、
バックヤードでお食事中のモル軍団

b0355317_20474920.jpg


b0355317_20480694.jpg
バレンタインということで、園内各所にこんな掲示がありました
「オトナの恋はシジュウカラ」というタイトル通り
シジュウカラが園内の様々な動物たちの恋愛事情を解説しております

こちらはフンボルトペンギン舎にて

b0355317_20553298.jpg
シコクヤマドリ

b0355317_20555993.jpg
こちらはコシジロヤマドリ

ヤマドリを展示している園館は国内でも非常に珍しいのですが
井の頭自然文化園では全5亜種のうち、なんと4種を飼育展示しています

b0355317_20590432.jpg
入り口付近にあった、こじゃれた撮影スポット

by manyamou02 | 2018-05-06 21:30 | 井の頭自然文化園 | Comments(0)

上野動物園の多彩な鳥たち~長老ダルマワシとアカガシラカラスバト

b0355317_22181031.jpg
マレーワシミミズクです

b0355317_22213505.jpg
上野動物園の鳥たちといえば、バードハウスが有名ですが
それ以外でも園内では多彩な鳥たちに会うことが出来ます

b0355317_22230126.jpg
先ずは、フクロウ&猛禽エリアより

こちらはネパールワシミミズク

b0355317_22241463.jpg
そして、猛禽エリアの主
1971年来園という長老ダルマワシ

b0355317_22262717.jpg
こちらは、一緒に暮らしている
比較的若そうな個体

b0355317_22270100.jpg
ばさーーーーーー

b0355317_22273756.jpg
続いて、キジ・ハト エリアより
ハゲガオホウカンチョウ♀

b0355317_22283442.jpg
目の周りに羽毛が無いからハゲガオだそうです・・・

b0355317_22300862.jpg
パラワンコクジャク

こちらは以前、バードハウス前で撮影したもの
甲高い鳴き声です

b0355317_22321759.jpg
コシアカキジ
右がオスで左がメス

オスの腰の羽が赤いのがその名の由来

b0355317_22413201.jpg
ヤブツカツクリ
落ち葉や腐葉土を使って高さ1mもの繁殖用の塚を作ります

b0355317_22345056.jpg
ん?ハトか・・・って感じで、素通りしちゃいそうですが
見逃しちゃいけないのがこちら
アカガシラカラスバト

b0355317_22364248.jpg
小笠原諸島にしか生息しない固有亜種ですが
環境の悪化や野良猫等に捕食され、その数は激減
5年前の調査ではわずかに100~200羽しかいないことがわかりました

東京都では保護活動に取り組むとともに
上野動物園での繁殖をすすめています

by manyamou02 | 2018-04-18 22:55 | 上野動物園 | Comments(0)

松の内の井の頭~さらば酉年!?

b0355317_22135683.jpg
ニホンリスです

引き続き、先月初旬の井の頭自然文化園より

b0355317_22160085.jpg


b0355317_22161913.jpg
寒くても結構、活発です

b0355317_22165129.jpg
ニホンリスからの年賀状

b0355317_22173383.jpg
キタヤマドリです

b0355317_22204989.jpg
シコクヤマドリ

去年のお正月なら、主役級だったんですが・・・

b0355317_22221101.jpg
・・・はい、残念ながら

b0355317_22225355.jpg
皆で毛づくろい中のアカゲザル

一昨年の主役

b0355317_22235844.jpg
マーラ団子

b0355317_22242064.jpg
アフリカタテガミヤマアラシ夫妻

b0355317_22245417.jpg
ツル舎に侵入していたアオサギ
まだちょっと若鳥っぽいですね

b0355317_22254627.jpg
この日は、戌年スタンプラリーも行われていました
全部揃うと、なんだかシュールな絵巻が完成します

by manyamou02 | 2018-02-22 22:45 | 井の頭自然文化園 | Comments(0)

大宮公園小動物園の動物たち~鳴きまくりオオバタン

b0355317_10433108.jpg
仲良く毛づくろいしているオオバタン

正門付近でにぎやかに迎えてくれるオウムたちをご紹介

b0355317_10462717.jpg
通りすがりのスズメと奇跡のコラボ

b0355317_10471125.jpg
ぶわっ!

とにかくまあ賑やかです(音量注意)

ちなみにオオバタンはオス・メス二羽づついて
オス「ブローチ」、「ニート」
メス「パティー」、「キャンディー」
とそれぞれ名前が付いています

b0355317_10482660.jpg
タイハクオウム

b0355317_10510851.jpg
アオメキバタン

b0355317_10515025.jpg
再びオオバタン

「コンニチワ!」
・・・とは言ってくれなかったですが、機嫌次第では挨拶してくれるそうです

b0355317_11004052.jpg
すぐお隣の畜産動物エリアより

お食事中のミニブタ(ゲッチンゲン)

b0355317_11024364.jpg
キュートな子ヤギ

b0355317_11032664.jpg
小動物園という名の通り、多彩な小動物がいます

夕刻、活発に動いていたアカハナグマ

b0355317_11103943.jpg
味わい深い看板

カラスというよりも不審者っぽい・・・

b0355317_11114825.jpg
大宮公園内には手描きの道案内看板が点在していてグッときます
こちらは園のすぐ近くにある比較的、しっかりと描かれたものですが

b0355317_11134974.jpg
こーいうの、たまらんです

by manyamou02 | 2018-01-21 20:55 | 大宮公園小動物園 | Comments(0)

5月のシマオ一家~センのにょろりとカササギガン

b0355317_21112293.jpg
セン父ちゃん(左)と娘のヴィオラです

5月初旬の多摩動物公園シマオイワワラビー舎より

b0355317_21144008.jpg
チェロです
お腹の中に子供がいるのがはっきりとわかりますが
この日は、まだ顔を出すことはありませんでした

b0355317_21194785.jpg
袋のお手入れ

b0355317_21204243.jpg
きりーつ

b0355317_21215080.jpg
こちらはお隣の放飼場にいるカササギガン
実は、国内唯一の一羽です

b0355317_21232282.jpg
と、眺めていたら・・・

b0355317_21240519.jpg
おお!こちらに向かってずんずんと

b0355317_21244896.jpg
真ん前まで来てくれました♪

b0355317_21252906.jpg
再び、セン&ヴィオラ
この日は、こんな感じで一緒にいることが多かったんですが
よく見るとセンが、にょろりと出しているので危なっかしいです

b0355317_21270858.jpg
中々見る機会もないので、せっかくなのでクローズアップしてみましょう

うねうねと動いておりました

b0355317_21291194.jpg
お手入れ中

b0355317_21300099.jpg
こうして、ちょこんと並んでいるととても可愛いのですが

このまま、一緒に居続けていいのかなあ・・・

b0355317_21323981.jpg
最後は、ロミ母さんでごきげんよう

by manyamou02 | 2017-10-24 21:45 | 多摩動物公園 | Comments(0)

上野動物園:NEWこども動物園すてっぷ~インカアジサシの誘惑

b0355317_22280003.jpg
ヒゲのような飾り羽も可愛いインカアジサシ

b0355317_22301185.jpg
比較的ゆったりとした放飼場で、確認できただけで5羽のインカアジサシと
オシドリが一緒に過ごしています

b0355317_22325007.jpg
元気に飛び回ったり

b0355317_22333407.jpg


b0355317_22340731.jpg
さえずったりと、実に賑やかでした

b0355317_22344187.jpg
それにしても、このアジサシたち突然どこからやってきたのだろうと思ってたら

b0355317_23053444.jpg
フォロワーさんに教えていただいたのですが、最近まで那須どうぶつ王国にレンタルしていたんだそうです

b0355317_23071144.jpg
「よろしくねー!」


この日の様子
よく鳴いて、よく飛ぶのでいつまで見ていても飽きません

b0355317_23101821.jpg
ちなみに、「鳥たちのおうち」と呼ばれる、このエリア

b0355317_23124834.jpg
お隣の放飼場には、写真のソデグロバトやキタキジがいました

by manyamou02 | 2017-09-23 23:35 | 上野動物園 | Comments(0)

千葉市動物公園~草原ゾーンの動物たち

b0355317_21415064.jpg
並んで歩くダチョウとシタツンガ
千葉市動物公園の草原ゾーンでは、このように少々珍しい光景が見られます

b0355317_21485363.jpg
ちょっと離れたところを歩いていたシタツンガ男子

b0355317_21481240.jpg
広々とした草原ゾーンで会えるアフリカ産の多彩な動物たちをご紹介

b0355317_21523524.jpg
ハゴロモヅル

b0355317_21550742.jpg
ホオジロカンムリヅル

b0355317_21560490.jpg
求愛でしょうか?
突如、一羽が猛アピールをかけ始めました!

b0355317_21575519.jpg
舞っております

b0355317_21582861.jpg
「HEY!ハニー、俺のステップ決まってるだろ?」

・・・しかし、いまいちノーリアクションでした/ili´ ェ`)

b0355317_22003193.jpg
夕刻、再び足を運ぶと
ハゴロモヅルが変なテンションでこちらに駆けてきました

b0355317_22012911.jpg
背後から飼育員さんが登場
どうやら、バックヤードへと帰って行くようです

b0355317_22021330.jpg
寄り道もせず、まっすぐに帰って行くハゴロモヅルたち
お利口さんです

by manyamou02 | 2017-08-25 22:38 | 千葉市動物公園 | Comments(0)

井の頭自然文化園・水生物館~みんなの井の頭池

b0355317_21451704.jpg
でーんとかまえたカイツブリ

先月初旬の井の頭自然文化園・水生物館よりお送りいたします

b0355317_21463199.jpg
ミヤタナゴの産卵が始まっていました

コップの中に入っているのはカワシンジュガイ
ミヤタナゴは産卵管を伸ばし、この貝の中に卵を産み付けます

b0355317_21505342.jpg
ずらりと並んだカワシンジュガイ。壮観な眺めです
「サケのふるさと千歳水族館」の協力により採集され、はるばる北海道からやってきた貝たちです

カワシンジュガイも絶滅が心配される貴重な存在で
ミヤタナゴの繁殖が終われば、生息地へと帰って行きます


この時の様子

b0355317_22301634.jpg
非常に明解な掲示

水中で過ごす唯一の蜘蛛「ミズグモ」
こちらもまた、新しい命の誕生を間近に控えているようです

b0355317_22331181.jpg
ちょっと、わかりにくい写真ですが・・・

この数日後、無事生まれたそうです

b0355317_22353282.jpg
外来生物水槽より
カミツキガメのショウゾウくん

b0355317_22375031.jpg
オオクチバスがめっちゃこっちに近づいてきました

b0355317_22385922.jpg
「はろ~♪」

特定外来生物に指定されておりますが、もちろん彼ら自身には何の罪もありません
かように愛おしい子たちであります

b0355317_22412104.jpg
以前ギバチがいた水槽がカジカに変わっていました

b0355317_22432551.jpg
ムサシトミヨが巣を作っていました


水生物館は出産ラッシュであります

b0355317_22503106.jpg
特設展示場では「かいぼり」※の成果や、井の頭池がどうあってほしいかというテーマの展示がなされていました

※池の水を抜いたり汲みだしたりして干すこと

b0355317_22562529.jpg
地元の人たちと身近な自然、「井の頭池」について考え合う・・・
水生物館ならではの素晴らしい企画だと思います


b0355317_22595379.jpg
館内ではこんなスタンプラリーも行われていました

by manyamou02 | 2017-07-29 23:30 | 井の頭自然文化園 | Comments(0)