2月の井の頭~お食事コールダックと泳ぐミズグモと「かいぼり」中の井の頭池

b0355317_22323586.jpg
お食事中のコールダックたち

昨日に続いて、2月中旬の井の頭自然文化園・分園より

b0355317_22341705.jpg
餌箱にIN

b0355317_22345062.jpg
コールダックとは、アヒルをさらに小さく品種改良した(アヒルの4分の一位の大きさ)
世界最小のアヒルです

この時の様子

b0355317_22371982.jpg
隻眼のアオバト

b0355317_22374400.jpg
ケガをした保護個体で、野生復帰が難しい為
井の頭自然文化園で飼育されています

b0355317_22391327.jpg
ちなみに、分園正面の井の頭池もこんな感じで
すっかり、水が抜かれています

b0355317_22405206.jpg
井の頭池は、数年にわたる複数回の「かいぼり」により
次第に従来の生態系を取り戻し
在来種の割合が増えるとともに、カイツブリが戻ってきたり
絶滅危惧種であるイノカシラフラスコモが見られるようになりました

b0355317_22464171.jpg
こういった試みが、テレビなどの流行に載った一過性のものにとどまらず
地域の方々と専門家諸氏がじっくりとそれぞれの生態系の問題と向き合った上で
全国的に広がっていけば、もっともっと日本は素敵になるのになあと思ったり


b0355317_22523299.jpg
と、「かいぼり」に思いを馳せた後、水生物館へ

ミズグモの赤ちゃんです
まだ、ちびっ子なのにしっかりと気泡を作って
水の中で過ごしています

b0355317_22540422.jpg
こちらは、おとなのミズグモ


水中を動き回る様は、何とも不思議で面白いです

b0355317_22554554.jpg
小石を持ち上げてるアメリカザリガニ

[PR]

by manyamou02 | 2018-07-13 23:15 | 井の頭自然文化園 | Comments(0)