ギガ恐竜展2017~ 尻尾を食いちぎられたティラノサウルス「ワイレックス」

b0355317_10334273.jpg
今回の目玉展示の一つ、「ワイレックス」の愛称で呼ばれるティラノサウルス

b0355317_10365788.jpg
2002年にモンタナ州で発掘され
大腿部の長さや周囲の測定結果等から
若いオスと考えられています

b0355317_10384812.jpg
尾椎の殆どが見つからなかったのですが、壊疽に似た感染症の兆候が見つかり
脊椎骨の端に激しいただれの跡があり、治癒した形跡もほぼないことから
「ワイレックス」は共食いによって尻尾を食いちぎられたのではと考えられています

b0355317_10495562.jpg
本来あるべき尻尾

b0355317_23065551.jpg
ワイレックスからは、細かな鱗等が見て取れる
ザラザラとした皮膚の印象を残す化石も複数見つかっており
これは、いままでに発見されたティラノサウルスの中でも唯一の事例です

b0355317_23145315.jpg
アクロカントサウルス・アトケンシス
アメリカ・オクラホマ州で発見された白亜紀前期の獣脚類 カルカロドントサウルス科

b0355317_23251710.jpg
全長11mに達する巨大肉食恐竜で
当時の捕食者の頂点と考えられています

ナショナル・ジオグラフィックHPより:「内股」の肉食恐竜、巨大足跡を発見

b0355317_23261997.jpg
アロサウルス・フラギリス
アメリカ・ユタ州で発見されたジュラ紀後期の獣脚類 アロサウルス科

b0355317_23273224.jpg
コンプソグナトゥスの一種
フランス・アルプ=マリティーム県で発見されたジュラ紀後期の獣脚類 コンプソグナトゥス科

全長1m前後の小型の獣脚類です

b0355317_23425322.jpg
近年では、全身が羽毛に覆われていたのではと考えられています

b0355317_23435369.jpg
おまけのなんちゃってステレオ写真
平行法でお楽しみください

b0355317_23463832.jpg

[PR]

by manyamou02 | 2018-02-23 23:55 | ギガ恐竜展2017 | Comments(0)

ギガ恐竜展2017~ 竜脚類:ディプロドクス科、カマラサウルス科など

b0355317_11204798.jpg
アパトサウルスの一種
アメリカ ワイオミング州で発掘されたジュラ紀後期の竜脚類 ディプロドクス科

b0355317_11224300.jpg
アパトサウルスの一種(幼体)
ディプロドクスとは異なり、単独生活だったと考えられています

b0355317_11252233.jpg
カマラサウルス・レントゥス(幼体)
アメリカ ユタ州で発見されたジュラ紀後期の竜脚類 カマラサウルス科

他の竜脚類と一緒に発見されることもあり、ディプロドクスは柔らかい植物を
カマラサウルスは硬い植物を食べていたことが分かっています

b0355317_11290808.jpg
ディプロドクスの一種
ジュラ紀後期の竜脚類 ディプロドクス科

b0355317_11325032.jpg
カマラサウルスの一種
アメリカで発見されたジュラ紀後期の竜脚類 カマラサウルス科

ディプロドクスと比べて、明らかに歯の形状が違うのがよくわかります
硬い植物を食べるのに適した大きなスプーン状です

b0355317_11344488.jpg
恒例のなんちゃってステレオ写真

b0355317_11353576.jpg
ジョバリア・ティグイデンシス
サハラ砂漠で発見された白亜紀前期の竜脚類

その名は、地域の原住民トゥアレグ族の民話に出てくる
幻獣「ジョバル」にちなんでいます

b0355317_21163401.jpg
ニジェールサウルス・タケティ
ニジェールで発見された白亜紀前期の竜脚類 レバキサウルス科

ニジェールサウルスとジョバリアの発見により、白亜紀になっても
まだアフリカに竜脚類が残っていたことが判明しました

ナショナルジオグラフィックの記事より:「ニジェールサウルス」

b0355317_21192560.jpg
オメイサウルス・マオイアヌス
中国四川省で発見されたジュラ紀中期の竜脚類 マメンチサウルス科

この化石は、頭骨を内側から見ているもので
舌側がくぼんだ形状の歯が、密に並んでいるのがよくわかります

b0355317_22110347.jpg
エウロパサウルス・ホルゲリ
ドイツ・ニーダーザクセン州で発掘されたジュラ紀後期の竜脚類 ブラキオサウルス科

成長しても全長6mと小型の竜脚類

[PR]

by manyamou02 | 2018-02-15 22:30 | ギガ恐竜展2017 | Comments(0)

ギガ恐竜展2017:「ベイビー・ルイ」~恐竜の卵

b0355317_20201569.jpg
ベイベイロン・シネンシス
中国河南省で発見された白亜紀後期の獣脚類 オビラプトロサウルス類

b0355317_20264484.jpg
「ベイビー・ルイ」の愛称で知られる
大型オビラプトロサウルス類としては世界で唯一の胚化石です

b0355317_20300319.jpg
「ベイビー・ルイ」を参考にして作られた、卵と胚の復元模型
この化石の発見により、恐竜は現生の鳥類やワニ類のように
卵の中で丸まった姿勢でいることがわかかりました

b0355317_20350387.jpg
オビラプトル類の一種
モンゴルで発見された白亜紀後期の獣脚類

b0355317_20362395.jpg
オビラプトルの一種(生体復元模型)

オビラプトルは、鳥のように卵の上に覆いかぶさり
守っていた(あるいは温めていた)ことが分かっています

b0355317_21363178.jpg
中国浙江省で発見された卵化石の数々

エロンガトウーリトゥス卵科の巣の卵:白亜紀後期

b0355317_21410720.jpg
エロンガトウーリトゥス卵科の巣の卵:白亜紀後期
「エロンガト」は「長い」を意味し、細長い形が特徴的です

今では、オビラプトロサウルス類の卵であるという事がわかっています

b0355317_21374471.jpg
スフェロウーリトゥス卵科の巣の卵

プロバクトロサウルスなどの鳥脚類の卵です

b0355317_21425571.jpg
マクロエロンガトウーリトゥスの一種

大型のオビラプトロサウルス類の卵だと考えられています

b0355317_21454581.jpg
恐竜化石と共存するエロンガトウーリトゥス卵科の巣の卵

骨と卵が混在した化石
以前はプロトケラトプスの卵と考えれていましたが
現在では、オビラプトロサウルス類のものだと判明しています

[PR]

by manyamou02 | 2018-01-26 21:58 | ギガ恐竜展2017 | Comments(0)

ギガ恐竜展2017~シエンシャノサウルスとスキピオニクス

b0355317_09304005.jpg
シエンシャノサウルス・シジアゴウエンシス
中国河南省で見つかった白亜紀前期の竜脚類 ティタノサウルス類

b0355317_09333673.jpg
2009年に新種として記載され
その名前は「峴山のトカゲ」を意味します

b0355317_09365049.jpg
スキピオニクス・サムニティクス
白亜紀前期の獣脚類 コンプソグナトゥス科

イタリアで初めて発見された恐竜化石です

b0355317_09394461.jpg
卵黄嚢(らんおうのう:孵化後しばらくの栄養分)が残っているところから
生後数日の幼体と考えられています
また、内臓に未消化の食物の跡も残っている貴重な標本です

b0355317_17271889.jpg
この辺りが卵黄嚢

b0355317_17282448.jpg
ステゴサウルス・ステノプス
アメリカ ユタ州で発見されたジュラ紀後期の剣竜類

b0355317_17301614.jpg
背中にある骨盤が有名な恐竜ですが
表面や内部に多くの血管が通っていたことから
体温調節を担っていたと考えられています

[PR]

by manyamou02 | 2018-01-20 20:55 | ギガ恐竜展2017 | Comments(0)

ギガ恐竜展2017~ 恐竜の復元

b0355317_11122809.jpg
トリケラトプス・ホソドゥスの生体復元模型

筋肉の付き方なども再現された珍しい模型ですが

b0355317_11151930.jpg
何が面白いって反対側は、この通り

b0355317_11155752.jpg
ばーん

b0355317_11162032.jpg
愛らしい赤ちゃんも一緒にいます

b0355317_11181907.jpg
アロサウルス・フラギリス
アメリカ・ユタ州で発掘されたジュラ紀後期の獣脚類

b0355317_11200566.jpg
学名は「繊細で(ほかの恐竜とは)異なるトカゲ」を意味し
脊椎が軽量化されているという特徴が、初めて確認された恐竜であることを指します

b0355317_18543904.jpg
目の上の角のような突起は
「涙骨」と呼ばれる眼窩の前方を縁取る骨が突出したもので
角質で覆われています

b0355317_19031715.jpg
デイノニクス・アンティルロプスの躍動感あふれる復元模型

b0355317_19081015.jpg
白亜紀前期の獣脚類

草食恐竜の化石とともに複数のディノニクスの化石が見つかったことから
群れで狩りを行っていたという説が有名ですが
たまたま草食恐竜の死体にデイノニクスが何体も群がっていただけ
という可能性もあり、群れで行動していたかどうかの真偽はまだわかっていません

b0355317_19150236.jpg
ひゃっは~♪

[PR]

by manyamou02 | 2018-01-13 21:10 | ギガ恐竜展2017 | Comments(0)

ギガ恐竜展2017~ 羽毛をまとった恐竜

b0355317_21475624.jpg
カウディプテリクス・ゾウイ
中国遼寧省で発見された白亜紀前期のオビラプトロサウルス類

前肢の手首から先に羽軸のある羽が生え、尾にも扇状に羽が生えていましたが
飛行に役立つようなものではありませんでした

b0355317_21573312.jpg
プロターケオプテリクス・ロブスタ
中国遼寧省で発見された白亜紀前期のオビラプトロサウルス類

かつては原始的な鳥と考えられていましたが
現在では原始的なオビラプトロサウルス類に分類されています
尾の先端には羽軸のある羽が生えていました
飛ぶことはできないものの、長く頑丈な後肢で
素早く走れたと考えられています

b0355317_15333371.jpg
ジンフェンゴプテリクス・エレガンス
中国河北省で発見された白亜紀前期の獣脚類

「華美金鳳鳥」と名付けられ、当初は最古の鳥類と話題になりましたが
後に、トロオドン類に分類されました

b0355317_15440345.jpg
ロンギプテリクス・チャオヤンゲンシス
中国遼寧省で発見された白亜紀前期の原始的な鳥類

「チャオヤン」は「長い翼」を意味します
前肢が非常に大きく、飛行に十分な大きさの翼を持っていたと考えられています

b0355317_13381087.jpg
エオエナンティオルニス・ブーレリ
中国遼寧省で見つかった白亜紀前期の鳥類 エナンティオルニス類

まだ口に歯が生えている原始的な鳥類
羽軸のある非対称形の羽で大きな翼を形成していました

そーいえば昨年、センセーショナルな発見が報告されました
ナショナルジオグラフィックHPより「恐竜時代のひな鳥を発見

b0355317_13511407.jpg
ペレカニミムス・ポリオドン
白亜紀前期のオルニトミモサウルス類

のど袋があったことから「ペリカンもどき」を意味する名前の由来となっています
従来の復元はこんな感じだったわけですが・・・

b0355317_13551106.jpg
現在は、羽毛を持つ姿で再現されています

[PR]

by manyamou02 | 2018-01-02 21:05 | ギガ恐竜展2017 | Comments(0)

ギガ恐竜展2017~ 剣竜類と「帆を持つ恐竜」コンカベナートル

b0355317_11330852.jpg
ヘスペロサウルス・ムジョシ
アメリカ・ワイオミング州で発見されたジュラ紀後期の剣竜類
ステゴサウルスの近縁。小柄な体形で、背中の骨盤が丸みを帯びていることや
頸肋骨の先が広がっていることなどが特徴です

b0355317_11391996.jpg
トゥジャンゴサウルス・マルチスピナス
中国四川省で発見されたジュラ紀後期の剣竜類

b0355317_11490199.jpg
左右対称に並んだ17対の骨盤と尾の先端に4本のスパイクが生えています
この標本では再現されていませんが、肩にも角上の骨盤がありました

b0355317_17553344.jpg
こちらは、剣竜類の骨盤とはまた違った
「帆」のようなものを発達させた恐竜コンカベナートル・コルコヴァトゥス

b0355317_17575777.jpg
白亜紀前期のスペインにいた獣脚類です
頭部から尾までつながった状態で発掘され、皮膚の痕跡も残っていました

b0355317_17591494.jpg
コンカベナートルの生体復元模型
腰の前後の高くなっている背骨が特徴で
「帆」というよりはラクダのコブのような働きをしていたのではという説もありますが
その機能については、未だ謎に包まれています

b0355317_17530045.jpg
こちらは恐竜ではありませんが
背中に「帆」を持っていた肉食動物ディメトロドン・リンバタス
ペルム紀前期の単弓類です
この大きな帆は体温調節に使われていたと考えられています

b0355317_19060202.jpg
恒例のなんちゃってステレオ写真
平行法でどうぞ

b0355317_19071018.jpg


b0355317_19073143.jpg

[PR]

by manyamou02 | 2017-12-16 21:32 | ギガ恐竜展2017 | Comments(0)

ギガ恐竜展2017~鎧竜類

b0355317_21261255.jpg
縉雲(ジンユン)アンキロサウルス類
白亜紀後期の堅頭竜類

2013年に浙江省縉雲県で発見された新種
浙江自然博物館、縉雲博物館そして福井県立恐竜博物館の共同で発掘されました

b0355317_21324405.jpg
アニマンタルクス・ラマルジョネシ
アメリカ・ユタ州で発見された白亜紀後期のノドサウルス類

b0355317_21465075.jpg
アニマンタルクスとは「animated citadel:生きた砦(城)」を意味します

b0355317_21475091.jpg
ティアンジェノサウルス・ヤンギ
全身骨格が発見されている白亜紀後期のアンキロサウルス類

b0355317_21522328.jpg
日本初公開となるティアンジェノサウルス・ヤンギの頭骨

中国地質科学院と浙江自然博物館、福井県立恐竜博物館との
山西省での共同調査で発掘されました

b0355317_22194878.jpg
タラルルス・プリカトスピネウス
白亜紀後期のアンキロサウルス類で
北米とアジアに分布

b0355317_22265072.jpg
エドモントニアの一種
白亜紀:アメリカ・ワイオミング州
アニマンタルクスと近縁のノドサウルス類

b0355317_23240047.jpg
恒例のなんちゃってステレオ写真
平行法でお楽しみください

b0355317_23251484.jpg


b0355317_23254944.jpg


b0355317_23271947.jpg


b0355317_23275711.jpg

[PR]

by manyamou02 | 2017-12-01 23:40 | ギガ恐竜展2017 | Comments(0)

ギガ恐竜展2017~ チンタオサウルスと堅頭竜類など

b0355317_23003753.jpg
チンタオサウルス・スピノリヌス
白亜紀後期、中国山東省にいたハドロサウルス類

b0355317_23034031.jpg
一本の角のような骨が特徴的ですが
これはトサカを形成していたものと考えられています

b0355317_22445953.jpg
かつては、一本角を持つ姿が描かれていたけど、そーじゃないよってな内容(雑過ぎる訳)の記事

b0355317_23035826.jpg
トリケラトプス・ホリドゥス
白亜紀後期の角竜類

b0355317_23114896.jpg
プレノケファレ・プレネス
白亜紀後期のアジアに生息していた堅頭竜類
北米のパキケファロサウルスの近縁だと考えられています

b0355317_23190734.jpg
食性はよくわかっていないですが、他の堅頭竜類同様に
葉や果実を食べていたと考えられています

b0355317_23281588.jpg
パキケファロサウルス・ワイオミンゲンシス
白亜紀後期の堅頭竜類
アメリカ北西部からのみ発見されています

b0355317_21082345.jpg
同じ地層から発見され、スティギモロク・スピニファーと命名された堅頭竜類ですが
現在ではパキケファロサウルスの亜成体であると考えられています

b0355317_21114897.jpg
同じく、ドラコレックス・ホグワートシアと名付けられた堅頭竜類も
パキケファロサウルスの幼体であると考えられています

b0355317_21142077.jpg
なので、こちらの展示はパキケファロサウルスの成長過程を示したものとなります
右から幼体→亜成体→成体

b0355317_21170920.jpg
おまけの、なんちゃってステレオ写真
平行法でご覧ください

b0355317_21180151.jpg

[PR]

by manyamou02 | 2017-11-27 21:55 | ギガ恐竜展2017 | Comments(0)

ギガ恐竜展2017~ 竜脚類

b0355317_17291536.jpg
ルーフェンゴサウルスの一種
中国雲南省で発掘されたジュラ紀前期の 原始的な竜脚形類

b0355317_17315392.jpg
草食、肉食、雑食といずれの可能性もあると議論されてきました
胃石が骨格と一緒に発見されている為、草食と考えるのが一般的ですが
鋸歯(縁にギザギザがある)がある点や

b0355317_17373022.jpg
前肢の親指が物をつかめるように、他の四本の指と向き合っていること
時には二本足で歩いていたことから、獲物を捕まえる雑食性だったのだはないかとも考えられています

b0355317_17472719.jpg
エウヘロプス・ツダンスキィ
中国山東省で発見された白亜紀後期の 竜脚類

b0355317_22015134.jpg
1929年に命名され、その発見は古いですが
近年では、より進化的なティタノサウルス形類に属することが判明しました

b0355317_22124080.jpg
ルヤンゴサウルスとの2ショット
いいですねえ、この恐竜王国感\(//∇//)

b0355317_22162852.jpg
ドンヤンゴサウルス・シネンシス
中国浙江省で発掘された白亜紀後期の竜脚類

胴椎10個、仙椎、尾椎二つが間接した状態で発見され
腸骨、恥骨、座骨も保存されています
全長15m位と考えられています

b0355317_22023604.jpg
おまけ:平行法でご覧ください

[PR]

by manyamou02 | 2017-11-09 12:28 | ギガ恐竜展2017 | Comments(0)