人気ブログランキング |

東京タワー水族館:巨大ポルカドットとシルバー&ブラックアロワナ~北南アメリカエリアの給餌

b0355317_22233114.jpg
ポルカドット・スティングレイって、可愛らしいエイというイメージだったんですが
見事にくつがえされました。ここまで大きな個体は初めて見たかも

b0355317_22280068.jpg
尾にある毒針も展示してありました

b0355317_22254029.jpg
キクラ・オセラリスと

b0355317_22304265.jpg
混泳しているシルバーアロワナ

b0355317_22310778.jpg
ブラックアロワナ

水槽内の様子

b0355317_22331645.jpg
こちらは上段の水槽にいるキクラ・オセラリス

b0355317_22361882.jpg
アマゾン川に生息する大型の肉食魚です

b0355317_22385530.jpg
キクラ・ケルベリー

金色の体色も美しいアイスポッド・シクリッド

b0355317_22400850.jpg


b0355317_22403994.jpg
ニュータイガー・ドラド

b0355317_22412464.jpg
気が荒い面もあり、口に入る小魚は食べてしまいます

昼下がり、北南アメリカエリアの給餌の場面に遭遇できました♪

by manyamou02 | 2018-10-12 22:55 | 東京タワー水族館 | Comments(0)

その後のサンシャインラグーン(サンシャイン水族館)

b0355317_21285755.jpg
サンシャイン水族館の大水槽「サンシャインラグーン」

1月中旬の様子

b0355317_21313323.jpg
たくさんの魚が新たに加わり、水槽内はだいぶ賑やかさを取り戻していました

b0355317_21341939.jpg
魚たちに給餌を行う水中パフォーマンスも復活

b0355317_21345847.jpg


b0355317_21352748.jpg


b0355317_21365250.jpg
ヒョウモンオトメエイも元気に泳いでおります

b0355317_21374993.jpg
パフォーマンスの最中も悠然と横切っていきます

b0355317_21383062.jpg
また、時が経つにつれ以前のような華やかで個性的な水槽になっていくことでしょう

by manyamou02 | 2018-04-29 21:55 | サンシャイン水族館 | Comments(0)

サンシャイン水族館~事故から三日後のサンシャインラグーン

b0355317_21090961.jpg
水槽内の94%に及ぶ、1235匹もの魚類がなくなってしまった
サンシャイン水族館の大水槽「サンシャインラグーン」


b0355317_21172373.jpg
事故から三日後となる先週の土曜日
居ても立ってもいられず様子を見に行って来ました

個人的にもこの水槽がお気に入りで、好きな個体もたくさんいただけに、この光景は辛く悲しい物でした

↓今年の2月に訪れた時の様子

b0355317_21260113.jpg
がらんとした水槽内を悠然と泳ぐトラフザメ
貴重な生存者です

b0355317_21270049.jpg
同じくヒョウモンオトメエイ

変わらぬ雄々しい姿
でかすぎてフレームにおさまらないところも相変わらずです

b0355317_21291005.jpg
反対方向からもすい~~~~~

b0355317_21295375.jpg
ホント大きすぎて、手持ちの機材だと中々うまいこと撮れません/ili´ ェ`)
いちおうトラフザメとの2ショット

スタッフの方にお話を少々伺ったんですが
彼らは、底生生物(主に海の底で暮らしている)なので酸素をそれほど必要としない為
生き残れたんだそうです

b0355317_21361802.jpg
従って、常時泳いでいて酸素を必要とするトビエイやツマグロたちは全滅
底生性である、こちらの小さなエイは数匹生き残っていました

b0355317_21391820.jpg
陸上でも30分程度なら生きていられるタフネス・ウツボたちも無事生存

b0355317_21425925.jpg
もう、生きていてくれてありがとうとしか
言いようがありません(T-T)

b0355317_21423082.jpg
水槽内の安全確認ができた為、早速ノコギリダイが加わったそうで
今後も順次、増やしていくとのこと

b0355317_21472147.jpg
水槽内をメンテ中のダイバーのお姉さん

サンシャイン水族館だけに限らず、二度とこのような悲しい事故が起こらぬよう
心から願っております


この日の様子

by manyamou02 | 2017-11-13 22:05 | サンシャイン水族館 | Comments(0)

サンシャイン水族館~「大河アマゾン川」

b0355317_20513360.jpg
でーんと構えるバルバード

サンシャイン水族館「大河アマゾン川」水槽より

b0355317_21011815.jpg
正面からだといまいち得体が知れないですが、横からだとこう
ナマズの仲間であります

b0355317_21025292.jpg
こちらはちょっと名称不明

b0355317_21071439.jpg
サウスアメリカンフレッシュウオータースティングレイ

b0355317_21100242.jpg
小さくて愛らしい淡水エイであります

b0355317_21131120.jpg
グリーンイグアナ

ちなみに、このアマゾン川水槽は、「乾季に出現した湖の水辺」がテーマとなっていて
様々な魚やそこに集まる生物たちが展示されています

b0355317_21135041.jpg
ヒラリーカエルガメ

なので、ワイドな水槽には実に多彩な生物がたくさんいて
いつまでも見ていられます

b0355317_21160103.jpg
セルフィンプレコ

b0355317_21165940.jpg
ドラド

b0355317_21192947.jpg
シルバーアロワナ

b0355317_21203606.jpg
レッドフックメチニス

b0355317_21213673.jpg
ピラニアとよく似ていますが雑食性で、水草をよく食べます

by manyamou02 | 2017-08-17 21:45 | サンシャイン水族館 | Comments(0)

サンシャイン水族館「もうどく展2」~死亡例のある生物~

b0355317_11344492.jpg
なんだか物々しい雰囲気の入口

昨日に続きサンシャイン水族館「もうどく展2」リポート
今回が最終回~

b0355317_11372788.jpg
最後のエリアは最恐レベルの毒生物を揃えた「レッドゾーン」

b0355317_11403009.jpg
人骨の上を悠然と泳いでいるのは・・・

b0355317_11414143.jpg
アカエイ

尾に尾棘(びきょく)と呼ばれる毒針を持っています

b0355317_11445716.jpg
こうして見るとかわいいものですが
日本の沿岸でもよく見られる要注意生物であります

b0355317_11480782.jpg
それにしても、しゃれこうべとの2ショットなんて
ここでしか撮れないでしょう


給餌の場面に遭遇しました♪

b0355317_12432955.jpg
ドクウツボ

内臓と筋肉に中毒を引き起こすシガトキシンを多量に有しています

b0355317_11505211.jpg
マゴイ

食用としても馴染みのある魚ですが、胆のうは「鯉胆」(りたん)と呼ばれ漢方薬として重宝されると同時に
強力な毒として作用することもあり、人が食すと死亡するケースもあります

b0355317_11545552.jpg
黒白の玉砂利・・・よく見るとしゃれこうべだし

b0355317_11561342.jpg
まあ、どの水槽も毒々しいですが極め付けがこちら
白骨死体が累々と居並び、これでもかという悪ノリ感

b0355317_11593342.jpg
コモンフグ

ご存知、毒を持つ魚としては代表選手であります
国内でも毎年のように死亡例が報告される
最も気を付けなければならない生物です

b0355317_12035677.jpg
ウンバチイソギンチャク

沖縄の海域に広く生息し「海の蜂」(ウンバチ)と呼ばれ恐れられています
サンゴや岩礁に溶け込み見分けるのが困難で、
その毒はイソギンチャクの中でも最強レベルと言われています

b0355317_12080370.jpg
迫力あるハブの剥製

b0355317_12084083.jpg
猛毒ウミヘビとして名高いエラブウミヘビの燻製を触ってみようコーナー

b0355317_12113828.jpg
おまけ:もうコメントのしようがないです
素晴らしいです。この独特の悪ノリ感がサンシャイン水族館の大きな魅力なんじゃないかと(^^)

by manyamou02 | 2017-05-14 20:55 | サンシャイン水族館 | Comments(0)

サンシャイン水族館「もうどく展2」~毒を利活用する生物~

b0355317_21515722.jpg
今回の目玉展示の一つ、スカンクの刺激臭を体感してみよう!のコーナー

調香師がマイルドに再現したもので、ラー油をふんだんにつかった
ニンニクベースの中華料理とでもいいましょうか
むしろ香ばしい匂いでした

b0355317_21565845.jpg
スカンクに会うのもめっちゃ楽しみにしてたんですが残念ながら・・・

b0355317_21593020.jpg
第二ゾーンのコンセプトは「マッドサイエンティストの研究室」

b0355317_22003029.jpg
きちんとした標本なのかどうなのかよくわかりませんが・・・

b0355317_22021570.jpg
スカンクの頭骨がありました

b0355317_22030702.jpg
それでは、このエリアで会える生物たちを紹介していきましょう

ネコザメ
背びれに毒棘(どくきょく)があります

b0355317_22054778.jpg
オニオコゼ

b0355317_22065442.jpg
ヒレの棘に猛毒を持っています

b0355317_22074102.jpg
コバルトブルータランチュラ
ちょっと残念な感じの写真しか撮れませんでした

鋭い牙には神経毒を隠し持っております

b0355317_22111271.jpg
ミツユビハコガメ

陸生のカメで唯一毒を持つ種
毒キノコを食べることで、体内に毒を蓄積します

b0355317_22141211.jpg
インドネシアシーネットル

強い刺胞毒を持っています

b0355317_22154505.jpg
モンガラカワハギ

シガテラ毒を持つと言われ、日本では食用にはされていません

b0355317_22191195.jpg
バラハタ

体内にシガテラ毒を持つと言われ、煮ても焼いてもこの毒を分解することはできません

by manyamou02 | 2017-05-13 21:05 | サンシャイン水族館 | Comments(0)

サンシャイン水族館「もうどく展2」~防御するための毒をもつ生物~

b0355317_21173864.jpg
先月、サンシャイン水族館の「もうどく展2」に行って来ました
という訳で早速、その様子をレポート~♪

もくもくとたかれるスモーク
その怪しげな雰囲気の水槽にいるのは・・・

b0355317_21204565.jpg
ポルカドットスティングレイの仲間

尾に尾棘(びきょく)と呼ばれる毒針を持っています

b0355317_21232642.jpg
第一ゾーンのコンセプトは「魔女の毒薬調合室」

b0355317_21252131.jpg
不穏な照明とアイテムの数々がムードを盛り上げております

b0355317_21283346.jpg
骨が散らばる、不気味と言うよりはマンガチックなレイアウトの水槽

b0355317_21295547.jpg
チョウセンスズガエルです

皮膚から刺激性が強い毒物を分泌します

b0355317_21325481.jpg
ファイヤーサラマンダー

毒腺から秒速3mの神経毒を吹き出します

b0355317_21344529.jpg
タンザニアオオヤスデ

世界最大級のヤスデ
強烈な臭いを放つオレンジ色の毒液を吐くこともありますが
温厚な性格で、動物の死骸や落ち葉などを食べる「森の掃除屋」さんであります

b0355317_21382924.jpg
ペルビアンジャイアントオオムカデ

40cmクラスもいる世界最大のトカゲ
攻撃性も高く、噛みついて毒を注入します

b0355317_21413718.jpg
次回は第二ゾーン「マッドサイエンティストの研究室」へご案内~♪

by manyamou02 | 2017-05-12 21:05 | サンシャイン水族館 | Comments(0)

サンシャイン水族館~「水中パフォーマンス・バレンタインVer.」

b0355317_21355194.jpg
サンシャイン水族館の見どころの一つである水中パフォーマンス
この日は、バレンタインVer.ということで、普段よりも趣向を凝らしていて
ダイバースーツも赤い物を使用しています

b0355317_21381880.jpg
ダイバーのお姉さんが手にしている花束は、実は小松菜
ヒフキアイゴの好物なんだそうで、一斉に群がってきます

b0355317_21425472.jpg


b0355317_21441681.jpg
続いて登場したプレゼントボックス

b0355317_21451746.jpg
みんな大好きオキアミ大放出
いやもう壮観です

b0355317_21460423.jpg
そして、いかにもバレンタインなこの包み

b0355317_21481476.jpg
プレゼントの中身はハートの形につくった・・・

b0355317_21485516.jpg
イカなんだそうです

大好物の臭いを嗅ぎつけ、たちまちやって来るマダラトビエイ

b0355317_21534330.jpg
エイに襲われ、お姉さん大ピンチ!!

・・・という訳ではないですが

b0355317_21552206.jpg
ハートめがけて、ぐいぐい来ます

b0355317_21555622.jpg
「くれーくれー」

b0355317_21570284.jpg
電光石火でたいらげます

b0355317_21574351.jpg
二個目も・・・

「あーーーーーん」


動画でもお楽しみくださいませ

by manyamou02 | 2017-03-25 21:05 | サンシャイン水族館 | Comments(0)

八景島シーパラダイス~スーパーイワシイリュージョン

b0355317_21311364.jpg
5万尾のイワシが群れをなす八景島シーパラダイスの大水槽
「群れと輝きの魚たち」

b0355317_21324203.jpg
ここに来たら是非、見ておきたいのが一日に数回行われる
「スーパーイワシイリュージョン」

b0355317_21353984.jpg
イワシたちの乱舞に音楽と照明が織りなす幻想的なショータイム

b0355317_21374975.jpg
いやもう、ただただ茫然と見惚れちゃいます

b0355317_21383562.jpg
以前、名古屋港水族館で似たようなショーを見た時も感動したんですが
こちらも見事です

名古屋港へ行った時の記事↓

b0355317_21415032.jpg
イワシの群れの中を悠然と泳ぐエイ

b0355317_21430868.jpg
群れに襲われるエイ

・・・ではないです

それでは動画でも見てみましょう

・・・あ、音楽がガンダムだ

by manyamou02 | 2017-03-18 21:10 | 八景島シーパラダイス | Comments(0)

サンシャイン水族館~「サンシャインラグーン」:エイの楽園

b0355317_21361889.jpg
サンシャイン水族館のメイン水槽「サンシャインラグーン」
浅瀬のサンゴ礁をイメージした大水槽で様々なエイを中心に多彩な生物が泳いでいます

ひと際目を引くのが、こちらのシノノメサカタザメ

b0355317_21392427.jpg
和名に「サメ」が付いていて、見た目もサメっぽいですが
実は「エイ」です

b0355317_21421209.jpg
ほらね

b0355317_21423727.jpg
裏側から見るとエイ以外の何物でもないのがよくわかります

b0355317_21432241.jpg
優雅に泳ぐマダラトビエイ

b0355317_21444032.jpg
編隊飛行~

b0355317_21451647.jpg
羽ばたくように水中を進む美しさ

b0355317_21460927.jpg


b0355317_21465734.jpg
まさにエイの楽園であります

b0355317_21561958.jpg
ナルトビエイ

b0355317_21475216.jpg
度肝を抜かれる巨大なヒョウモンオトメエイ

b0355317_21575384.jpg
うはははははははは

b0355317_21594777.jpg
おまけ:疑似サンゴを引っこ抜いて遊んでいた子

by manyamou02 | 2017-02-25 12:05 | サンシャイン水族館 | Comments(0)