人気ブログランキング |

カテゴリ:葛西臨海水族園( 67 )

葛西の海~アマモ場の小さな生き物:謎生物すぎるムカデメリベとコシマガリモエビ(葛西臨海水族園)

葛西の海~アマモ場の小さな生き物:謎生物すぎるムカデメリベとコシマガリモエビ(葛西臨海水族園)_b0355317_21325816.jpg
あまりに正体不明な生物ムカデメリベ

昨日に続いて、葛西臨海水族園「アマモ場の小さな生き物」水槽より

葛西の海~アマモ場の小さな生き物:謎生物すぎるムカデメリベとコシマガリモエビ(葛西臨海水族園)_b0355317_21393522.jpg
メリベウミウシ科に属する、ウミウシの仲間です

葛西の海~アマモ場の小さな生き物:謎生物すぎるムカデメリベとコシマガリモエビ(葛西臨海水族園)_b0355317_21404190.jpg
謎生物感ハンパないです

予測できない動き、その得体の知れなさ
見れば見るほどクセになります

葛西の海~アマモ場の小さな生き物:謎生物すぎるムカデメリベとコシマガリモエビ(葛西臨海水族園)_b0355317_21463022.jpg
これ、大きかったらかなり怖いかもですが
実物は小さくて可愛らしいです

右端に見切れているのはカタツムリではなくツメタガイ
海のエスカルゴとも呼ばれたりしますが、アサリを食べたりするので
大量発生すると駆除されたりもします

葛西の海~アマモ場の小さな生き物:謎生物すぎるムカデメリベとコシマガリモエビ(葛西臨海水族園)_b0355317_21530132.jpg
マナマコ

葛西の海~アマモ場の小さな生き物:謎生物すぎるムカデメリベとコシマガリモエビ(葛西臨海水族園)_b0355317_21540669.jpg
にゅーーーーん

葛西の海~アマモ場の小さな生き物:謎生物すぎるムカデメリベとコシマガリモエビ(葛西臨海水族園)_b0355317_21543104.jpg
アマモ場にいると見事に保護色になる美しい緑色のコシマガリモエビ

葛西の海~アマモ場の小さな生き物:謎生物すぎるムカデメリベとコシマガリモエビ(葛西臨海水族園)_b0355317_21580593.jpg
生息環境によって体色が違い、ピンクや茶色など様々です
是非、ずらりと並べて「コシマガリ戦隊モエビレンジャー!!」って展示してほしいです

by manyamou02 | 2020-07-31 22:31 | 葛西臨海水族園 | Comments(0)

葛西の海~アマモ場の小さな生き物:オクヨウジとオオワレカラ(葛西臨海水族園)

葛西の海~アマモ場の小さな生き物:オクヨウジとオオワレカラ(葛西臨海水族園)_b0355317_20273057.jpg
尻尾でアマモにつかまっているオクヨウジ

葛西の海~アマモ場の小さな生き物:オクヨウジとオオワレカラ(葛西臨海水族園)_b0355317_20290739.jpg
東京の海エリアの2Fにある水族園周辺の生物たちを紹介する並び
「アマモ場の小さな生き物」と銘打たれたこじんまりとした水槽

一見、何の変哲もない地味な感じですが
季節ごとに、見たこともない、小さな海の生き物に次々と会える
個人的にも大好きな水槽です

葛西の海~アマモ場の小さな生き物:オクヨウジとオオワレカラ(葛西臨海水族園)_b0355317_20365039.jpg
再びオクヨウジ
小さなエビをGETしています

ふわふわと漂う様に泳ぐなんとも不思議な小さな魚
ヨウジウオ科に属するタツノオトシゴの仲間です

葛西の海~アマモ場の小さな生き物:オクヨウジとオオワレカラ(葛西臨海水族園)_b0355317_21034404.jpg
世界最小のイカとも言われるヒメイカ
わずか2cm程の小さな小さなイカです

葛西の海~アマモ場の小さな生き物:オクヨウジとオオワレカラ(葛西臨海水族園)_b0355317_21071516.jpg
ウミナメクジ

アメフラシの仲間です

葛西の海~アマモ場の小さな生き物:オクヨウジとオオワレカラ(葛西臨海水族園)_b0355317_21083539.jpg
オオワレカラ

これまた奇妙な姿をしております
海のナナフシとでもいいましょうか
モンスターっぽい風情もあってかっこいいです

葛西の海~アマモ場の小さな生き物:オクヨウジとオオワレカラ(葛西臨海水族園)_b0355317_21115947.jpg
とはいえ、こちらも全長1、2cmと、いることに気がつかないレベルの小ささ
オオワレカラは最大で6cmまで成長するそうです

甲殻類端脚目に属す、エビやカニの親戚です


by manyamou02 | 2020-07-30 21:31 | 葛西臨海水族園 | Comments(0)

葛西の海~クサフグ、ギマとイシガレイ、ハゼの幼魚(葛西臨海水族園)

葛西の海~クサフグ、ギマとイシガレイ、ハゼの幼魚(葛西臨海水族園)_b0355317_21273790.jpg
ギマの幼魚です

昨日の続きで、葛西臨海水族園「葛西の海」水槽より

葛西の海~クサフグ、ギマとイシガレイ、ハゼの幼魚(葛西臨海水族園)_b0355317_21342199.jpg
「擬麻」、「銀馬」などと書かれ
「擬麻」は、ザラザラとした皮が木綿を麻のように固くした布に似ているから

葛西の海~クサフグ、ギマとイシガレイ、ハゼの幼魚(葛西臨海水族園)_b0355317_21303241.jpg
「銀馬」は銀色で、馬の様な形をしている・・・というのが由来

クサフグの幼魚と一緒に泳いでいました
(2018年9月撮影)

葛西の海~クサフグ、ギマとイシガレイ、ハゼの幼魚(葛西臨海水族園)_b0355317_21401030.jpg
こちらはイシガレイの幼魚

見事な保護色です
(2018年7月撮影)

葛西の海~クサフグ、ギマとイシガレイ、ハゼの幼魚(葛西臨海水族園)_b0355317_21432268.jpg
マハゼの幼魚

葛西の海~クサフグ、ギマとイシガレイ、ハゼの幼魚(葛西臨海水族園)_b0355317_21453432.jpg
こちらも砂に溶け込むような体色です

葛西の海~クサフグ、ギマとイシガレイ、ハゼの幼魚(葛西臨海水族園)_b0355317_21462310.jpg


葛西の海~クサフグ、ギマとイシガレイ、ハゼの幼魚(葛西臨海水族園)_b0355317_21463920.jpg
ヒメハゼ

葛西の海~クサフグ、ギマとイシガレイ、ハゼの幼魚(葛西臨海水族園)_b0355317_21491694.jpg
再び2Fの景観
プロテインスキマー
海水用の浄化装置です

葛西の海~クサフグ、ギマとイシガレイ、ハゼの幼魚(葛西臨海水族園)_b0355317_21500505.jpg

by manyamou02 | 2020-07-26 22:02 | 葛西臨海水族園 | Comments(0)

葛西の海~チゴガニの求愛ダンスとクロダイの幼魚(葛西臨海水族園)

葛西の海~チゴガニの求愛ダンスとクロダイの幼魚(葛西臨海水族園)_b0355317_11405093.jpg
東京の海エリア2F
狭い通路から見ることが出来る水族園の裏側

葛西の海~チゴガニの求愛ダンスとクロダイの幼魚(葛西臨海水族園)_b0355317_11482170.jpg
実にワクワクする景観です

葛西の海~チゴガニの求愛ダンスとクロダイの幼魚(葛西臨海水族園)_b0355317_11511283.jpg
また、この並びにある小さな水槽群も中々見ごたえがあってですね

葛西の海~チゴガニの求愛ダンスとクロダイの幼魚(葛西臨海水族園)_b0355317_11525244.jpg
水族園の周辺にいる生き物たちがテーマ

葛西の海~チゴガニの求愛ダンスとクロダイの幼魚(葛西臨海水族園)_b0355317_11540462.jpg
トサカギンポ

葛西の海~チゴガニの求愛ダンスとクロダイの幼魚(葛西臨海水族園)_b0355317_11553538.jpg
ヌマチチブ


水族園周辺の干潟でよく見かけるチゴガニ
ハサミを振り上げる求愛行動をしていました
(2018年4月撮影)

葛西の海~チゴガニの求愛ダンスとクロダイの幼魚(葛西臨海水族園)_b0355317_12044545.jpg
続いて、「西なぎさ」で採集された魚たちの水槽

葛西の海~チゴガニの求愛ダンスとクロダイの幼魚(葛西臨海水族園)_b0355317_12023843.jpg
多彩な幼魚が季節ごとに登場し、個人的にも大好きな水槽の一つです

葛西の海~チゴガニの求愛ダンスとクロダイの幼魚(葛西臨海水族園)_b0355317_12074898.jpg
クロダイの幼魚
(2018年7月撮影)




タグ:

by manyamou02 | 2020-07-26 12:26 | 葛西臨海水族園 | Comments(0)

イタチザメとシノノメサカタザメ(葛西臨海水族園)

イタチザメとシノノメサカタザメ(葛西臨海水族園)_b0355317_20443548.jpg
イタチザメとシノノメサカタザメ
よもやの2ショットです

先月下旬の葛西臨海水族園より

イタチザメとシノノメサカタザメ(葛西臨海水族園)_b0355317_20465232.jpg
長かった臨時休館が解禁され、久しぶりに訪れた葛西臨海水族園
「イタチザメはまだ元気かなあ・・・」と気になっていたので
真っ先に見に行きました

イタチザメとシノノメサカタザメ(葛西臨海水族園)_b0355317_21063073.jpg
独特の模様は健在

前回会った時よりも一回り位は大きくなっていましたが、鼻先にひどい怪我をしていて
尾びれの下側も少し千切れているように見え、ちょっと心配です

前回記事↓

イタチザメとシノノメサカタザメ(葛西臨海水族園)_b0355317_21115310.jpg
そして、以前とは活動する場所が移動しており
シノノメサカタザメがよく泳いでいるエリアにいました

イタチザメとシノノメサカタザメ(葛西臨海水族園)_b0355317_21132869.jpg
なので、冒頭で触れたように
夢のような2ショットが見られるという次第



イタチザメとシノノメサカタザメ(葛西臨海水族園)_b0355317_21153706.jpg
怪我を乗り越えて、是非もっと成長してほしいです

イタチザメとシノノメサカタザメ(葛西臨海水族園)_b0355317_21170792.jpg
水槽内を清掃するスタッフとシノノメサカタザメ

こちらは、イタチザメと清掃中のスタッフ

タグ:

by manyamou02 | 2020-07-13 21:31 | 葛西臨海水族園 | Comments(0)

シノノメサカタザメ(葛西臨海水族園)

シノノメサカタザメ(葛西臨海水族園)_b0355317_20492806.jpg
シノノメサカタザメです

シノノメサカタザメ(葛西臨海水族園)_b0355317_20495524.jpg
名前に「サメ」が付くし、見た目もサメっぽいですがエイです

シノノメサカタザメ(葛西臨海水族園)_b0355317_20575415.jpg
ご覧の通り、腹側にエラがあるのがエイ
サメは体の側面にあります

シノノメサカタザメ(葛西臨海水族園)_b0355317_20595460.jpg
シンガポールの「シー・アクアリウム」で2017年9月に生まれ
翌年5月に葛西臨海水族園へやって来ました

シノノメサカタザメ(葛西臨海水族園)_b0355317_21042319.jpg
一連の写真は、来園間もない2018年8~9月のものです

当初はオスとメスの二尾が一緒に泳いでいたんですが
現在はオスのみの展示となっています

シノノメサカタザメ(葛西臨海水族園)_b0355317_21124043.jpg
というのも、繁殖期にオスがメスをつつきまわり怪我をさせてしまった為
メスは治療もかねて、バックヤードで飼育するようになってしまったそうです

シノノメサカタザメ(葛西臨海水族園)_b0355317_21144961.jpg


シノノメサカタザメ(葛西臨海水族園)_b0355317_21164818.jpg
葛西臨海水族園でシノノメサカタザメを飼育するのは初めてだそうですが
今後も成長が楽しみです

給餌の様子
オスメス二尾が揃っている頃の動画です

タグ:

by manyamou02 | 2020-07-07 21:31 | 葛西臨海水族園 | Comments(0)

葛西臨海水族園:東京湾~マダコとミズダコとアラムシロガイの給餌

葛西臨海水族園:東京湾~マダコとミズダコとアラムシロガイの給餌_b0355317_20531708.jpg
「東京湾の宝石」と呼ばれるマダコです

葛西臨海水族園:東京湾~マダコとミズダコとアラムシロガイの給餌_b0355317_20552451.jpg


葛西臨海水族園:東京湾~マダコとミズダコとアラムシロガイの給餌_b0355317_20591898.jpg
不定期で展示内容が変わる、東京湾エリアの一画にある水槽

一連の写真は2018年7月に撮影したものです

泳いでいる様子

葛西臨海水族園:東京湾~マダコとミズダコとアラムシロガイの給餌_b0355317_21140955.jpg
そして、マダコが来る以前にこの水槽の主だったのがミズダコ

葛西臨海水族園:東京湾~マダコとミズダコとアラムシロガイの給餌_b0355317_21144427.jpg
こんな大きい生き物が真ん前でうごめいているとさすがにびっくりします

葛西臨海水族園:東京湾~マダコとミズダコとアラムシロガイの給餌_b0355317_21154714.jpg
パイプ内で餌を食べる練習中だそうです

葛西臨海水族園:東京湾~マダコとミズダコとアラムシロガイの給餌_b0355317_21165808.jpg
このミズダコは、その後「海藻の林」水槽へ移動

何度か会いに行ってみたんですが、どうしても姿をみせてくれず
残念ながら、いつしかいなくなってしまいました

泳いでいる様子

葛西臨海水族園:東京湾~マダコとミズダコとアラムシロガイの給餌_b0355317_21241571.jpg
アラムシロガイの給餌という実にディープな飼育員TALKが行われていたので静聴してきました

この時の様子。水槽内にオキアミが入れられるや、まっしぐらに向かってきて食べ始めます
中々見られるものでもないので、興味深かったです
こういった多彩な生物の解説を行ってくれるところも
葛西臨海水族園の大きな魅力です

タグ:

by manyamou02 | 2020-06-23 21:36 | 葛西臨海水族園 | Comments(0)

葛西臨海水族園:東京湾 運河

葛西臨海水族園:東京湾 運河_b0355317_20524216.jpg
東京湾の運河を再現した水槽

葛西臨海水族園:東京湾 運河_b0355317_20530905.jpg
コンクリートの壁の付着生物は、レプリカではありますが
水族園近くの運河を調査し、フジツボの仲間やマガキ、ムラサキイガイの
棲み分けの様子をリアルに再現したこだわりの逸品であります

葛西臨海水族園:東京湾 運河_b0355317_20585108.jpg
マハゼ

底にはヘドロやゴミがたまっている環境ですが
こういった貝などが付着して作り出す空間に
ハゼやギンポなどの魚やカニなどが暮らしています

葛西臨海水族園:東京湾 運河_b0355317_21024674.jpg
ペットボトルなどのプラスチック製品は、分解されることなく
その環境に残ってしまい、多くの生物たちに害を与え続けます

身近なプラスチック製品について、今一度考えてほしい・・・
そういったメッセージも込めた展示です

葛西臨海水族園:東京湾 運河_b0355317_21071151.jpg
それでもたくましく生きる魚たち

何よりも辛い目にあっているのは彼らだし
最終的には私たち自身にも降りかかってくる問題でもあります

葛西臨海水族園:東京湾 運河_b0355317_21090383.jpg
イダテンギンポ

葛西臨海水族園:東京湾 運河_b0355317_21100003.jpg
マハゼ

葛西臨海水族園:東京湾 運河_b0355317_21104982.jpg
他にもボラやサッパ、ヒイラギなども混泳してるんですが
殆ど、マハゼの写真しか撮れなかったので
また機会があったらチャレンジして来ようと思います

by manyamou02 | 2020-06-22 21:21 | 葛西臨海水族園 | Comments(0)

葛西臨海水族園:東京湾~アマモ場・海のゆりかご

葛西臨海水族園:東京湾~アマモ場・海のゆりかご_b0355317_21254004.jpg
ボラの幼魚です

葛西臨海水族園:東京湾~アマモ場・海のゆりかご_b0355317_21260714.jpg
葛西臨海水族園・東京湾エリアにあるアマモ場を再現した水槽

葛西臨海水族園:東京湾~アマモ場・海のゆりかご_b0355317_21293376.jpg
アマモは海の中に生える海草の仲間で
アマモ科の植物です

葛西臨海水族園:東京湾~アマモ場・海のゆりかご_b0355317_21322429.jpg
ここの主役とも言えるボラの幼魚の群れ

葛西臨海水族園:東京湾~アマモ場・海のゆりかご_b0355317_21331474.jpg
世界中の熱帯、温帯に幅広く分布する大型魚です

葛西臨海水族園:東京湾~アマモ場・海のゆりかご_b0355317_21343564.jpg
アマモの葉に付いた藻をむしるように食べています

葛西臨海水族園:東京湾~アマモ場・海のゆりかご_b0355317_21355717.jpg


ふりふりと体を振りながらむしり食いする様が
妙に面白くて、つい延々と見てしまいます

葛西臨海水族園:東京湾~アマモ場・海のゆりかご_b0355317_21391547.jpg
アミメハギです

アマモ場は葉に生える藻を食べる為、甲殻類などの小さな生物が棲み
さらに、それらを食べるために小型の魚や稚魚が集まります

葛西臨海水族園:東京湾~アマモ場・海のゆりかご_b0355317_21432281.jpg
クロサギの幼魚

また、生い茂った葉は小さな魚たちが身を隠すのにも役立ち
エサと隠れ家が揃うアマモ場は「海のゆりかご」とも呼ばれます

葛西臨海水族園:東京湾~アマモ場・海のゆりかご_b0355317_21472088.jpg
クダヤガラ

葛西臨海水族園:東京湾~アマモ場・海のゆりかご_b0355317_21482429.jpg
チャガラの群れ

葛西臨海水族園:東京湾~アマモ場・海のゆりかご_b0355317_21515298.jpg
ぶわっ

by manyamou02 | 2020-06-21 22:23 | 葛西臨海水族園 | Comments(0)

葛西臨海水族園:大洋の航海者 サメ【後編】~アカシュモクザメのひみつ

葛西臨海水族園:大洋の航海者 サメ【後編】~アカシュモクザメのひみつ_b0355317_20144624.jpg
スミツキザメです

前回に続き、葛西臨海水族園「大洋の航海者 サメ」水槽より

葛西臨海水族園:大洋の航海者 サメ【後編】~アカシュモクザメのひみつ_b0355317_20160587.jpg
アカシュモクザメとツマグロ

葛西臨海水族園:大洋の航海者 サメ【後編】~アカシュモクザメのひみつ_b0355317_20163521.jpg
さてさて、葛西臨海水族園の人気者アカシュモクザメ
飼育当初は突き出た目などが水槽の壁に当たってしまい
そこから傷が化膿し死んでしまう・・・といった具合にかなり飼育困難だったそうですが

葛西臨海水族園:大洋の航海者 サメ【後編】~アカシュモクザメのひみつ_b0355317_20191293.jpg
水槽の壁に近寄らないようにする為、なるべく水流をおこさないようにしたり
中央を明るくして、壁付近を暗くするといった工夫を重ねるうちに
安定して成長するようになったそうです

葛西臨海水族園:大洋の航海者 サメ【後編】~アカシュモクザメのひみつ_b0355317_20223519.jpg
とんかち頭の役割は、実ははっきりとは分かっておらす
舵取りの役目、目が離れていることで正確な距離をつかめる、
餌を感知するための器官*をより発達させた等々諸説アリです

*ローレンチニ器官と呼ばれ、生物が出す微量な電波を探知します

葛西臨海水族園:大洋の航海者 サメ【後編】~アカシュモクザメのひみつ_b0355317_20233524.jpg
混泳しているマイワシの群れ

葛西臨海水族園:大洋の航海者 サメ【後編】~アカシュモクザメのひみつ_b0355317_20241278.jpg
グルクマ

葛西臨海水族園:大洋の航海者 サメ【後編】~アカシュモクザメのひみつ_b0355317_20250218.jpg
正面顔たまらんです

by manyamou02 | 2020-05-24 20:55 | 葛西臨海水族園 | Comments(0)