人気ブログランキング |

<   2019年 04月 ( 32 )   > この月の画像一覧

井の頭自然文化園:水生物館~外来魚水槽とカマツカとミズグモBABY( August 2018)

b0355317_19571744.jpg
ブルーギルです

前回に続き、8月初旬の井の頭自然文化園・水生物館より

b0355317_20032907.jpg
真ん前まで来たので、ドアップで接写してみました

b0355317_20041101.jpg
どーん

b0355317_20043208.jpg
こちらはオオクチバス

「公園の池」と銘打たれた外来種が泳ぐ水槽
ここの子たちは、妙に人馴れした感じがあり
個人的に大好きな水槽です

b0355317_20060255.jpg
人気者のカミツキガメ「ショウゾウ」くん

彼らは日本の河川にはいてはいけない存在ですが
もちろん彼ら自身に罪がある訳ではなく
すごく魅力的な生物たちであります

b0355317_20112358.jpg
カマツカ

コイ科に属し、日本の淡水魚では珍しく水底で暮らしています


なにやら、テナガエビを追い回していました

b0355317_20183319.jpg
ミズグモのちびっ子

b0355317_20190846.jpg


b0355317_20192302.jpg
まだ幼いとはいえ、しっかりと気泡を作って
水中で過ごしています

by manyamou02 | 2019-04-30 20:56 | 井の頭自然文化園 | Comments(0)

井の頭自然文化園:水生物館~ミヤコタナゴの出産とカイツブリの採食( August 2018)

b0355317_21180957.jpg
カワシンジュガイに産卵すべく集まっているミヤコタナゴ

8月初旬の井の頭自然文化園・水生物館より

b0355317_21161468.jpg
ヒレがオレンジ色になっているのが繁殖期のオスの特徴で
メスは白い産卵管を出しています

b0355317_21193562.jpg
カワシンジュガイもまた、絶滅危惧種である為
ミヤコタナゴの繁殖が終わると、生息地に戻されます

この時の様子

b0355317_21231146.jpg
10時ごろ、カイツブリの給餌が行われました

b0355317_21260833.jpg
水槽内に入れられた大量の小魚をカイツブリとともに追いまくるミシシッピアカミミガメ

この時の様子

b0355317_21274011.jpg
ニッコウイワナとヤマメ

b0355317_21320073.jpg
イトヨ

b0355317_21331985.jpg
ムサシトミヨ

b0355317_21344522.jpg


b0355317_21352378.jpg
そして、水生物館の看板スターとも言えるオオサンショウウオ

by manyamou02 | 2019-04-29 21:45 | 井の頭自然文化園 | Comments(0)

大宮公園小動物園「とりたちのらくえん」~嗚呼、シラコバト(July 2018)

b0355317_13241928.jpg
埼玉県の県鳥でもあるシラコバト

昨日に続いて、7月下旬の大宮公園小動物園「とりたちのらくえん」より

b0355317_13252436.jpg
現在はその数が激減し、越谷市周辺にしか生息しない天然記念物で
「県民の鳥」に指定されたのも普及啓蒙の為です

b0355317_13321697.jpg
この数を見ると絶望的な気分になりますが、まずは来園者一人一人が
この現実を知ることこそが、彼らを絶滅の危機から救う第一歩になるのかもしれません

b0355317_13345769.jpg
埼玉県では、「大宮公園小動物園」、「埼玉県こども動物自然公園」、
「智光山公園こども動物園」、「越谷市大吉公園キャンベルタウン 野鳥の森」の
四つの施設と協力して、シラコバトの保護繁殖に取り組んでいます

そんな希少なシラコバトをここでは、めっちゃ至近で観察できます

b0355317_13414523.jpg
うおっ!こっちに飛んできた!!

・・・左肩から出てる尖ってるのは一体、何!?

b0355317_13425787.jpg
手すりに止まっているシロトキ

b0355317_13440974.jpg
こういった珍しい鳥たちをゼロ距離で見られる
ホント楽しい施設です

b0355317_13444694.jpg
ギンガオサイチョウ

こちらは、さすがに放し飼いではなくケージに入っています

b0355317_13452545.jpg
足跡が新しい・・・誰のだろう?

b0355317_13460110.jpg
入り口に貼られていました
お子様が書かれたのでしょう・・・優しいですね

まあ、当然ですが例えケガをしていなくても
触ったり、追いかけたりしちゃいけません

b0355317_13481306.jpg
多分、この子のことでしょう
この場所から動こうとしなかったハワイガン

by manyamou02 | 2019-04-29 20:55 | 大宮公園小動物園 | Comments(0)

大宮公園小動物園「とりたちのらくえん」~シロクジャクの通せんぼ(July 2018)

b0355317_22331173.jpg
でーんと通路に立ちふさがるシロクジャク

7月下旬の大宮公園小動物園「とりたちのらくえん」より

b0355317_22370703.jpg
近くまで寄っても動じません

b0355317_22375801.jpg
来園客もまばらな真夏の平日の昼下がり

b0355317_22392340.jpg
なので、鳥たちも悠然と通路を闊歩していきます

目の前をとことこと歩いていくカナダガン

b0355317_22414549.jpg
こちらはハワイガン

b0355317_22422814.jpg
ホロホロチョウ

b0355317_22434462.jpg


b0355317_22442211.jpg
どなたかが、召し上がったようです

b0355317_22461825.jpg
オオフラミンゴの群れ

b0355317_22470439.jpg


b0355317_22471996.jpg
再びシロクジャク
めっちゃくつろいでます

・・・すいません、ちょっと通らせていただいてよろしいでしょうか?

by manyamou02 | 2019-04-28 23:23 | 大宮公園小動物園 | Comments(0)

葛西臨海水族園:「小笠原の海1」②~美しきベラの仲間と棘皮動物たち

b0355317_11594476.jpg
テリエビス

やや小型なイットウダイの仲間

葛西臨海水族園「小笠原の海1」水槽より


b0355317_12035545.jpg
ヤマブキベラ(ターミナル・フェイズ)

b0355317_12061172.jpg
上から、オジサン、ツノダシ、ヤマブキベラ、ニセフウライチョウチョウウオ

b0355317_12081710.jpg
アカニジベラ(イニシャル・フェイズ)

b0355317_12104187.jpg


b0355317_12170915.jpg
ニセモチノウオ

ストライプ模様が印象的な
小型のベラの仲間

b0355317_12115623.jpg
レンテンヤッコ

性転換することが知られている、キンチャクダイの仲間です

b0355317_12141454.jpg
日本を代表する美しい小型ヤッコで
ケントロピーゲ(小型ヤッコ)としては世界最大の種です

b0355317_12204189.jpg
ガンガゼ(岩隠子)

まさにウニそのものですが、長いトゲには毒があり
刺さったらめっちゃ痛く、場合によっては麻痺や呼吸困難といった症状を起こすそうです

b0355317_12232336.jpg
シラヒゲウニ

大型のウニで九州以南では食用とされています
沖縄でウニと言えば、この種を指すそうです

b0355317_12264468.jpg
カワテブクロ

最大で直径27cmほどになる大型のヒトデです

by manyamou02 | 2019-04-28 20:52 | 葛西臨海水族園 | Comments(0)

上野動物園:NEWフェイス登場&マイナーチェンジの小獣館(July 2018)

b0355317_21413666.jpg
コモンツパイです

7月初旬の上野動物園・小獣館より

b0355317_21422397.jpg
この日も元気に放飼場内を駆け回っていました

b0355317_21425161.jpg
ひょこっと顔出すケープハイラックス

b0355317_21433238.jpg
放飼場の場所が何故か移動していました
以前、コビトマングースがいたところ

で、コビトマングースたちが逆にケープハイラックス家族がいた場所に移動していて
なんでこんな移動したのかちょっと意味不明です

b0355317_21455048.jpg
デグー団子

b0355317_21463125.jpg
B1にて
新しく展示されていたヒゲカンガルーハムスター

b0355317_21482378.jpg
結構、何匹かいました

b0355317_21484850.jpg
ハイイロジネズミオポッサム

こちらもいままではいなかったような・・・
結構、色々と場所移動や新顔等の変化がありました

by manyamou02 | 2019-04-27 22:22 | 上野動物園 | Comments(0)

シマオイワワラビーの赤ちゃん(埼玉県こども動物自然公園)

b0355317_23481139.jpg
「ひいな」ちゃんとお母さんです

お正月の埼玉県こども動物自然公園・シマオイワワラビー放飼場より

b0355317_23485933.jpg
そして、新たに赤ちゃん誕生です!
12/1に袋から顔を出しました

b0355317_23495727.jpg
こちらは父ちゃん

b0355317_23501681.jpg
しばらく観察してたら、赤ちゃんが顔を出しました!!
親子3ショットであります

b0355317_23510135.jpg
赤ちゃんがめっちゃ気になる父ちゃんですが
それ以上に・・・

b0355317_23514683.jpg
愛妻一直線

・・・ってまだ袋の中に赤ちゃんいるのに容赦ないなあ

b0355317_00185115.jpg
結構、執拗です

これも着床遅延があればこそなのかもしれません

b0355317_00194529.jpg
赤ちゃんがいようが、おかまいなしで
かなり活動的です

b0355317_00222079.jpg
赤ちゃんも、ちょくちょく顔を出すようになっていて
この日は、何度も見ることが出来ました


by manyamou02 | 2019-04-26 23:59 | 埼玉県こども動物自然公園 | Comments(0)

9月のユキヒョウ親子「ミミ&フク」(多摩動物公園 ) その3

b0355317_22235220.jpg
今日も、岩の上からこんにちは
ユキヒョウっ仔フクです

昨日に続いて、9月中旬の多摩動物公園より

b0355317_22263031.jpg
ミミ母さん

b0355317_22264839.jpg
岩の上から、じっとミミのスキを伺っているフク

b0355317_22271810.jpg
たちまち始まる追いかけっこ

パワーこそついてきましたが
まだまだスピードではミミにかないません

b0355317_22285026.jpg
「・・・・・・」

いいかげん、襲撃しまくるのにも疲れてきたようです

b0355317_22331092.jpg
マイペースで放飼場を歩くミミ

b0355317_22333761.jpg
フクもゆっくりと後に続きます

この日の様子

by manyamou02 | 2019-04-25 22:55 | 多摩動物公園 | Comments(2)

9月のユキヒョウ親子「ミミ&フク」(多摩動物公園 ) その2

b0355317_22200834.jpg
岩上のフク

昨日に続いて、9月中旬の多摩動物公園・ユキヒョウ放飼場より

b0355317_22213973.jpg
「えいやっ!」

華麗に・・・とはちと言い難いですが
勢いよく駆け下ります

b0355317_22232833.jpg
悠然と放飼場内を闊歩するミミ

b0355317_22235972.jpg


b0355317_22243430.jpg
そんなミミをじっと見ているフク

b0355317_22250638.jpg
ミミがやって来て、ごあいさつ~

b0355317_22253773.jpg
そのまま立ち去るミミ

b0355317_22255845.jpg
うれしそうなフク

b0355317_22263188.jpg
そして、ミミの後を追う様に
フクもゆっくりと歩き出します

この日の様子

by manyamou02 | 2019-04-24 22:33 | 多摩動物公園 | Comments(0)

9月のユキヒョウ親子「ミミ&フク」(多摩動物公園 ) その1

b0355317_22012755.jpg
ユキヒョウっ仔「フク」くんです

9月中旬の多摩動物公園より

b0355317_22033454.jpg
麻袋に夢中になっているミミ母さん

b0355317_22045618.jpg
フクの元へ近づいてきて・・・

b0355317_22085175.jpg
すりすり~

b0355317_22093530.jpg
9月とは言え、まだまだ暑いので
この日はバックヤードと出入り自由になっており
ちょっと動いては、すぐに引っ込んでしまう・・・
といった感じでした

b0355317_22122148.jpg
「でやああああああ!!」

夕刻、涼しくなるにつれどんどん活動的になって来ました

b0355317_22134380.jpg
「われ きしゅうに せいこうせりいいい!!」

b0355317_22115142.jpg
「ふう・・・ずいぶん力強くなってきたわね」

お母様、お疲れ様です


この日の様子


by manyamou02 | 2019-04-23 22:22 | 多摩動物公園 | Comments(0)