サンシャイン水族館~カリブ、沖縄、オーストラリアの海

b0355317_18043921.jpg
大西洋に広がるエメラルドグリーンの海、カリブ海を再現した水槽

b0355317_18080333.jpg


b0355317_18091531.jpg
ルックダウン

頭が出っ張っていて、見下ろしているかのようなので、この名が付きました
個性的な形をしていますが、アジの仲間です

b0355317_18121896.jpg
ターポン

大昔から、殆ど形が変わらない古代魚です
一度に1200万個もの卵を産み
稚魚は七年の歳月をかけゆっくりと成長します

b0355317_18144370.jpg
羽のような大きな胸ビレを持ち、極めて印象的なフォルムな子だったんですが
掲示がなかった為、残念ながら名称不明

b0355317_18181307.jpg
沖縄、石垣島白保の海のアオサンゴ群を再現した水槽より

悠然と泳ぐフグ

b0355317_18212880.jpg
名称不明


給餌風景

b0355317_18243775.jpg
どーん!

b0355317_18250376.jpg
こちらはオーストラリアの海、グレートバリアリーフ水槽

b0355317_18261412.jpg


b0355317_18280863.jpg
世界最大のサンゴ礁、グレートバリアリーフは
様々な生き物の生息地でもあります

[PR]

# by manyamou02 | 2018-05-01 20:58 | サンシャイン水族館 | Comments(0)

ギガ恐竜展2017:日本で繁栄した恐竜たち

b0355317_12541496.jpg
フクイラプトル・キタダニエンシス
福井県勝山市北谷町で発見された白亜紀前期の獣脚類ネオベナートル科

b0355317_12580576.jpg
2000年に日本産として初めて学名が付けられた恐竜です
近年の研究でヨーロッパやアフリカのカルカロドントサウルス類との関連も分かってきました

かつてチョコエッグを集めていた世代には馴染み深いかも!?

b0355317_13040770.jpg
フクイサウルス・テトリエンシス
福井県勝山市北谷町で発見された白亜紀前期の鳥脚類イグアノドン類

b0355317_13054320.jpg
上顎骨の特徴により、新種と判明

b0355317_13240994.jpg
フクイラプトルとフクイサウルス
(後方にいるのはエウヘロプス)

b0355317_13260986.jpg
フクイベナートル・パラドクサス
福井県勝山市北谷町で発見された白亜紀前期の獣脚類マニラプトル形類

「逆説の福井の狩人」というのがその名の意

b0355317_22072899.jpg
長く伸びた前肢は進化的ですが、太ももや肩の骨は原始的な為
進化の度合いがちぐはぐという事で「逆説」という名がつきました

b0355317_22154398.jpg
こちらはフクイベナートルの脳と内耳の模型
化石の骨の中に脳函(のうかん)があった為、CTスキャンで撮影することにより
国産恐竜としては初めて、脳の復元に成功しました

青い部分が三半規管と蝸牛管、赤い部分が下垂体です

b0355317_22210162.jpg
北谷町で見つかった小型獣脚類の足跡化石

b0355317_22254704.jpg
こちらが白亜紀前期の福井県勝山市周辺となります

恐竜だけでなく、カメ類や植物なども忠実に再現されています

b0355317_22284872.jpg
最後に、恐竜好きにはおなじみのK(白亜紀)-Pg(古第三紀)境界

地球外由来と考えられる高濃度のイリジウムを含む地層で
この境界より上の層では恐竜が発見されていない為
「恐竜は隕石の衝突により絶滅した説」の根拠となっているものです

[PR]

# by manyamou02 | 2018-04-30 22:45 | ギガ恐竜展2017 | Comments(0)

その後のサンシャインラグーン(サンシャイン水族館)

b0355317_21285755.jpg
サンシャイン水族館の大水槽「サンシャインラグーン」

1月中旬の様子

b0355317_21313323.jpg
たくさんの魚が新たに加わり、水槽内はだいぶ賑やかさを取り戻していました

b0355317_21341939.jpg
魚たちに給餌を行う水中パフォーマンスも復活

b0355317_21345847.jpg


b0355317_21352748.jpg


b0355317_21365250.jpg
ヒョウモンオトメエイも元気に泳いでおります

b0355317_21374993.jpg
パフォーマンスの最中も悠然と横切っていきます

b0355317_21383062.jpg
また、時が経つにつれ以前のような華やかで個性的な水槽になっていくことでしょう

[PR]

# by manyamou02 | 2018-04-29 21:55 | サンシャイン水族館 | Comments(0)

温泉に入らないカピバラたちと、そわそわメンフクロウ(埼玉県こども動物自然公園)

b0355317_21350806.jpg
ひたむきに枝をかじるカピバラ

2月中旬の埼玉県こども動物自然公園より

b0355317_21400789.jpg
この日は比較的、暖かかったせいか温泉は不人気

b0355317_21410012.jpg
「だって、日光浴の方がきもちいいもの」

b0355317_21415762.jpg
「なでなで、してもらえるし」

b0355317_21452991.jpg
オリ越しで密会しているカップル(?)を発見

左側のスペースで隔離されている個体は昨年10月に
市原ぞうの国から婿入りしてきた子です


b0355317_21494698.jpg
こちらは、ポニーたちの厩舎にいるメンフクロウ

b0355317_21525747.jpg
何やら急にそわそわしだして、一点を凝視しているので何だろうと思っていたら

b0355317_21534068.jpg
乗馬コーナーのポニーたちが厩舎に帰ってくるところでした
厩舎に入る前から気付いてるって流石ですねえ

b0355317_21551022.jpg
ところで、メンフクロウの近くに新たにハツカネズミが展示されていました

b0355317_21562613.jpg
納屋で暮らすメンフクロウの餌も一緒に展示するという
まさに生態展示

b0355317_21573394.jpg
パイプを伝ってハツカネズミが出てこれるようになっていて

b0355317_21585712.jpg
頭上を走る姿が見られるという、こだわりの展示であります

[PR]

# by manyamou02 | 2018-04-28 22:34 | 埼玉県こども動物自然公園 | Comments(0)

2月のシマオ一家と爆睡デビル

b0355317_21384139.jpg
屋根の上のセン(左)&ヴィオラ(奥にいるのはニコちゃん)

2月初旬の多摩動物公園・シマオイワワラビー放飼場より

b0355317_21423520.jpg
小屋の中にいるのはクルース君

b0355317_21440569.jpg
お食事風景

左からヴィオラ、チェロ、リュート

b0355317_21494805.jpg
ロミ(左)&ニコ母娘

b0355317_21514595.jpg
子供に、あいさつをした後に

b0355317_21530517.jpg
華麗に飛び降り、餌場へと向かって行きました

b0355317_21552307.jpg
お隣のタスマニアデビルたち

この日は、何度足を運んでも屋内で爆睡中

b0355317_21572927.jpg
時間を置いて行くと、寝相の変化が見られます/ili´ ェ`)

b0355317_21590491.jpg
デビルたちに会えなかった不満を晴らすべく、
お土産にデビル足マットをGETであります

[PR]

# by manyamou02 | 2018-04-27 22:21 | 多摩動物公園 | Comments(0)