人気ブログランキング |

タグ:ハト ( 17 ) タグの人気記事

とりたちのらくえん~夏の日の鳥たち(大宮公園小動物園 September 2019)

とりたちのらくえん~夏の日の鳥たち(大宮公園小動物園 September 2019)_b0355317_22002344.jpg
ホロホロチョウです

とりたちのらくえん~夏の日の鳥たち(大宮公園小動物園 September 2019)_b0355317_22011423.jpg
すぐ目の前をてくてくと歩いて行きます

とりたちのらくえん~夏の日の鳥たち(大宮公園小動物園 September 2019)_b0355317_22014100.jpg
多彩な鳥たちが放し飼いになっている
大宮公園小動物園の名施設「とりたちのらくえん」

まだまだ暑さ厳しい折、来園客も少なく
鳥たちは普段以上にフリーダムに闊歩していました

とりたちのらくえん~夏の日の鳥たち(大宮公園小動物園 September 2019)_b0355317_22064475.jpg
水浴び中のカナダガン

とりたちのらくえん~夏の日の鳥たち(大宮公園小動物園 September 2019)_b0355317_22080201.jpg
ぬーん!

とりたちのらくえん~夏の日の鳥たち(大宮公園小動物園 September 2019)_b0355317_22083172.jpg
オオフラミンゴの群れ

とりたちのらくえん~夏の日の鳥たち(大宮公園小動物園 September 2019)_b0355317_22090326.jpg


とりたちのらくえん~夏の日の鳥たち(大宮公園小動物園 September 2019)_b0355317_22091772.jpg
大ヒット映画「翔んで埼玉」にも堂々出演を果たしたシラコバト

とりたちのらくえん~夏の日の鳥たち(大宮公園小動物園 September 2019)_b0355317_22104473.jpg
劇中でも説明があるように埼玉県の県鳥ですが
近年、その数が激減しており、動物園でも保護繁殖に取り組んでいます

↓参照記事

とりたちのらくえん~夏の日の鳥たち(大宮公園小動物園 September 2019)_b0355317_22140542.jpg
雨水飲んでます

by manyamou02 | 2020-07-28 22:22 | 大宮公園小動物園 | Comments(0)

コシジロヤマドリとキジ舎の多彩な鳥たち(大宮公園小動物園 September 2019)

コシジロヤマドリとキジ舎の多彩な鳥たち(大宮公園小動物園 September 2019)_b0355317_14311857.jpg
コシジロヤマドリです

コシジロヤマドリとキジ舎の多彩な鳥たち(大宮公園小動物園 September 2019)_b0355317_14321842.jpg
名前の由来がよくわかる背後からのショット

という訳で、昨日に続いて大宮公園小動物園のリス・キジ舎よりお送りいたします

コシジロヤマドリとキジ舎の多彩な鳥たち(大宮公園小動物園 September 2019)_b0355317_14332814.jpg
アロウカナ
南米チリ原産のニワトリです

コシジロヤマドリとキジ舎の多彩な鳥たち(大宮公園小動物園 September 2019)_b0355317_14344146.jpg
ニワトリの中では唯一、青い卵を産みます

コシジロヤマドリとキジ舎の多彩な鳥たち(大宮公園小動物園 September 2019)_b0355317_14355387.jpg
ウコッケイ

コシジロヤマドリとキジ舎の多彩な鳥たち(大宮公園小動物園 September 2019)_b0355317_14365212.jpg
江戸時代初期に中国から持ち込まれたと言われていますが
原産地は不明です

コシジロヤマドリとキジ舎の多彩な鳥たち(大宮公園小動物園 September 2019)_b0355317_14380372.jpg
ジュズカケバト

コシジロヤマドリとキジ舎の多彩な鳥たち(大宮公園小動物園 September 2019)_b0355317_14395323.jpg


コシジロヤマドリとキジ舎の多彩な鳥たち(大宮公園小動物園 September 2019)_b0355317_14411776.jpg
イエバト

by manyamou02 | 2020-07-12 14:54 | 大宮公園小動物園 | Comments(0)

江戸川区自然動物園の動物たち~オウギバトの聖地

江戸川区自然動物園の動物たち~オウギバトの聖地_b0355317_21381636.jpg
オウギバトです

引き続き、江戸川区自然動物園の動物たちをご紹介

江戸川区自然動物園の動物たち~オウギバトの聖地_b0355317_21391392.jpg
実は、江戸川区自然動物園はオウギバトの聖地であります

江戸川区自然動物園の動物たち~オウギバトの聖地_b0355317_21395072.jpg
作業中の飼育員が気になって駆け付けているところ
実に愛らしいです

江戸川区自然動物園の動物たち~オウギバトの聖地_b0355317_21411536.jpg
こちらはオウギバトが作った巣
こういう展示も興味深くて面白いですね

江戸川区自然動物園の動物たち~オウギバトの聖地_b0355317_21431564.jpg
ハヤブサ

江戸川区自然動物園の動物たち~オウギバトの聖地_b0355317_21442754.jpg
片目を怪我しているように見えますが.....

江戸川区自然動物園の動物たち~オウギバトの聖地_b0355317_21463402.jpg
サイチョウ

江戸川区自然動物園の動物たち~オウギバトの聖地_b0355317_21472580.jpg


江戸川区自然動物園の動物たち~オウギバトの聖地_b0355317_21474941.jpg
鳥類だけでも中々多彩な顔ぶれです

by manyamou02 | 2020-07-05 22:02 | 江戸川区自然動物園 | Comments(0)

上野動物園バードハウス大図鑑⑧~2F:ミノバトとカンムリシャコ

上野動物園バードハウス大図鑑⑧~2F:ミノバトとカンムリシャコ_b0355317_21065501.jpg
ミノバトです


上野動物園バードハウス大図鑑⑧~2F:ミノバトとカンムリシャコ_b0355317_21074069.jpg
東南アジア、メラネシアに生息する大型のハト

上野動物園バードハウス大図鑑⑧~2F:ミノバトとカンムリシャコ_b0355317_21151062.jpg
美しい羽根の色が印象的です
近年、DNA分析により絶滅したドードーに
最も近縁の鳥であるということが判明しました

上野動物園バードハウス大図鑑⑧~2F:ミノバトとカンムリシャコ_b0355317_21174062.jpg
こちらは同じ放飼場内にいるカンムリシャコ

上野動物園バードハウス大図鑑⑧~2F:ミノバトとカンムリシャコ_b0355317_21183647.jpg
東南アジアの草原から森林まで広く生息しています

上野動物園バードハウス大図鑑⑧~2F:ミノバトとカンムリシャコ_b0355317_21210044.jpg
その名の通り、真っ赤な冠羽を持つのがオス

上野動物園バードハウス大図鑑⑧~2F:ミノバトとカンムリシャコ_b0355317_21215475.jpg
こちらがメス

上野動物園バードハウス大図鑑⑧~2F:ミノバトとカンムリシャコ_b0355317_21221614.jpg


上野動物園バードハウス大図鑑⑧~2F:ミノバトとカンムリシャコ_b0355317_21223920.jpg
ルリゴシボタンインコ

上野動物園バードハウス大図鑑⑧~2F:ミノバトとカンムリシャコ_b0355317_21240017.jpg
こんな感じで一緒に暮らしています

上野動物園バードハウス大図鑑⑧~2F:ミノバトとカンムリシャコ_b0355317_21244141.jpg
同じ並びにいるキンカチョウ

上野動物園バードハウス大図鑑⑧~2F:ミノバトとカンムリシャコ_b0355317_21254957.jpg
ホウオウジャク
手前のピントからずれてる子はヒノマルチョウ

↓ヒノマルチョウのヒナ(2018年7月)


オナガカエデチョウやカノコスズメを撮り逃しているので
また近いうちにリベンジです


by manyamou02 | 2020-06-17 21:41 | 上野動物園 | Comments(0)

アムールヤマネコのターゲットトレーニングとツミのペリット(井の頭自然文化園 May 2019)

アムールヤマネコのターゲットトレーニングとツミのペリット(井の頭自然文化園 May 2019)_b0355317_21334051.jpg
じっとこちらの様子を伺っているのは、アムールヤマネコの「チャタロウ」
飼育員さんが何やら、準備をしているので気になって仕方がないようです

間もなく始まったのが、ターゲットトレーニング
ターゲットとなる棒を使い、任意の場所に一定時間、とどまらせる練習で
簡易な身体検査であったり、注射を打ったりできるようにする為の訓練です

アムールヤマネコのターゲットトレーニングとツミのペリット(井の頭自然文化園 May 2019)_b0355317_21391316.jpg
同じく、めっちゃスタンバってる「ユズキ」

こちらは、日常に変化を与える動物福祉の一環でしょうか
はりきってジャンプするユズキに歓声があがっていました

アムールヤマネコのターゲットトレーニングとツミのペリット(井の頭自然文化園 May 2019)_b0355317_21471287.jpg
ニホンキジ

アムールヤマネコのターゲットトレーニングとツミのペリット(井の頭自然文化園 May 2019)_b0355317_21473662.jpg
アカガシラカラスバト

小笠原諸島にしか生息しない希少種です

アムールヤマネコのターゲットトレーニングとツミのペリット(井の頭自然文化園 May 2019)_b0355317_21501243.jpg
チョウゲンボウ

*現在、こちらの個体は多摩動物公園へ移動しました

アムールヤマネコのターゲットトレーニングとツミのペリット(井の頭自然文化園 May 2019)_b0355317_21510399.jpg
夕刻、お食事場面に会えました

アムールヤマネコのターゲットトレーニングとツミのペリット(井の頭自然文化園 May 2019)_b0355317_21514691.jpg
見た目は可愛いですが、猛禽らしくがっつり肉食です

アムールヤマネコのターゲットトレーニングとツミのペリット(井の頭自然文化園 May 2019)_b0355317_21525476.jpg
飼育員さんが餌を持ってきて、色々と解説してくれました
えーと、話をちょっと聞き損ねてしまいました
こちらの餌は多分、和鳥舎の鳥たちのものだと思われます

アムールヤマネコのターゲットトレーニングとツミのペリット(井の頭自然文化園 May 2019)_b0355317_21541268.jpg
国内のタカの仲間では最も小さい種であるツミ

アムールヤマネコのターゲットトレーニングとツミのペリット(井の頭自然文化園 May 2019)_b0355317_21554059.jpg
こちらはツミのペリット

よほどの鳥好きとかでないと「ペリットって何?」ってなるかと思いますが
早い話が未消化の吐き戻しです
中々見る機会もないので、ちょっと触らせてもらうとふわっと柔らかい感じ
せっかくなので臭いも・・・つんとくる酸っぱい臭いでした(;^_^A

by manyamou02 | 2020-04-21 22:12 | 井の頭自然文化園 | Comments(0)

秋の夜長の自然文化園⑦~オリイオオコウモリたちの夜(October 2018)

秋の夜長の自然文化園⑦~オリイオオコウモリたちの夜(October 2018)_b0355317_11421289.jpg
「もうかりまっか?」「ぼちぼちでんな」

秋の夜長の自然文化園⑦~オリイオオコウモリたちの夜(October 2018)_b0355317_11461948.jpg
「ここからは、おれらのステージだ!」

という訳で、夜と言えばのオリイオオコウモリたち
日中は、あまり動きはないですが、暗くなるにつれ活動的になってきます

秋の夜長の自然文化園⑦~オリイオオコウモリたちの夜(October 2018)_b0355317_11483411.jpg
「めしだ、めしだー!」

秋の夜長の自然文化園⑦~オリイオオコウモリたちの夜(October 2018)_b0355317_11493029.jpg
同じ放飼場内にいるオウギバト

秋の夜長の自然文化園⑦~オリイオオコウモリたちの夜(October 2018)_b0355317_11514962.jpg
そうこうしてたら、もう閉園時間
守衛さんが「正門へお向かいください」とおっしゃられるので
名残惜しいですが、そろそろと帰ることにします

秋の夜長の自然文化園⑦~オリイオオコウモリたちの夜(October 2018)_b0355317_11542305.jpg
正門へと向かう道すがら、出会った動物たち

お休みモードのヤクシカの群れ

秋の夜長の自然文化園⑦~オリイオオコウモリたちの夜(October 2018)_b0355317_11560993.jpg
佇むクッキーさん

秋の夜長の自然文化園⑦~オリイオオコウモリたちの夜(October 2018)_b0355317_11565666.jpg
めっちゃ帰りたがってるアリス&ベル

それでは、また来年!!(というか、再来月)

by manyamou02 | 2019-08-13 13:13 | 井の頭自然文化園 | Comments(0)

シラコバトと水鳥の池(智光山公園こども動物園 October 2018)

シラコバトと水鳥の池(智光山公園こども動物園 October 2018)_b0355317_20204138.jpg
埼玉県の県鳥でもあるシラコバト

シラコバトと水鳥の池(智光山公園こども動物園 October 2018)_b0355317_20224683.jpg
正門から入ってすぐ視界に現れる大きなゲージ
シンボルゲージと呼ばれ、むしろここが
智光山公園こども動物園の入り口といった印象です

シラコバトと水鳥の池(智光山公園こども動物園 October 2018)_b0355317_20251187.jpg
シラコバトをはじめ、チョウショウバト、ウスユキバトといった
海外の珍しいハトを見ることが出来ます

シラコバトと水鳥の池(智光山公園こども動物園 October 2018)_b0355317_20293403.jpg
茂みの中からこんにちは
ウズラです

シラコバトと水鳥の池(智光山公園こども動物園 October 2018)_b0355317_20305480.jpg
餌桶にIN

シラコバトと水鳥の池(智光山公園こども動物園 October 2018)_b0355317_20314309.jpg
こちらは、園内の奥まった位置にある水鳥の池

シラコバトと水鳥の池(智光山公園こども動物園 October 2018)_b0355317_20333574.jpg
群れになって泳ぐマガモ

シラコバトと水鳥の池(智光山公園こども動物園 October 2018)_b0355317_20352048.jpg
シナガチョウ

シラコバトと水鳥の池(智光山公園こども動物園 October 2018)_b0355317_20364245.jpg
意外とこういうことって知らないので
良い解説だと思います

シラコバトと水鳥の池(智光山公園こども動物園 October 2018)_b0355317_20375206.jpg
課金制度アリ

by manyamou02 | 2019-08-03 20:55 | 智光山公園こども動物園 | Comments(0)

秋の井の頭~尻尾を追いかけるホンドテン( September 2018)

秋の井の頭~尻尾を追いかけるホンドテン( September 2018)_b0355317_22351433.jpg
ホンドテンです

昨日に続いて、9月下旬の井の頭自然文化園より

秋の井の頭~尻尾を追いかけるホンドテン( September 2018)_b0355317_22363629.jpg


秋の井の頭~尻尾を追いかけるホンドテン( September 2018)_b0355317_22370186.jpg
自分の尻尾を追いかけてぐるぐる回るという、犬のような場面に遭遇しました

秋の井の頭~尻尾を追いかけるホンドテン( September 2018)_b0355317_22392447.jpg
犬の場合だと、この行動がひんぱんに見られるようになったら
ストレスだったり、病気だったりする可能性があって要注意なんですが
一瞬の出来事だったんで、たまたまのことなのでしょう

秋の井の頭~尻尾を追いかけるホンドテン( September 2018)_b0355317_22440191.jpg
タワシじゃないです

珍しく、日中に外へ出ていたムササビ・・・ですが爆睡中
こんな風に尻尾を使うんですね

秋の井の頭~尻尾を追いかけるホンドテン( September 2018)_b0355317_22453169.jpg
閉園間際、園内が薄暗くなってくる頃
ひときわ活動的なオリイオオコウモリ

秋の井の頭~尻尾を追いかけるホンドテン( September 2018)_b0355317_22482054.jpg
くつろぎのアオダイショウ

秋の井の頭~尻尾を追いかけるホンドテン( September 2018)_b0355317_22484427.jpg
アカガシラカラスバト

なんとなく見逃してしまいがちですが、実は小笠原諸島にしか生息しない希少なハトです

秋の井の頭~尻尾を追いかけるホンドテン( September 2018)_b0355317_22503782.jpg
仲良く寝ているアフリカタテガミヤマアラシ

秋の井の頭~尻尾を追いかけるホンドテン( September 2018)_b0355317_22512832.jpg
「イロハ」と「ペロ」という名前だったとは
この掲示見て、初めて知りました

by manyamou02 | 2019-05-14 23:23 | 井の頭自然文化園 | Comments(0)

大宮公園小動物園「とりたちのらくえん」~嗚呼、シラコバト(July 2018)

大宮公園小動物園「とりたちのらくえん」~嗚呼、シラコバト(July 2018)_b0355317_13241928.jpg
埼玉県の県鳥でもあるシラコバト

昨日に続いて、7月下旬の大宮公園小動物園「とりたちのらくえん」より

大宮公園小動物園「とりたちのらくえん」~嗚呼、シラコバト(July 2018)_b0355317_13252436.jpg
現在はその数が激減し、越谷市周辺にしか生息しない天然記念物で
「県民の鳥」に指定されたのも普及啓蒙の為です

大宮公園小動物園「とりたちのらくえん」~嗚呼、シラコバト(July 2018)_b0355317_13321697.jpg
この数を見ると絶望的な気分になりますが、まずは来園者一人一人が
この現実を知ることこそが、彼らを絶滅の危機から救う第一歩になるのかもしれません

大宮公園小動物園「とりたちのらくえん」~嗚呼、シラコバト(July 2018)_b0355317_13345769.jpg
埼玉県では、「大宮公園小動物園」、「埼玉県こども動物自然公園」、
「智光山公園こども動物園」、「越谷市大吉公園キャンベルタウン 野鳥の森」の
四つの施設と協力して、シラコバトの保護繁殖に取り組んでいます

そんな希少なシラコバトをここでは、めっちゃ至近で観察できます

大宮公園小動物園「とりたちのらくえん」~嗚呼、シラコバト(July 2018)_b0355317_13414523.jpg
うおっ!こっちに飛んできた!!

・・・左肩から出てる尖ってるのは一体、何!?

大宮公園小動物園「とりたちのらくえん」~嗚呼、シラコバト(July 2018)_b0355317_13425787.jpg
手すりに止まっているシロトキ

大宮公園小動物園「とりたちのらくえん」~嗚呼、シラコバト(July 2018)_b0355317_13440974.jpg
こういった珍しい鳥たちをゼロ距離で見られる
ホント楽しい施設です

大宮公園小動物園「とりたちのらくえん」~嗚呼、シラコバト(July 2018)_b0355317_13444694.jpg
ギンガオサイチョウ

こちらは、さすがに放し飼いではなくケージに入っています

大宮公園小動物園「とりたちのらくえん」~嗚呼、シラコバト(July 2018)_b0355317_13452545.jpg
足跡が新しい・・・誰のだろう?

大宮公園小動物園「とりたちのらくえん」~嗚呼、シラコバト(July 2018)_b0355317_13460110.jpg
入り口に貼られていました
お子様が書かれたのでしょう・・・優しいですね

まあ、当然ですが例えケガをしていなくても
触ったり、追いかけたりしちゃいけません

大宮公園小動物園「とりたちのらくえん」~嗚呼、シラコバト(July 2018)_b0355317_13481306.jpg
多分、この子のことでしょう
この場所から動こうとしなかったハワイガン

by manyamou02 | 2019-04-29 20:55 | 大宮公園小動物園 | Comments(0)

メンフクロウとアオダイショウ(井の頭自然文化園 August 2018)

メンフクロウとアオダイショウ(井の頭自然文化園 August 2018)_b0355317_22135117.jpg
メンフクロウです

英名のBarn Owl(納屋のフクロウ)は、その名の通り
人家の納屋に営巣することがある為

昨日に続き、8月初旬の井の頭自然文化園より

メンフクロウとアオダイショウ(井の頭自然文化園 August 2018)_b0355317_22173496.jpg
なので、放飼場は納屋を再現!
・・・めっちゃ和風なんですけど

メンフクロウとアオダイショウ(井の頭自然文化園 August 2018)_b0355317_22202403.jpg
そのお隣にあるのは土間でしょうか
リアリズムを追及していてたまらないものがあります
ここの放飼場の主はというと・・・

メンフクロウとアオダイショウ(井の頭自然文化園 August 2018)_b0355317_22221318.jpg
アオダイショウ

樽の中でくつろいでおられます
こだわりに満ちた、実に味わい深い放飼場です

メンフクロウとアオダイショウ(井の頭自然文化園 August 2018)_b0355317_22265716.jpg
巣箱で爆睡中のホンドテン

メンフクロウとアオダイショウ(井の頭自然文化園 August 2018)_b0355317_22271686.jpg
アフリカタテガミヤマアラシ

真夏のうだるような昼下がり
皆さん、避暑&お昼寝モードです

メンフクロウとアオダイショウ(井の頭自然文化園 August 2018)_b0355317_22300392.jpg
アクリル越しに真ん前で、こちらの様子を伺っていたオウギバト

メンフクロウとアオダイショウ(井の頭自然文化園 August 2018)_b0355317_22310272.jpg
間近で見ると、この見事な冠羽はホント迫力があります

メンフクロウとアオダイショウ(井の頭自然文化園 August 2018)_b0355317_22321993.jpg
産毛も抜け落ち始めたフンボルトペンギンのヒナ

分園にて。暑い中、やけに元気だったコールダック

メンフクロウとアオダイショウ(井の頭自然文化園 August 2018)_b0355317_22330937.jpg
おまけ:実に井の頭自然文化園らしいスタンプ
月毎に変わるのかな?毎回、楽しみだったりします

分園入り口にて

by manyamou02 | 2019-04-22 22:55 | 井の頭自然文化園 | Comments(0)