人気ブログランキング |

秋の井の頭~尻尾を追いかけるホンドテン( September 2018)

b0355317_22351433.jpg
ホンドテンです

昨日に続いて、9月下旬の井の頭自然文化園より

b0355317_22363629.jpg


b0355317_22370186.jpg
自分の尻尾を追いかけてぐるぐる回るという、犬のような場面に遭遇しました

b0355317_22392447.jpg
犬の場合だと、この行動がひんぱんに見られるようになったら
ストレスだったり、病気だったりする可能性があって要注意なんですが
一瞬の出来事だったんで、たまたまのことなのでしょう

b0355317_22440191.jpg
タワシじゃないです

珍しく、日中に外へ出ていたムササビ・・・ですが爆睡中
こんな風に尻尾を使うんですね

b0355317_22453169.jpg
閉園間際、園内が薄暗くなってくる頃
ひときわ活動的なオリイオオコウモリ

b0355317_22482054.jpg
くつろぎのアオダイショウ

b0355317_22484427.jpg
アカガシラカラスバト

なんとなく見逃してしまいがちですが、実は小笠原諸島にしか生息しない希少なハトです

b0355317_22503782.jpg
仲良く寝ているアフリカタテガミヤマアラシ

b0355317_22512832.jpg
「イロハ」と「ペロ」という名前だったとは
この掲示見て、初めて知りました

by manyamou02 | 2019-05-14 23:23 | 井の頭自然文化園 | Comments(0)

市川市動植物園の動物たち~誰もヤマアラシに気がつかない

b0355317_21204941.jpg
なかよし広場にて
くつろぎ中のヤギ

b0355317_21230714.jpg
ミニブタ

b0355317_21241519.jpg
お休み中のアフリカタテガミヤマアラシ

b0355317_21250953.jpg
誰もヤマアラシに気が付かない

狙ってやってるとしたら凄いです
ガチで死角です

b0355317_21263581.jpg
大胆な寝相のクロシロエリマキキツネザル

b0355317_21290256.jpg
なんというか、リアルな寝相

b0355317_21294823.jpg
ブラウンキツネザルのトム殿が5月20日に亡くなりました
享年40歳 長い間、お疲れさまでした

b0355317_21324126.jpg
熱気が伝わって来そうな晴れ渡った空

暑い暑い、初夏の一日でした


by manyamou02 | 2018-12-04 21:45 | 市川市動植物園 | Comments(0)

ナイトズー2018~トワイライト・ヤマアラシとペンギンのヒナ(埼玉県こども動物自然公園)

b0355317_21261900.jpg
17:00 薄暗くなりつつある放飼場内を歩き回るカナダヤマアラシ

昨日に続き、埼玉県こども動物自然公園ナイトズーの様子

b0355317_21275236.jpg
もう一頭の子は休息中

b0355317_21282931.jpg
そーいえば、いつの間にか放飼場が
別居用にアレンジされていました
これは、もしかしたらもしかするのかもしれません!?

b0355317_21295811.jpg
「果報は寝て待てだよ!」

・・・って、立ってる!!
残念ながら草に隠れていまいち状態がわかりませんが/ili´ ェ`)

b0355317_21334476.jpg
リニューアルチューの小動物コーナー

b0355317_21342841.jpg
なんと更地になってて、びっくりです
本格的に作り直すんですね
楽しみ、楽しみ

b0355317_21360462.jpg
ペンギンヒルズにて
派手に換毛してるけど、幼体かな

b0355317_21390713.jpg
こちらは、1月生まれのヒナ

b0355317_21401322.jpg
この子も多分、同時期に生まれた子

b0355317_21413335.jpg
まったり

b0355317_21415840.jpg
プーズー放飼場にて
比較的近くに一頭いました
ラピスかな?

b0355317_21454584.jpg
凛とした表情であります

b0355317_21461701.jpg
この日は、到着が遅かった為「ジュン」くんに会うことができませんでした
そして、この数週間後に残念ながら死亡
個人的は一度も会うことがかないませんでしたが
あらためて、お悔やみ申し上げます


by manyamou02 | 2018-09-25 22:12 | 埼玉県こども動物自然公園 | Comments(0)

井の頭自然文化園~アナグマの石遊びとお帰りヤマアラシ

b0355317_15123304.jpg
中々姿を見ることが出来ないと定評のカヤネズミですが
夕刻、運良くお食事中の姿を見ることができました

昨日に続いて、井の頭自然文化園より


15:00 ふれあいコーナーのモルモットたちが
一斉に帰ってくる場面

b0355317_15142053.jpg
夕刻と言えば彼らの出番
オリイオオコウモリです

b0355317_15194644.jpg
しかし今日は、割と皆さんおとなしくしてました

b0355317_15205964.jpg
間近でぶら下がっていたので、後肢を接写
このように五本の指で、しっかりとつかまっています

b0355317_15224057.jpg
兄弟が富山市ファミリーパークへ異動してしまい
小さい方の放飼場では、一頭だけになってしまったニホンアナグマ

夕刻、元気に遊んでいました
石を獲物にでも見立てているのでしょうか?

b0355317_15255646.jpg
バックヤードで担当さんが準備をしているのでしょう
ぶわっとテンションアゲアゲのアフリカタテガミヤマアラシ

b0355317_17264846.jpg
で、扉が開くやいなや速攻帰って行き・・・

b0355317_17273443.jpg
・・・ません

会い方が帰った後もしばらくぶらぶら

b0355317_17281321.jpg
でも、間もなく帰っていきました

みんなまたね~~~~~

by manyamou02 | 2018-09-02 20:55 | 井の頭自然文化園 | Comments(0)

井の頭自然文化園~どうぶつたちのエサの時間、ペンギンのヒナ

b0355317_20503612.jpg
のんびりと、お休み中のフェネック

3月中旬の井の頭自然文化園より

b0355317_20523684.jpg
フクロウ

b0355317_20525751.jpg
ツミ

春の陽気に誘われて皆さん、よく眠っておられます

b0355317_20554254.jpg
ところで今年から、井の頭自然文化園の新しい試みとして
動物たちのエサの時間を事前にHPで告知するようになりました
面白そうなので、早速この日はスケジュール表を片手に園内をめぐってみました

普段は爆睡していることも多いアフリカタテガミヤマアラシも・・・

この通り、活動的な姿が見られます



アカゲザルの給餌

全て見て回ろうとするとそれなりに忙しいです

b0355317_21072836.jpg
ひょこっと顔出すフンボルトペンギンのヒナ

b0355317_21084404.jpg


b0355317_21091703.jpg
もう、今ではおとなと同じぐらいの大きさまで成長しています

ケガをしたんでしょうか、ギブスが痛々しいです

by manyamou02 | 2018-08-31 21:21 | 井の頭自然文化園 | Comments(0)

白いヤマアラシ「チョロ」(市原ぞうの国)

b0355317_21520279.jpg
今回、ぜひお会いしたかったのがこちら
真っ白なインドタテガミヤマアラシ「チョロ」くんです

b0355317_21534726.jpg
2017.7.7の七夕生まれ
アルビノらしいのですが、白い個体が生まれる確率は数万匹に一匹と言われています

b0355317_21544446.jpg
真ん前まで来てくれました!

人工哺育で育った子なので、人馴れもしている感じです

b0355317_21551638.jpg
お食事中

b0355317_22015309.jpg


b0355317_22021494.jpg
そして、お休み


この時の様子

b0355317_22024067.jpg
チョロくんの正面にいたキバタン
「コンニチワ!サヨウナラ!」と、何度も声をかけていただきました

b0355317_22041417.jpg
そうこうしてたら、閉園時間となりましたので帰路につきます

最寄駅となる小湊鉄道「高滝駅」は、風情ある無人駅

b0355317_22073938.jpg


b0355317_22101412.jpg
車掌さんが、切符を売りに来るって初体験だったので感動です

b0355317_22124257.jpg
車内もちょっとレトロな感じ

b0355317_22134389.jpg
車両はもっとレトロです

市原ぞうの国&サユリワールド
一日では、全然回り切れなかったので、またいずれ行きたいと思います

by manyamou02 | 2018-03-05 22:35 | 市原ぞうの国 | Comments(0)

目力のグルーシャとカナダヤマアラシ夫妻

b0355317_21471379.jpg
グルーシャです
目力の強さには定評があります(当社比)

昨日に続き、埼玉県こども動物自然公園のマヌルネコ舎より

b0355317_21481476.jpg
この場所がお気に入りで、物怖じしないところも頼もしいですねえ

b0355317_21490092.jpg
ホント、いい面構えです


テリトリーを侵すものは
たとえ、いたいけな女子でも許さない!?

向かって左側がグルーシャで右がプリームラです(多分)

b0355317_21511975.jpg
プリームラです

b0355317_21515867.jpg
そろ~り

b0355317_21522592.jpg
しゅたん

身のこなしに優雅さがあります

b0355317_21540504.jpg
「どれ、にんげんどもでも かんさつするか」

マンウオッチング中のオリーヴァ

b0355317_21553055.jpg
こちらは、お隣のレフ父ちゃん

外の様子が気になるようで

b0355317_21562305.jpg
子供たちのオス・メス別居に伴い、レフも場所移動したので
この光景も見れなくなってしまいました

b0355317_21580294.jpg
そして、さらにお隣のカナダヤマアラシ夫妻
陽が沈み始めるとともにせっせと追いかけっこを始めました

b0355317_21591627.jpg
二頭がからんでる姿って殆ど見たことがないので、ちょっと新鮮
追いついては、しばし向き合ったりと
付かず離れずな感じでした

b0355317_22011332.jpg
ちなみにどっちがオス・メスかがわからないんですが
ずっとメス(?)のお尻を追いかけていた、こっちの個体が多分オスっぽい


この時の様子

by manyamou02 | 2018-01-30 22:15 | 埼玉県こども動物自然公園 | Comments(0)

サユリワールド~ビントロングとインドタテガミヤマアラシ

b0355317_17441887.jpg
ビントロングのムームーさんです

b0355317_17445855.jpg
東京の園館ではビントロングに会えない為
今回、会えるのをめっちゃ楽しみにしてました

b0355317_17470847.jpg
ほのかなポップコーン臭も堪能できました♪

b0355317_17490769.jpg
本来なら、サユリワールドの代名詞とも言える、ビントロングのふれあいが行われているんですが
繁殖を目指しているという事で現在は休止中。吉報を待ちたいと思います

ところで、左端にお尻がのぞいているのがお分かりいただけるでしょうか?

b0355317_17514563.jpg
こちらがムームーさんの放飼場

b0355317_17522079.jpg
バックヤードと出入り自由になっていた為、姿が見えないこともありましたが
ちょくちょくと外に出てきてくれました

b0355317_17533796.jpg
こちらは、インドタテガミヤマアラシのカールくん
両親は羽村市動物公園出身です

b0355317_17542795.jpg
バナナが好物のようで、おいしそうに食べていました


この時の様子

b0355317_17560240.jpg
扉が壊れているのか、開閉音がめっちゃうるさくて
その音にびっくりして、ぶわってなってました

扉・・・直してあげてください

by manyamou02 | 2018-01-08 20:58 | サユリワールド | Comments(0)

レフとカナダヤマアラシ

b0355317_21060791.jpg
木の上からこんにちは、カナダヤマアラシです

b0355317_21073068.jpg
お向かいのレフくんは、お日柄も良く・・・

b0355317_21082013.jpg
この日は、空中トンネルの奥の方にいるか
近くにいても爆睡中で殆どまともにレフの姿を見れませんでした

b0355317_21093924.jpg
・・・あ、起きた

b0355317_21101599.jpg
ヤマアラシも日中は、たいてい木の上でグーグー寝てるんですが
夕方になると比較的活発になるのでオススメです

b0355317_21114026.jpg
「うんしょ、うんしょ」

b0355317_21122535.jpg
木に登っているところではなく
降りてくるところです

降りるときはお尻からです

b0355317_21133977.jpg
閉園間際、沈む夕陽の中
静かにヤマアラシを見ている(?)レフ

by manyamou02 | 2017-12-05 21:30 | 埼玉県こども動物自然公園 | Comments(2)

レフとタビーとヤマアラシ

b0355317_20473678.jpg
マヌルネコのレフ
五つ子の父ちゃんです

b0355317_20490322.jpg
シャル母さんと五つ子赤ちゃんのストレス軽減の為
開園~13:00まではマヌルネコの放飼場を見ることが出来ません

b0355317_20503374.jpg
なので午前中は、つい素通りしがちですが
運がよければ、こうして日光浴に出てくるレフに会うことができます

b0355317_20513858.jpg
彼の視線の先にあるのはカナダヤマアラシの放飼場
飼育員さんが掃除をしています

b0355317_20525159.jpg
餌場をホースで水洗いしているのに、すぐ傍らで何事もないようにお昼寝しているヤマアラシ

b0355317_20545495.jpg
掃除が終わった後もだら~ん

b0355317_20554783.jpg
この日のレフは、トンネルにいる時以外は殆どここを動きませんでした

b0355317_20565036.jpg
陽も傾きだした16時過ぎ
静かに佇むレフ

b0355317_20580977.jpg
こちらはシャルの母親のタビーさん
日中は全く姿を見せなかったんですが
日が傾き、外が涼しくなってくると出てきてくれました

b0355317_20595169.jpg
こちらの様子を伺っております

タビーさん、お元気そうで何よりです

b0355317_21003634.jpg
そうこうしてたら、そろそろ閉園時間
みんなまたね~

b0355317_21012510.jpg
最後に

セバスチャンの訃報が、放飼場と正門付近に告知してありました
あらためて、お悔やみ申し上げるとともに、最後まで親身に世話をしてくださった
担当さん及びスタッフの方々に心から感謝いたします

by manyamou02 | 2017-06-22 21:33 | 埼玉県こども動物自然公園 | Comments(0)