残雪とユキヒョウ~雪上のミルチャ

b0355317_21194455.jpg
昨日の続きで、再びミルチャ登場

b0355317_21201414.jpg


b0355317_21214035.jpg
雪の上を確かめるようにゆっくりと歩くミルチャ

b0355317_21222338.jpg
いつものように臭い付け

b0355317_21224775.jpg
くるっ

b0355317_21231542.jpg


b0355317_21233750.jpg
そして、岩上に駆け上がり

b0355317_21240790.jpg
まあ、何というか割と普段通りでした

[PR]

# by manyamou02 | 2018-04-22 21:45 | 多摩動物公園 | Comments(0)

残雪とユキヒョウ~ヴァルデマール&ミルチャ

b0355317_22030269.jpg
雪のおかげか、普段よりもさらにかっこよく見えるヴァルデマール

2月初旬の多摩動物公園ユキヒョウ舎より

b0355317_22053774.jpg
岩上にて

b0355317_22062140.jpg


b0355317_22091050.jpg
堂々と闊歩し

b0355317_22283964.jpg
悠然と岩を下り

b0355317_22292295.jpg
着地も華麗であります

b0355317_22295176.jpg
同時刻、こちらは小放飼場のミルチャ

b0355317_22305784.jpg
雪上を歩き回っていました

b0355317_22312456.jpg
「う~ん、ちべたい!」

[PR]

# by manyamou02 | 2018-04-21 22:50 | 多摩動物公園 | Comments(0)

冬の上野動物園~カワウ羽ばたく不忍池

b0355317_22074574.jpg
なんとも味わい深い表情のアメリカバク

1月下旬の上野動物園より

b0355317_22091149.jpg
天気は良いものの、この日はかなり寒かった為、ゴリラたちは外に出ていませんでした

・・・帰りましたじゃなくて、お休みですがな

b0355317_22110400.jpg
西園にて
寒々とした不忍池の風景ですが、野鳥がたくさんいて賑やかです

b0355317_22120089.jpg
特に多いのがカワウ

b0355317_22134857.jpg
水上からの飛翔

b0355317_22145164.jpg


b0355317_22150778.jpg
「西園や カワウ羽ばたく 不忍池」

うーん・・・字余り

b0355317_22152726.jpg
カバのユイちゃんです

ハトも一緒にぺたーん

b0355317_22175999.jpg
お食事中のコビトカバ「ショウヘイ」

b0355317_22193752.jpg
アイアイの森にて

クロキツネザル夫妻

[PR]

# by manyamou02 | 2018-04-20 22:35 | 上野動物園 | Comments(0)

ギガ恐竜展2017:「破壊者」ビスタヒエベルソル・シーリイ~ティラノサウルスの系譜

b0355317_12280559.jpg
ビスタヒエベルソル・シーリイの
上半身が動くド迫力の復元模型

b0355317_12345767.jpg
怪獣大好き世代なので、めっちゃ滾ります

b0355317_12362309.jpg
こちらが、アメリカ ニューメキシコ州で発掘された、ほぼ完全な状態の頭骨
白亜紀後期の獣脚亜目 ティラノサウルス上科です

b0355317_12373226.jpg
やや原始的なティラノサウルス類で
「ビスタヒ」は発見された地名に由来し
「エベルソル」はギリシャ語で「破壊者」の意

b0355317_12400753.jpg
全長は9mにも及び、北米でのティラノサウルスの進化を
知る上でも重要な存在です

b0355317_12452150.jpg
ゴルゴサウルス・リブラトゥス
カナダ アルバータ州で発掘された白亜紀後期の獣脚類 ティラノサウルス科

ティラノサウルスより500万年程前の地層から発見されており
ティラノと比べると頭骨と体型がずいぶんとスリムです

b0355317_22092049.jpg
タルボサウルス・バタール
モンゴルで発掘された白亜紀後期の獣脚類 ティラノサウルス類

ティラノサウルスと同時代の地層から見つかっており
北米からアジアに渡ってきたのではと考えられています

b0355317_22111247.jpg
ラプトレックス・クリエグスティニィ
モンゴルで発掘された白亜紀後期の獣脚類 ティラノサウルス類

小型のティラノサウルス類で、大型のティラノ同様に前肢が小さく指も二本だけです
ティラノサウルスの前肢は大型化という進化の過程で小さくなっていったと考えられていましたが
ラプトレックスの発見により、体の大きさとは関係ない可能性が出てきました

b0355317_22201421.jpg
おまけのなんちゃってステレオ写真

b0355317_22210170.jpg

[PR]

# by manyamou02 | 2018-04-19 22:30 | ギガ恐竜展2017 | Comments(0)

上野動物園の多彩な鳥たち~長老ダルマワシとアカガシラカラスバト

b0355317_22181031.jpg
マレーワシミミズクです

b0355317_22213505.jpg
上野動物園の鳥たちといえば、バードハウスが有名ですが
それ以外でも園内では多彩な鳥たちに会うことが出来ます

b0355317_22230126.jpg
先ずは、フクロウ&猛禽エリアより

こちらはネパールワシミミズク

b0355317_22241463.jpg
そして、猛禽エリアの主
1971年来園という長老ダルマワシ

b0355317_22262717.jpg
こちらは、一緒に暮らしている
比較的若そうな個体

b0355317_22270100.jpg
ばさーーーーーー

b0355317_22273756.jpg
続いて、キジ・ハト エリアより
ハゲガオホウカンチョウ♀

b0355317_22283442.jpg
目の周りに羽毛が無いからハゲガオだそうです・・・

b0355317_22300862.jpg
パラワンコクジャク

こちらは以前、バードハウス前で撮影したもの
甲高い鳴き声です

b0355317_22321759.jpg
コシアカキジ
右がオスで左がメス

オスの腰の羽が赤いのがその名の由来

b0355317_22413201.jpg
ヤブツカツクリ
落ち葉や腐葉土を使って高さ1mもの繁殖用の塚を作ります

b0355317_22345056.jpg
ん?ハトか・・・って感じで、素通りしちゃいそうですが
見逃しちゃいけないのがこちら
アカガシラカラスバト

b0355317_22364248.jpg
小笠原諸島にしか生息しない固有亜種ですが
環境の悪化や野良猫等に捕食され、その数は激減
5年前の調査ではわずかに100~200羽しかいないことがわかりました

東京都では保護活動に取り組むとともに
上野動物園での繁殖をすすめています

[PR]

# by manyamou02 | 2018-04-18 22:55 | 上野動物園 | Comments(0)