上野動物園・両生爬虫類館特設展示~ハペペ博士の研究所

b0355317_09194426.jpg
上野動物園・両生爬虫類館の特設展示「ハペペ博士の研究所」
毎度、この企画は趣向が凝らしてあり楽しみにしているのですが・・・

b0355317_09230637.jpg
早速、中へ入ってみましょう

パンサーカメレオンです

b0355317_09301338.jpg
今回のテーマは爬虫類・両生類の「あし」
博士の観察記録といった態で
様々な解説がしてあります

b0355317_09312064.jpg
こういったことを意識すると、目の前の生き物に対しても
見えてくるものが違ってくるので、非常に興味深いです

b0355317_09390636.jpg
トッケイヤモリ

ふと気にし始めると、気になって仕方がない大きな疑問
「何故、彼らは壁を伝って歩けるのか?」

b0355317_09393467.jpg
指先を顕微鏡で見た写真
細かな毛がびっしりと生えています

この毛が壁の凹凸と噛みあうことにより
ファンデルワールス力(りょく)と呼ばれる弱い引力が働くと考えられています

b0355317_09495961.jpg
「人類よ、これがファンデルワールス力だ!」

肉眼では、見えないナノメートルの毛
まさに生命の神秘であります

b0355317_09541297.jpg
ブース内には多彩な爬虫類&両生類がいます

ヨーロッパヘビトカゲ
ヘビではなく「足のないトカゲ」です

b0355317_09582704.jpg
コモチミミズトカゲ

これは私も初めて見ました

b0355317_09585976.jpg
博士の観察研究対象にはもってこいの生き物であります

b0355317_10004809.jpg
こだわって作られた、博士の研究所

b0355317_10023490.jpg
さほど広い展示ではないものの見応えがあります

年内いっぱいまで開設しているようなので、お立ち寄りの際は是非~♪

[PR]

by manyamou02 | 2017-08-16 21:18 | 上野動物園 | Comments(0)

市川市動植物園~自然博物館一番の人気者の正体とは・・・

b0355317_10414888.jpg
ハシブトガラス
こんなにかっこいいカラスの剥製って初めて見ました

昨日に続き、市川自然博物館をご案内~

b0355317_10443494.jpg
今にも飛び立ちそうじゃないですか!

b0355317_10451782.jpg
ハシボソガラスも展示してあるのが、また憎いです

b0355317_10470153.jpg
鳴き声が聞こえてきそうなスズメたち

b0355317_10473395.jpg
ムクドリ

特に、この一連の身近な鳥たちの剥製たちが実に良い出来でですね・・・

b0355317_10484773.jpg
カワラヒワ

b0355317_10493777.jpg
ヒヨドリ

b0355317_10501315.jpg
オナガ

b0355317_10505771.jpg
キジバト

b0355317_10515904.jpg
剥製だけでなく、ちょっとした小動物の展示もあったんですが
中でも極め付けがこちらのシロヘビ
市内で捕獲されたものなんだそうです

b0355317_10534380.jpg
この日は天気の良い週末で、子供たちもたくさんいたんですが
「ヘビさんに会いに行くー!」って走って来る子や
「今日は元気だねー!」って言ってる子もいて
地域の方々の人気者のようで、何だかすごくほっこりしました

b0355317_10572363.jpg
元々は、地域の方の苦情により捕獲された個体が
こうして動物園(博物館)で飼育されることにより
人気者になるというのは面白いというか
生物に対する興味や知識を伝えていく動物園の一つの役割を
あらためて感じた次第であります

[PR]

by manyamou02 | 2017-05-21 20:55 | 市川市動植物園 | Comments(0)

井の頭自然文化園・水生物館~泳ぐミズグモ

b0355317_11310262.jpg
ヤマメとニッコウイワナの群れ

1月初旬の井の頭自然文化園「水生物館」より

b0355317_11371149.jpg
カイツブリ

b0355317_11372577.jpg
ミズグモが泳いでいる(?)姿を見ることができました

b0355317_11383225.jpg
写真で見ると、お尻が水泡で包まれているのがよくわかります

ミズグモは腹部にたくさん生えた毛に空気をため込むことにより水中で生活することができます

なので、呼吸は口ではなく腹部にある穴(気門)で行います

b0355317_11474811.jpg
トウキョウサンショウウオ

b0355317_11491848.jpg
カミツキガメ

かつては人にペットとして飼われていた個体ですが、無責任な飼い主により池に捨てられ
その後、井の頭自然文化園内の水路で拾われ、ここで展示されることとなった数奇な運命の持ち主です
ある意味、水生物館の象徴とも言える存在だと思います


b0355317_11580964.jpg
ギバチ

b0355317_11592922.jpg
ヒバカリ

b0355317_12002282.jpg
アカハライモリ

b0355317_12005134.jpg
分園で見かけた年賀状

b0355317_12022108.jpg
時刻は16時を回ったところ
まだ陽は短く、空にはお月さまが浮かんでいます

b0355317_12042133.jpg
みんなまたね~♪

[PR]

by manyamou02 | 2017-04-02 20:58 | 井の頭自然文化園 | Comments(0)

上野動物園:両生爬虫類館~ワニっ仔登場!!

b0355317_21514789.jpg
ニシアフリカコガタワニの赤ちゃんです

1月中旬の上野動物園・両生爬虫類館より

b0355317_21541493.jpg
上野動物園では5年ぶりの誕生だそうで


b0355317_21553730.jpg
あいくるしい\(//∇//)

b0355317_21564205.jpg
それでは、この日出会った生き物たちを・・・

チュウゴクワニトカゲ

b0355317_21580855.jpg
迫力が半端ないアフリカウシガエル

b0355317_21590089.jpg
ミツヅノコノハガエル

b0355317_21592551.jpg
コケガエルを探せ!

b0355317_21595875.jpg
キオビヤドクガエル

b0355317_22004532.jpg
いつ見ても、謎の生物っぽいミツユビアンフューマ

b0355317_22013419.jpg
てへぺろ

グリーンイグアナです

b0355317_22024863.jpg
こちらはキリッとした表情

[PR]

by manyamou02 | 2017-03-05 21:05 | 上野動物園 | Comments(0)

多摩動物公園・昆虫園レポート

b0355317_20263403.jpg
まるで前衛アート
一体これはなんぞや?とたいていの方は首をひねるかと思いますが
なんとこれ、グローワームの拡大模型

久しぶりに昆虫園に足を運んだら、こんなかっこいいものが出来ててびっくりしました

b0355317_20323523.jpg
なるほど、ここが発光部分

b0355317_20335162.jpg
そして、隣に本物がいるというゾクゾクするような神展示
もう「凄い!」としか言いようがありません

b0355317_20354890.jpg
という訳で、先々週お正月の多摩動物公園・昆虫園本館よりお送りいたします

いきなり朗報、ハナカマキリの卵鞘です

b0355317_20384814.jpg
こちらはおとなのメス

ハナカマキリは、真っ白なのは子供のうちだけで
おとなになるとご覧の通り、所々くすんできます

ちびっ子は久しく見ていないないので、今からめっちゃ楽しみです

b0355317_20430894.jpg
こちらは、コモンフラワーマンティス

b0355317_20440488.jpg
ここにも卵鞘ががが!!

b0355317_20444273.jpg
ヘラクレスオオカブトです

b0355317_20455678.jpg
なんかもう、おめでたいラッシュでくらくらしました

b0355317_20471212.jpg
昆虫生態園にて

トノサマバッタ(白化型)

b0355317_20485616.jpg
ハネナガイナゴ

みなさん恋の季節であります

b0355317_20505069.jpg
今、静かに話題なのがこちらのブラーミニミミズヘビ

ミミズにしか見えませんがヘビなんです
シロアリを食べるとか、単為生殖(メスだけで繁殖する)とかもう独特すぎてたまりません


[PR]

by manyamou02 | 2017-01-22 12:05 | 多摩動物公園 | Comments(0)

上野「真夏の夜の動物園」~刹那のアイアイと言霊を操るキツネザル&両生爬虫類館

b0355317_10441367.jpg
アイアイのマフィーくんかな

先々週の上野動物園「真夏の夜の動物園」・アイアイのすむ森より

b0355317_10482167.jpg
普段は18:30になると夜と昼が逆転し、放飼場が明るくなるんですが
この日は一向に暗いままで、そうこうしているうちに大放飼場のメンバーは皆、巣箱に入ってしまいました
皆さん、体内時計が正確です

ようやく点灯されたのは18:40頃で、誰もいない放飼場を虚しく照らしていました
小放飼場で唯一、この子がまだ外にいた為、ほんの一瞬でしたが
何とか姿を見る事ができました

b0355317_10560260.jpg
ハイイロジェントルキツネザル

「にんじんもってるー!かわいいー!」
と訪れる人全てに同じ言葉を吐かせてしまう
言霊を操る能力の持ち主であります

b0355317_11031715.jpg
あなたが次に口にする言葉はこうだ
「にんじんたべてるー!かわいいー!」

b0355317_11051967.jpg
ほらね!

b0355317_11055429.jpg
両生爬虫類館にて

ナイトビバリウムと銘打たれ、動物たちのために照明を暗めにしてあります

b0355317_11073673.jpg
チュウゴクワニトカゲ

b0355317_11080125.jpg
サビトマトガエル

b0355317_11084297.jpg
チョウセンスズガエル

映り込みが日中より減る為、多少は撮りやすくなるかも
・・・と言いたいところですが、かなり薄暗い為、やはり撮影困難ではあります

b0355317_11103748.jpg
グリーンイグアナ

暗いスポットにいる子は、たいてい爆睡していました

b0355317_11113562.jpg
ベニイロフラミンゴです

時刻は19:00を回ったところ
外はもう、かなり暗くなっていました

[PR]

by manyamou02 | 2016-08-26 12:05 | 上野動物園 | Comments(0)

上野動物園:両生爬虫類館「ホネトハ展」

b0355317_17265460.jpg
上野動物園の両生爬虫類館で期間限定で行われる特設展示
これが毎度、非常にこだわった内容で小スペースながら見応えがあるんですが

b0355317_17295766.jpg
現在開催されている「ホネトハ展」も中々濃い展示内容で実に楽しいので、その一部をご紹介

オオサンショウウオの骨格標本です

b0355317_17321871.jpg
骨格標本って、博物館でも行かないと意外と見る機会が少ないので新鮮な感動があります。

オオサンショウウオの骨格なんて初めて見たかも

b0355317_17334838.jpg
トウキョウダルマガエル

b0355317_17344826.jpg
飛んでいる姿をコーティングした見事な標本

b0355317_17360825.jpg
ガラガラヘビの一種

b0355317_17365383.jpg
キングコブラ

b0355317_17374990.jpg
マタマタ

b0355317_17390484.jpg
ミシシッピアカミミガメ

b0355317_17395195.jpg
イグアナの一種

b0355317_17402287.jpg
エボシカメレオン

b0355317_17563962.jpg
コモドオオトカゲ来たーーー!

b0355317_17570602.jpg
いやいや、これには感動です

いつか生きている本物にお会いしたいものです

b0355317_17580288.jpg
イベリアトゲイモリ

外敵から身を守る際、肋骨を体から突き出すという信じられない防御をします
骨を突き出すと皮膚に穴が開いてしまうんですが、その傷はすぐに治ってしまうんだそうです

b0355317_18025245.jpg
トビトカゲ・・・こんな風になってるんだ!!

「ホネトハ展」は9/30まで開催。お立ち寄りの際は是非♪

[PR]

by manyamou02 | 2016-08-14 19:50 | 上野動物園 | Comments(0)

上野動物園:両生爬虫類館は個性派揃い!

b0355317_09522969.jpg
よく真ん前でくつろいでいる人気者のイリエワニ「フック」

上野動物園の両生爬虫類館で会える個性派をご紹介

b0355317_09544235.jpg
は~いGYO

オーストラリアハイギョです

b0355317_09554068.jpg


b0355317_09561892.jpg
チュウゴクワニトカゲ

b0355317_09564062.jpg
コモリガエル(ピパピパ)

b0355317_09574676.jpg
ド迫力のオオアナコンダ

b0355317_09591434.jpg
マレーガビアル

b0355317_10002936.jpg
フトアゴヒゲトカゲ

b0355317_10030838.jpg
すやすや

b0355317_10033173.jpg
オオサンショウウオ

ヨーロッパヘビトカゲ

・・・ヘビ? ではなく、なんと足のないトカゲです
どこが違うんだと突っ込まれがちですが
トカゲには目蓋があり、耳の穴があります
(ヘビにはどちらもありません)

[PR]

by manyamou02 | 2016-08-06 21:40 | 上野動物園 | Comments(0)

上野動物園:両生爬虫類館の個性派たち その2

b0355317_17435878.jpg
つぶらな瞳が可愛い、ニシアフリカコガタワニ

b0355317_17445497.jpg
西アフリカと中央アフリカの
森林地帯の渓流や沼地に棲む小型のワニです

b0355317_17472864.jpg
メキシコサラマンダー

b0355317_17480747.jpg
マダガスカルに生息するテングキノボリヘビ

b0355317_17501404.jpg
こちらがオスで

b0355317_17503547.jpg
こちらがメス

b0355317_17510358.jpg
鮮やかな体色も美しいマダガスカルヒルヤモリ

b0355317_17521732.jpg
太古を偲ばす風貌のヒナタヨロイトカゲ

ケニア、コンゴ、ザンビア等に生息

b0355317_17561230.jpg
フトアゴヒゲトカゲ

b0355317_17570892.jpg
ここの個体は、ワイルドでかっこよいのです

[PR]

by manyamou02 | 2016-07-02 19:50 | 上野動物園 | Comments(0)

上野動物園:両生爬虫類館の個性派たち

b0355317_17100494.jpg
極端な配色がなんとも不思議なガイアナカイマントカゲ

上野動物園・両生爬虫類館の個性的な面々をご紹介~

b0355317_17123399.jpg
チュウゴクワニトカゲ

b0355317_17131713.jpg
ワイルドなフォルムがたまりません
尾の形がワニに似ているのが、その名の由来

b0355317_17151186.jpg
ミツユビアンフューマ

アメリカ南東部に棲む両生類

b0355317_17175935.jpg
名前が示す通り、小さな三本指があります

b0355317_17190164.jpg
夜行性で、夜になると岩の下や草陰の巣から這い出し、昆虫や小魚などを捕食します

b0355317_17220932.jpg
グレーターサイレン

ニューヨーク~アラバマ州、フロリダ半島に生息する両生類

b0355317_17253742.jpg
こちらは前肢しかありません

b0355317_17265617.jpg
・・・かわいい

完全な水棲で、水が干上がると繭を作って休眠するそうです

珍しく、ちょっと活動的な姿が見られました

b0355317_17300381.jpg
お休み中のフトアゴヒゲトカゲ

[PR]

by manyamou02 | 2016-07-01 19:50 | 上野動物園 | Comments(0)