ギガ恐竜展2017:角竜類

b0355317_11225175.jpg
トリケラトプス・ホリドゥス
アメリカ ワイオミング州で発掘された白亜紀後期の角竜類 ケラトプス科

全長8~9mに及ぶ最大級の角竜としてよく知られた花形スターであります

b0355317_11251542.jpg
スティラコサウルス・アルバーテンシス
カナダ アルバータ州で発掘された白亜紀後期の角竜類 ケラトプス科

スティラコサウルスとはギリシャ語で「スパイクのあるトカゲ」の意

b0355317_11330428.jpg
ゼノケラトプス・フォレモステンシス
カナダ アルバータ州で発掘された白亜紀後期の角竜類 ケラトプス科

フリルの部分と鼻骨の一部しか見つかっていないので詳しい姿は不明です

b0355317_11360760.jpg
アケロサウルス・ホーネリ
アメリカで発掘された白亜紀後期の角竜類 ケラトプス科

目の上に角がなくコブ状に隆起しているのが特徴
「ホーネリ」は、モンタナ州の恐竜発掘に長年貢献したジャック・ホーナー博士にちなんでいます

b0355317_11401685.jpg
ペンタケラトプス・スターンバーギイ
アメリカで発掘された白亜紀後期の角竜類 ケラトプス科

その名は「五つの角を持つ顔」を意味し、ひと際大きなフリルが印象的です

b0355317_11263215.jpg
そして、冒頭に登場したトリケラトプスの全身骨格

レイアウトにちょっとした仕掛けがありまして・・・

b0355317_11472273.jpg
その正面にあるのが、ティラノサウルス・レックスの頭骨

b0355317_11482692.jpg
対峙した形になっているという憎い配置であります

b0355317_11493283.jpg
プロトケラトプス・アンドリューシ(幼体)
モンゴルで発掘された白亜紀後期の角竜類 プロトケラトプス科

b0355317_20554080.jpg
プロトケラトプス・アンドリューシ(成体)

角はなく、全長2mと小型の角竜

b0355317_20583009.jpg
バガケラトプス・ロツデストベンスキイ(幼体)
モンゴルで発掘された白亜紀後期の角竜類 プロトケラトプス科

プロトケラトプスとは近縁で、成長しても1m程度しかなかったと考えられています

[PR]

by manyamou02 | 2018-04-12 21:30 | ギガ恐竜展2017 | Comments(0)