人気ブログランキング |

サンシャイン水族館~ゾクゾク深海生物2018:メンダコとテヅルモヅルとニホンイバラガニ

b0355317_21583580.jpg
深海のスター選手「メンダコ」

昨日に続き、サンシャイン水族館より

b0355317_21595654.jpg
本物にお会いするのは初めてなので感無量です

何度か、足を運んだんですが
残念ながら泳ぐ姿は見られず

b0355317_22021750.jpg
フウリュウウオ
水深200~700mに生息。時折、海底を歩くように移動します

和名は、「近代魚類分類学の父」こと田中茂穂氏による命名だそうですが
何故「風流」なのかいまいち謎です。知ってる方みえたら教えてください/ili´ ェ`)

b0355317_22115676.jpg
テヅルモヅルの仲間

b0355317_22133832.jpg
600~1000mの深海に棲む棘皮動物で
腕は5本ですが、その腕が数十回も枝分かれし、触手となります

テヅルモヅルと言えば、先日こんなNEWSが話題になりました

b0355317_22220666.jpg
テヅルモヅルと同じ水槽にいた、こちらの方はトリノアシかな?

b0355317_22231980.jpg
ニホンイバラガニ
こちらも、滅多に採集されることのない非常に珍しい種です

b0355317_22285193.jpg
ご覧の通り、足が全部で8本なのでヤドカリの仲間です。
ちなみにタラバガニの仲間でもあります
なので、身はふっくらとして中々の美味だそうですが
流通することはほぼないので、まず食べる機会はないかと

市場で「イバラガニ」として売られているのは本種ではなく「イバラガニモドキ」

b0355317_22341247.jpg
ギンザメ

b0355317_22353799.jpg
リュウグウハダカ

b0355317_22361619.jpg
メンダコ

b0355317_22363375.jpg
サイウオの一種

by manyamou02 | 2018-03-14 22:45 | サンシャイン水族館 | Comments(0)

八景島シーパラダイス~サマーナイト

b0355317_23434473.jpg
ホッキョクグマのユキヒメちゃんかな

昨年8月に行ってきた八景島シーパラダイスの記事も
ようやく今回が最終回

b0355317_23461544.jpg
時刻は間もなく17:00 巨大水槽のアクリルに何やら数字が浮かび上がり
ゆっくりとカウントダウンを始めました

b0355317_23482340.jpg
そして17:00 照明もぐっと暗くなり雰囲気がガラッと変わりました
サマーナイトのスタートです

b0355317_23523410.jpg
ミズクラゲ

7/16~9/4の間はサマーナイトと称して、開館時間の延長とともに
17:00から照明や映像等様々な趣向が凝らされます

b0355317_23541067.jpg
マダコ

「もう夜か・・・」

b0355317_23553073.jpg
「皆さま、ごきげんよう」

せっかくなので楽しんでいきたいところですが
私も朝から来てるので、さすがにそろそろおいとまします

b0355317_23562829.jpg
と言いつつ、足早に館内を一周

ひそひそと暗がりで内緒話をしているようなユメカサゴ

b0355317_09350818.jpg
隊列組んでるようなカクレクマノミ

b0355317_09370246.jpg
ただ暗くなるだけではなく、照明の色彩もすごく工夫されていて綺麗です

b0355317_09385960.jpg
そして、八景島に陽は沈む

b0355317_09395367.jpg
そうこうしてたら、外はもう真っ暗です

b0355317_09413033.jpg
夜の風景を楽しみつつ、名残惜しいですが帰ることとしましょう

b0355317_09441231.jpg
また、会う日までごきげんよう

by manyamou02 | 2017-03-19 20:57 | 八景島シーパラダイス | Comments(0)

サンシャイン水族館~「ゾクゾク深海生物」

b0355317_20553587.jpg
深海生物の中でもメジャー級の人気者
ダイオウグソクムシとオオグソクムシ

今月5日まで開催された、サンシャイン水族館の「ゾクゾク深海生物」より

b0355317_20595018.jpg
何故かダイオウの元に集うオオグソクムシ
妙に面白い光景です

b0355317_21020027.jpg
オオエンコウガニ

深海性のカニで、カニの缶詰等にマルズワイガニと記載されているのが実はこのカニのことです

b0355317_21064646.jpg
そんな食文化の中では、馴染み深いカニなんですが
その生態は殆ど分かっていません

b0355317_21084861.jpg
ツノモチダコ

その名の通り、目の上に角のような突起が生えています

b0355317_21112525.jpg
「トロダコ」とも呼ばれ、食用にもされているのですが
水族館での飼育例は少ないそうです

泳ぐ姿を見ることができました!

b0355317_21141966.jpg
ミドリフサアンコウ

b0355317_21171084.jpg
目の間に小さな疑似餌があるそうなんですが
ちとよくわかりません

b0355317_21203380.jpg
敵に襲われると、水や空気を飲んで体を膨らませ大きく見せることもあるんだとか

b0355317_21254304.jpg
中々ぶっ飛んでます
素晴らしい!

by manyamou02 | 2017-03-12 20:59 | サンシャイン水族館 | Comments(0)

しながわ水族館:珍しい魚たち~オオカミウオとデンキウナギ

b0355317_21423825.jpg
オオカミウオ
貝類をかみ砕き、甲殻類をも食いちぎる強大な歯の持ち主です

引き続き、しながわ水族館「珍しい魚たち」エリアより

b0355317_21440559.jpg
手すり(?)の上がお気に入りっぽいです

b0355317_21445151.jpg
アマゾン川の代名詞ともいえる名高いデンキウナギ

b0355317_21471410.jpg
獲物を狩るために800ボルトもの電圧を起こすことができます

b0355317_21484744.jpg
実はウナギの仲間ではなく、1科1属の魚です

動画も撮ってみました

b0355317_21531588.jpg
こちらはデンキナマズ

ナイル川やニジェール川に生息し、
獲物を狩る際、最大で400ボルトもの電気を発生します

b0355317_21553439.jpg
ミズダコ

タコの仲間の中でも大型の種です

b0355317_21565042.jpg
ぶわーっ!!

b0355317_21571577.jpg
リーフ・フィッシュ

枯れ葉に擬態するという特異な形態の持ち主です

b0355317_21583797.jpg
エレファント・ノーズ

アフリカ中央部に分布

b0355317_21592902.jpg

長い吻(ふん)を使い、泥の中の虫を掘り出して食します

by manyamou02 | 2016-12-12 12:05 | しながわ水族館 | Comments(0)

八景島 ZONE4~多彩な海の生きものたち

b0355317_20563771.jpg
アオリイカの幼体です

ZONE4で見られる多彩な生き物たちをご紹介~

b0355317_20580273.jpg
海岸付近の浅場で孵化した幼体は小魚やエビなどを捕食して成長していきます

b0355317_21002485.jpg
アオリイカの寿命は短くて、約一年ほど

b0355317_21012145.jpg
コウイカ

八景島シーパラダイスで繁殖した個体だそうです

b0355317_21024069.jpg
フウセンウオ

b0355317_21033938.jpg
セミホウボウ

b0355317_21042649.jpg
ガンガゼ

ウニの仲間です

b0355317_21055812.jpg
マアナゴ

b0355317_21063996.jpg
八景島シーパラダイスのすぐ隣に、水揚げ場として有名な
横浜市漁業協同組合があります

b0355317_21085786.jpg
マダコ

b0355317_21142014.jpg
運良く、活動的なところが見られました

b0355317_21151347.jpg
にゅーーーん

by manyamou02 | 2016-10-25 12:05 | 八景島シーパラダイス | Comments(0)