ギガ恐竜展2017~シエンシャノサウルスとスキピオニクス

b0355317_09304005.jpg
シエンシャノサウルス・シジアゴウエンシス
中国河南省で見つかった白亜紀前期の竜脚類 ティタノサウルス類

b0355317_09333673.jpg
2009年に新種として記載され
その名前は「峴山のトカゲ」を意味します

b0355317_09365049.jpg
スキピオニクス・サムニティクス
白亜紀前期の獣脚類 コンプソグナトゥス科

イタリアで初めて発見された恐竜化石です

b0355317_09394461.jpg
卵黄嚢(らんおうのう:孵化後しばらくの栄養分)が残っているところから
生後数日の幼体と考えられています
また、内臓に未消化の食物の跡も残っている貴重な標本です

b0355317_17271889.jpg
この辺りが卵黄嚢

b0355317_17282448.jpg
ステゴサウルス・ステノプス
アメリカ ユタ州で発見されたジュラ紀後期の剣竜類

b0355317_17301614.jpg
背中にある骨盤が有名な恐竜ですが
表面や内部に多くの血管が通っていたことから
体温調節を担っていたと考えられています

[PR]

by manyamou02 | 2018-01-20 20:55 | ギガ恐竜展2017 | Comments(0)