人気ブログランキング |

カテゴリ:上野動物園( 177 )

上野動物園:バードハウスだより~ヒノマルチョウのヒナ(July 2018)

b0355317_21271131.jpg
ヒノマルチョウのヒナです

7月初旬の上野動物園「バードハウス」より

b0355317_21281981.jpg
バードハウスの1Fで、こんなおしらせを見かけたので
早速2Fへ探しに行った次第

b0355317_21302283.jpg
すぐに見つかりました
・・・まだ顔が赤くない!

b0355317_21310704.jpg
このヒナが成長すると・・・

b0355317_21321931.jpg
こうなります

美しい赤い顔

b0355317_21332828.jpg
ヒノマルチョウはニュー・カレドニアに生息するカエデチョウの仲間で
同科のセイコウチョウ属10種のうちの1種です

b0355317_21363081.jpg
きりっ!

by manyamou02 | 2019-04-06 21:51 | 上野動物園 | Comments(0)

子ども動物園すてっぷの動物たち~インカアジサシとさよならアリス&ベル(上野動物園 July 2018)

b0355317_21374981.jpg
白い口髭のような飾り羽もユニークなインカアジサシ

7月初旬の上野動物園「子ども動物園すてっぷ」より

b0355317_21411871.jpg
真夏の昼下がり
水浴びをする姿が見られました

b0355317_21422419.jpg


b0355317_21423955.jpg
ばささー!

b0355317_21432049.jpg
は~い♪

b0355317_21435051.jpg
こちらは、アフリカタテガミヤマアラシ

b0355317_21442615.jpg
ヒツジ(コリデール)の「アリス」

b0355317_21470816.jpg
「ベル」とともに井の頭自然文化園へ移動することとなりました

b0355317_21474512.jpg
正直ここの放飼場は話にならないぐらい酷かったので
彼女たちにとっては良い移動になったと思います

元気でね~
(って、実はもう井の頭で何度もお会いしてますが)

by manyamou02 | 2019-04-05 21:55 | 上野動物園 | Comments(0)

プレーリードッグの子供たちとバイソンっ仔「オーレ」(上野動物園 July 2018)

b0355317_22172006.jpg
けだるい感じでこんにちは、プレーリードッグです

7月上旬の上野動物園より

b0355317_22193784.jpg
まだ幼い子供たちもたくさんいて
賑やかな放飼場

b0355317_22201462.jpg


b0355317_22202994.jpg
みなさん食欲旺盛です

b0355317_22220070.jpg
きりっ!

b0355317_22222360.jpg
こちらは、お隣のアメリカバイソン
5/12生まれの「オーレ」くんです

b0355317_22234411.jpg
母親の「ヒート」さん

b0355317_22263912.jpg
並ぶと、まだまだこんなに小さいのです

by manyamou02 | 2019-04-02 22:33 | 上野動物園 | Comments(0)

ちびっコンドルとハシビロコウ「サーナ」(上野動物園 July 2018)

b0355317_22134632.jpg
お久しぶりのちびっコンドルです

7月上旬の上野動物園より

b0355317_22250711.jpg
この時点で2歳なんですが、まだ幼いですね
成長が実にゆっくりです

b0355317_22260412.jpg
父ちゃんと比べると、まだまだちびっコンドルであります

b0355317_22264358.jpg
おとなになるまで5~6年はかかるそうです

当面は、ちびっコンドルの愛らしい姿を楽しめそうです

b0355317_22300384.jpg
「もう、こどもじゃないやい!」

って、いきなり翼を広げられると画角が・・・!

b0355317_22364530.jpg
こちらは、ハシビロコウの「サーナ」さん

b0355317_22380021.jpg
池の中を泳いでいる小魚を狙っているようです

b0355317_22383593.jpg
GO!!

b0355317_22390021.jpg
・・・・・逃した模様

b0355317_22394114.jpg
無念の表情

by manyamou02 | 2019-04-01 22:55 | 上野動物園 | Comments(0)

日本の鳥~ルリカケスと多彩な小鳥たち(上野動物園)

b0355317_22410089.jpg
ルリカケスです
昨日に続いて、上野動物園より

「日本の鳥Ⅰ」と呼ばれる、このエリア

b0355317_22414988.jpg
ライチョウを見ただけで、足早に立ち去る方が多かったので
もったいないなあと思いつつ、ここで会える鳥たちの一部をご紹介

是非、見ておきたいのがこちらのルリカケス
ライチョウの放飼場の並びにいます

b0355317_22441851.jpg
屋外にも、さらにルリカケスの放飼場があります

奄美大島をはじめとする南西諸島に生息する日本の固有種で
国内の動物園でもめったに見られない希少な鳥です

b0355317_22482852.jpg
ここにいる個体は、人馴れしているようで
真ん前の水飲み場まで来てくれます

b0355317_22493673.jpg
この美しさ
個人的にイチオシです\(//∇//)

b0355317_22515486.jpg
それでは、再び屋内施設の鳥たちをご紹介

お食事中のカワセミ

b0355317_22525024.jpg
ライチョウの向かって左隣の放飼場

実に多彩な小鳥たちがたくさんいて
いつまでも見ていられます

b0355317_22543334.jpg
真ん前の餌置き場やって来たのはシジュウカラ

b0355317_22562467.jpg
続いてやって来たのはヒバリ

b0355317_22595584.jpg
ここで待ち構えていると、次から次へと
鳥たちがやってくるので、めっちゃ楽しいです

by manyamou02 | 2019-03-26 23:23 | 上野動物園 | Comments(0)

ニホンライチョウ15年ぶりに一般公開!!(上野動物園)

b0355317_21515355.jpg
3/15から、一般公開が始まったニホンライチョウ

b0355317_21523110.jpg
特別天然記念物であり、本来は非公開であるニホンライチョウ
15年ぶりの公開ということで、私も実際に見るのは初めてです

b0355317_21564430.jpg
放飼場はこんな感じ

国の保護増殖事業検討会において、国内の5施設
(上野動物園、富山市ファミリーパーク、大町山岳博物館、いしかわ動物園、那須どうぶつ王国)
で公開が決まったとありますが
平たく言えば、めっちゃ数が減ってきてかなり危機的状況なので
多くの人に認知してもらわねば・・・と言ったところでしょうか

b0355317_22504967.jpg
公開が始まって初めての週末ということもあり
多くの人が、詰めかけていました

b0355317_22034277.jpg
現在は12時までの公開ですが、様子を見て時間を延ばしていくそうです

b0355317_22525143.jpg
放飼場内をとことこと歩きつつ
時折、青菜をついばんでいました

b0355317_22540302.jpg
じっ

b0355317_22543420.jpg
ぶわっ

b0355317_22551789.jpg
さらにぶわっ!

b0355317_22550947.jpg
正午になり、ライチョウの収容後
担当の獣医さんが物々しいいで立ちで登場
落ちた羽や糞を一つ一つ残すことなく拾っていました
その後も長時間、放飼場内を念入りに清掃していて
徹底してるなあと感心しました


この日の様子

by manyamou02 | 2019-03-25 23:23 | 上野動物園 | Comments(0)

シロフクロウのヒナたち(上野動物園 July 2018)その2

b0355317_21210970.jpg
きりっと見据えるシロフクロウのヒナ

昨日の続きで、7月初旬の上野動物園より

b0355317_21221804.jpg
ぶわさあっ!

なんだか、布団をまくりあげてるようなイメージ
産毛がぶあついのがよくわかります

b0355317_21244350.jpg
野生下では厳寒の地で暮らしている為、
子供が生まれるのは比較的、獲物が多い暖かい季節な訳ですが
日本だと、暑さがしんどそうです

b0355317_21301429.jpg
隣の様子をひたすら見ていたちびっ子

b0355317_21305703.jpg
ちびっ子が夢中になって見ていたのは
鶏頭をかじっていたマレーワシミミズク

b0355317_21324393.jpg
「かあ~たまんね~~~~」

ひたむきに食べる姿に、よほど美味しそうに見えたんでしょうか

b0355317_21344571.jpg
「鶏頭はおとなになってから!」

b0355317_21355274.jpg
こちらは、同居中のネパールワシミミズク

b0355317_21364019.jpg
その後ヒナたちは、4羽が無事に育ち
現在はもう、おとなと区別がつかないぐらいに成長しています

b0355317_21383036.jpg
「それでは、みなちゃま ごきげんよう」


この日の様子

by manyamou02 | 2019-03-23 21:51 | 上野動物園 | Comments(0)

シロフクロウのヒナたち(上野動物園 July 2018)

b0355317_22361267.jpg
6月生まれのシロフクロウのヒナです

7月初旬の上野動物園より

b0355317_22371006.jpg
産卵したのが5月初旬
6/24にはヒナたちが巣から出てきたそうです

b0355317_22384710.jpg
ぴー

b0355317_22395243.jpg
卵は全て孵ったようで、この日は五羽確認できました

b0355317_22403797.jpg


b0355317_22405219.jpg
三枚目以降は多分、全部違う個体だと思うんですが
いまいちわからなくなってしまいました/ili´ ェ`)

こちらの動画に5羽映ってるハズなので
よろしければ、ご確認くださいませ

b0355317_22441907.jpg
父ちゃんです

b0355317_22443954.jpg
ばさー!



by manyamou02 | 2019-03-22 23:23 | 上野動物園 | Comments(0)

上野動物園:両生爬虫類館特設展示「ミヲマモル」~その3:チリメンBABY!!

b0355317_20232357.jpg
どーん!

チリメンナガクビガメのちびっ子です
昨日に続いて、特設展示「ミヲマモル」より。今回が完結編!

b0355317_20265807.jpg
まだまだ小さくて、めっちゃ愛らしかったです

好奇心旺盛で、めっちゃこっちを見てきます

b0355317_20313846.jpg
ところで、こちらのチリメンナガクビガメ
いわゆる普通のカメと違ってクビが中に引っ込みません
その名の通り、なが~い首をしていて
引っ込める代わりに、横に折り曲げます
このようなカメを「曲頸類」と言います
(首が引っ込むカメは「潜頸類」)

b0355317_20364924.jpg
謎の生物感が半端ないです

b0355317_20374124.jpg
曲頸類は南半球のみに分布しており
中でもオーストラリアには潜頸類がほとんどいない為
ながい首を横にたたむカメの方が一般的です
まさに、ところ変われば・・・であります

もういっちょう、さらに見てくる
チリメンBABY

b0355317_20422154.jpg
ジャストフィットな水場に浸っているのはセマルハコガメ
我々がよく見慣れたスタイルのカメですが

b0355317_20443055.jpg
ハコガメが一味違う点は
腹甲にちょうつがいがあって
甲羅の隙間をふさぐことにより
さらにディフェンスの強化を出来ることです

b0355317_20471218.jpg
矢印の部分がそれ

b0355317_20484163.jpg
「どやあっ!」

by manyamou02 | 2019-03-16 21:21 | 上野動物園 | Comments(2)

上野動物園:両生爬虫類館特設展示「ミヲマモル」~その2:カモフラージュでミヲマモル

b0355317_22423013.jpg
ヤマビタイヘラオヤモリ

昨日の続きで、特設展示「ミヲマモル」の様子

b0355317_22454325.jpg
どうです、この見事な擬態っぷり

周囲の環境に似せて隠れる技を「隠ぺい型擬態」と言います

b0355317_22530974.jpg
枯れ葉の中に紛れるともうわからない
ミツヅノコノハガエル

b0355317_22541537.jpg
前回にも登場していただいたコケガエル

b0355317_22551934.jpg
「私は苔・・・」

いやもう、ここまで行くと感動的です

b0355317_22562431.jpg
瓶の中にいるのはオオバクチヤモリ
こちらはまた、特異な技の持ち主で

b0355317_22565965.jpg
なんとウロコがするりと剥がれ落ちることにより
外敵から逃れるという独特の防御策であります

b0355317_23021370.jpg
セイブシシバナヘビ

b0355317_23050195.jpg
ペットとしても人気の高いヘビですが
彼の得意技は死んだふり(擬死)
外敵が騙されるレベルですから
マジで死んでるとしか思えないそうです



by manyamou02 | 2019-03-15 23:23 | 上野動物園 | Comments(0)