人気ブログランキング |

東京タワー水族館~ポリプテルスと個性的な大型アフリカンカラシンたち

b0355317_20570886.jpg
ポリプテルス・エンドリケリー・エンドリケリーの白変種

昨日に続き、東京タワー水族館のポリプ水槽より

b0355317_20590079.jpg


b0355317_20592393.jpg
ポリプテルス・オルナティピンニス

b0355317_21115195.jpg
ポリプ軍団と混泳していた、ひと際存在感を放つ
ショートノーズ・クラウンテトラ

b0355317_21145583.jpg
ポピュラーな大型アフリカンカラシンです

b0355317_21165699.jpg
上段の水槽にいたタイガーフィッシュ

肉食性の大型アフリカンカラシン

b0355317_21181346.jpg
ディスティコダス・アフィニス

草食傾向が強い、アフリカンカラシン

b0355317_21242710.jpg
レオパード・クテノポマ

コンゴ川流域に生息

b0355317_21285664.jpg
グラミーやベタと同じアナバスの仲間です

by manyamou02 | 2018-12-02 21:41 | 東京タワー水族館 | Comments(2)

キクラ・テメンシスとプレコたち(東京タワー水族館)

b0355317_22310741.jpg
どーん!!
キクラ・テメンシスです

東京タワー水族館「北南アメリカ」エリアより

b0355317_22315362.jpg
キクラ属の中では最も大きい種

b0355317_22380393.jpg
ジャイアント・ピーコックバス、ツクナレ・パッカなどとも呼ばれる
アイスポットシクリッド

b0355317_22384910.jpg
アマゾン河流域のネグロ川やその支流の広範囲に生息しています

ブラックタライロン

シーラカンス似の怪魚であります
鋭い歯を持ち、いたって気の荒い性質です

b0355317_22461512.jpg
オスカー

b0355317_22593760.jpg
ボドワード

b0355317_23021336.jpg
プレコも多彩でした

b0355317_23032855.jpg
ひと際、目を引いた大型のアルビノ・セルフィンプレコ

b0355317_23045916.jpg


b0355317_23075466.jpg
最後にもういっちょうキクラ・テメンシス

「喝!!」

by manyamou02 | 2018-11-03 23:23 | 東京タワー水族館 | Comments(0)

南アメリカハイギョ「レピドシレン・パラドクサ」とピラルク(東京タワー水族館)

b0355317_21402864.jpg
南米大陸唯一のハイギョ「レピドシレン・パラドクサ」
南アメリカハイギョとも呼ばれます

b0355317_21430036.jpg
性格はいたって温和


実にゆったりとした動きです

b0355317_21474514.jpg
東京タワー水族館のスタッフブログより
まだ幼い頃の記事を見つけました♪

こちらは、以前も掲載した動画ですが
給餌の様子

b0355317_21444086.jpg
肉食性で、野性下では水生昆虫や小魚、貝などを食べています

b0355317_21533888.jpg
同じ並びにいたピラルク

b0355317_21582535.jpg
メタリックな体色も美しい個体です


泳いでいる姿はこちらで
3:31に登場します

b0355317_21592938.jpg
同じ水槽内にいた子(・・・のはず)ですが、種名を撮り損ねて不明

b0355317_22041705.jpg
ピラルクの上段の水槽にいたカラープロキロダス

b0355317_22060855.jpg
レッドシクリッド

成熟したメスは赤色になります

by manyamou02 | 2018-10-29 22:22 | 東京タワー水族館 | Comments(0)

東京タワー水族館~壮観!ピラニア・コレクション!!【後編】

b0355317_21304195.jpg
再び登場、ド迫力のピラニア・ピラヤ

という訳で、昨日の続き!

b0355317_21362259.jpg
ダイヤモンド・イエローピラニア

b0355317_21372505.jpg
ピラニア・デンティクラトゥス(オレンジフィン・ピラニア)

ピラニアの中では比較的丸い体型で
性質も温和です

b0355317_21395828.jpg
ピラニア・ピラヤ

そう!一枚目と同じ種です
体色も鮮やかな美しい個体です

b0355317_21323908.jpg
前回も登場したブラック・ピラニア
世間一般的には獰猛なイメージが強いピラニアですが
まさに泳ぐ宝石、キラキラと輝く美しい魚なのです

給餌風景

b0355317_21480127.jpg
こちらはピラニアと同じセルラサルムス亜科に属する
メチニスです

b0355317_21504676.jpg
姿はよく似ていますが。彼らは草食なのです

b0355317_21521792.jpg
混泳していたアルゲンティア

他にもミロソマやシルバードラドが混泳していました


by manyamou02 | 2018-10-22 22:12 | 東京タワー水族館 | Comments(0)

東京タワー水族館~壮観!ピラニア・コレクション!!【前編】

b0355317_21225158.jpg
ピラニア・ナッテリー

水族館では定番と言えるポピュラーなピラニアですが
東京タワー水族館では、びっくりするぐらい
多くの種のピラニアが展示されていました

b0355317_21282396.jpg
ピラニア・ピラヤ

ピラニアの中でも特に大型の種

b0355317_21292422.jpg
年季の入った個体で、凄い迫力です

b0355317_21320166.jpg
ブラック・ピラニア

黒い体色が特徴なんですが、生息域によっては
こちらの個体のように明るい体色のものもいます

b0355317_21342990.jpg
こちらもブラック・ピラニア

さらに明るくて綺麗です

b0355317_21355642.jpg
ピラニア・エロンガータ

低い体高とシャープな体系が特徴です

b0355317_21375186.jpg
レッドギル・ダイヤモンドピラニア

ダイヤモンドピラニアに近い種だと考えられています

いやいや、ピラニアだけでもこんなに種類があるだなんて
知らなかったなあと感心しきりだったんですが
まだまだ続きます!


ピラニア・ナッテリーの群れ

by manyamou02 | 2018-10-21 21:51 | 東京タワー水族館 | Comments(0)

東京タワー水族館~ブラックコロソマ軍団

b0355317_22035459.jpg
ブラックコロソマです

b0355317_22051203.jpg
アマゾン川に生息し、全長1mを超えることもある
カラシン科では最も大きな種

b0355317_22080398.jpg
コロソマたちが泳ぐ水槽
立派な個体たちが揃った、圧巻のコロソマ軍団であります

まあ、野生では群れることはないんですけどね

b0355317_22091363.jpg
眺めてると、ぐいぐいこちらにやって来て
めっちゃキュートです

b0355317_22104831.jpg
ああ、なんてあいくるしい・・・


ちなみに、食性は水草などを好み
おとなしい単独生活者です

b0355317_22163819.jpg
右下に写っているのはシルバードラド

b0355317_22181453.jpg
こちらは、上段の水槽にいるマクリコウダ(ヴィエジャ・マクリカウダ)

b0355317_22233797.jpg
見事に成長した個体で、凄いインパクトです

b0355317_22252487.jpg
コブラパイク

b0355317_22275031.jpg
レポリナス・ファシアータス

b0355317_22284588.jpg
もういっちょう
奥に写っている、縦じまがクロスしているのが
レポリナス・デスモテス
「アブラレポ」とも呼ばれます

by manyamou02 | 2018-10-11 22:45 | 東京タワー水族館 | Comments(0)

東京タワー水族館~圧巻!ガー軍団と巨大黄金ドラド

b0355317_23080269.jpg
もうなんか凄いとしか言いようがないガーの群れ

昨日に続いて、東京タワー水族館「北南アメリカ」エリアより

b0355317_23153237.jpg
多彩なガーが悠然と泳いでおります



b0355317_23145666.jpg
スポッテッド・ガー

b0355317_23182470.jpg
ロングノーズ・ガー

b0355317_23212278.jpg
マンファリ

b0355317_23223072.jpg
のっかり

マンファリに乗っかてるのはショートノーズ・ガー

b0355317_23205797.jpg
もういっちょうスポッテッド・ガー

まさにガー好きの聖地と言えるのではないでしょうか

b0355317_00073039.jpg
そして、この水槽のもう一尾の主役
圧倒的な存在感を放つドラド(ドラードカラシン)

b0355317_00085377.jpg
まじデカいです。金色です。

もうひれ伏すしかないです。

b0355317_00104370.jpg
こちらは、ガーたちの上段にある水槽にいた
レポリナス・ニグロタエニアタス

b0355317_00131176.jpg
ギアナなどに生息するおとなしい魚です

by manyamou02 | 2018-10-05 23:59 | 東京タワー水族館 | Comments(0)

東京タワー水族館~長老レッドテールキャットとアリゲーターガー、コロソマ、オキシドラス

b0355317_22004419.jpg
どーん!
東京タワー水族館の人気者
長老レッドテールキャット

2014年の公式記事で飼育歴25年以上とあるので、マジめっちゃ長老です

b0355317_22050182.jpg
北南アメリカエリアの中央にある混泳水槽
目を見張る程、立派な個体ばかりで惚れ惚れします

b0355317_22101584.jpg
アリゲーター・ガー

b0355317_22105283.jpg
ブラック・コロソマ

b0355317_22114446.jpg


b0355317_22192916.jpg
カラシン科の中では最も大きくなる種です

b0355317_22120568.jpg
オキシドラス

b0355317_22150239.jpg
ドラス科の中でも最大級の種ですが
ここまででかいと、正直びびりますね

b0355317_22202383.jpg
半端ない迫力です

b0355317_22175042.jpg
「は~い♪」

b0355317_22182386.jpg
眺めてると、結構みんな近づいてくるので
たまらないものがあります

b0355317_22232622.jpg
たたかないでね

b0355317_22235771.jpg
「はろ~♪」


動画でも、是非この迫力を堪能してください


東京タワー水族館は先月末を持って、多くのファンに惜しまれつつ閉館しました
今となっては思い出でしかないわけですが
彼らがここで過ごした証として、コツコツとUPしていこうと思います

by manyamou02 | 2018-10-04 22:58 | 東京タワー水族館 | Comments(0)

サンシャイン水族館:アロワナ&ドラドJUMP!!~お散歩カワウソ「ハク」

b0355317_21514144.jpg
ジャンプして、見事にエサをGETするシルバーアロワナ

サンシャイン水族館「きらめきの泉」にて
アロワナ&ドラドのフィーディングタイムの様子

b0355317_21553056.jpg
今回の主役、シルバーアロワナと

b0355317_21572830.jpg
ドラド

b0355317_21580537.jpg
アマゾン川に棲む、肉食の魚です
成魚になると1mを超え、金色の体色になります

b0355317_22020143.jpg
竿につけられたエサが彼らの頭上にやってくると・・・

b0355317_22025103.jpg
ジャーーーーーンプ!!

b0355317_22032469.jpg
ドラドも飛びます!

b0355317_22034961.jpg


竿を位置を次第に上げていき、アロワナのジャンプ力を披露してくれる訳ですが
あまり上げすぎると、逆に彼らのテンションが落ちてしまうので
その辺のサジ加減もポイントなんだそうで

b0355317_22075677.jpg
フィーディングタイムも終わり、しばらく屋外エリアをうろうろしていると
コツメカワウソのハクちゃんが登場!

b0355317_22085165.jpg
この日は、まだ積雪の名残があった1月下旬

ハクにとっては、氷となった雪片も楽しいおもちゃであります

この時の様子

by manyamou02 | 2018-07-03 22:22 | サンシャイン水族館 | Comments(0)

サンシャイン水族館~アフリカの川

b0355317_10375787.jpg
サンシャイン水族館「アフリカの川」水槽より
エレファントノーズの群れ

b0355317_10385419.jpg
独特の風貌が人気の熱帯魚ですが
伸びているのは鼻ではなく下唇です
生息場所である泥状の水底で捕食をしやすくする為と考えられています

b0355317_10443131.jpg
乾季は水が干上がり、雨季は濁流となる過酷な環境のアフリカの川
そんな中でも比較的水量が安定した河川で暮らしている魚たちが展示されています

コンゴテトラ
オスは背びれが伸びて美しい姿になります

b0355317_10471847.jpg
こちらはメス

b0355317_10500062.jpg
サカサナマズ

b0355317_10542840.jpg
エトロピエラ
シャープなフォルムですが、実はナマズの仲間
よく見ると小さなヒゲが生えています

b0355317_10582715.jpg
ライオンヘッドシクリッド
奥の方でぼんやりと写っているのがオスで
頭部がコブ状に盛り上がっています

b0355317_11030094.jpg
ナイルアロワナ(ヘテロティス)
見た目はアロワナっぽいんですが、実はピラルクの近縁です

by manyamou02 | 2017-11-26 21:05 | サンシャイン水族館 | Comments(0)