<   2017年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

五つ子マヌルっ仔!~ロータスとプリームラはあっちっち!?

b0355317_21122783.jpg
ロータス(右)とプリームラです

昨日に続き、埼玉県こども動物自然公園よりマヌルネコの子供たち

b0355317_21175089.jpg
じゃれじゃれ

b0355317_21181908.jpg
ばしっ!

「あだっ!なにすんにゃ!!」

b0355317_21190681.jpg
「あいじょうのうらがえしにゃ」

b0355317_21195965.jpg
「そんな、おとめごころ わかってくださいにゃ」

上の写真と比べるとアレですが、ぷりてぃきゅうとなプリームラちゃんです

b0355317_21225485.jpg
イーリスです

b0355317_21233249.jpg
こちらはグルーシャ

閉園間際、皆がまったりとしている頃・・・

b0355317_21243036.jpg
プリームラ(下)とロータスは熱愛中!?

b0355317_21262467.jpg
「もっと、やさしくするにゃ!」

b0355317_21265758.jpg
「おれのあつい おもいは とまらないぜ はにい」

b0355317_21274699.jpg
「おきゃくさん ただみは いけないにゃ」

呼吸もぴったりな二頭であります


夕刻、元気に遊び回る子供たち

[PR]

by manyamou02 | 2017-10-23 21:45 | 埼玉県こども動物自然公園 | Comments(0)

五つ子マヌルっ仔!~まうんとまぬる

b0355317_20490576.jpg
格闘するマヌルネコの子どもたち

先月初旬の埼玉県こども動物自然公園より

b0355317_20495480.jpg
「おにょれー!このー!」

b0355317_20503517.jpg
「どりゃー!」

何とかはねのけました

b0355317_20524268.jpg
フォールされていたのはグルーシャのようです

b0355317_20533620.jpg
落ち着いたところで、ダンボールの上を占拠

b0355317_20542101.jpg
「ちょこをどけー!」
「にゃにおー!」

間髪入れずに、再びたたかいのゴングが鳴ります

b0355317_20552406.jpg
結局、グルーシャは追いやられてしまいます

b0355317_20582989.jpg
お立ち台の座を奪ったのはロータス

b0355317_20590424.jpg
「くちょう・・・」

下からスキを伺っているグルーシャ

b0355317_20594762.jpg
「おうりゃっ!!」

グルーシャの反撃!

b0355317_21003908.jpg
「まいったかー!」
「うむむー」

必殺の押さえ込みであります

この日は、子供たちのマウント合戦がしばしば見られたんですが
まだまだ優劣を競うといった感じではなく
じゃれ合いの延長といった様子でした

[PR]

by manyamou02 | 2017-10-22 21:10 | 埼玉県こども動物自然公園 | Comments(0)

ベビウソトリオ!~カワウソ一家おうちへ帰る

b0355317_21404378.jpg
「はい、いーこ、いーこ」
子供をあやしているかのようなシズク母さん

昨日に続き、智光山公園こども動物園のコツメカワウソ舎より

b0355317_21422873.jpg
愛情たっぷりであります

b0355317_21470808.jpg
じゃれあう子供たち

b0355317_21475338.jpg
バタ足の練習中(違

b0355317_21485526.jpg
「はい、帰りますよ」

b0355317_21493904.jpg
「まだ、あそぶー!」

b0355317_21502550.jpg
「ぜんしんあるのみ!」

b0355317_21510178.jpg
「ちょっと、きゅうけい」

b0355317_21520118.jpg
「なに、みてんだお」

b0355317_21531570.jpg
「ささ、帰りますよ」

この日、子供たちが外にいたのは一時間ぐらい
最後は皆で一緒にバックヤードへ戻って行きました
(おとなたちはその後もまた出てきました)

b0355317_21540501.jpg
「それでは、みなちゃまごきげんよう」

[PR]

by manyamou02 | 2017-10-21 22:10 | 智光山公園こども動物園 | Comments(0)

命名!ベビウソトリオ!!

b0355317_14591461.jpg
コツメカワウソのシズク母さんとちびっ子

8月下旬の智光山公園こども動物園より

b0355317_15004044.jpg
がぶりんこ

少々過激な親子のスキンシップ

b0355317_15013335.jpg
よしよし

b0355317_15015576.jpg
水の中でも仲良し家族

b0355317_15031953.jpg
時に、子供たちのことを忘れて夢中になって遊んでることもありますが
そこは、ご愛敬

b0355317_15042636.jpg
そんなチャーミングなアキ&シズク夫妻であります

b0355317_15073234.jpg
ベビウソたちは果敢に泳ぎの練習中

b0355317_15081196.jpg


b0355317_15090122.jpg
こちらも時には泳ぎの練習をほったらかしてじゃれあってます

b0355317_15095308.jpg
「はいはい、ケンカはそこまで」

b0355317_15102039.jpg
そして強制退場

先日、ベビウソトリオの命名式が行われました!
誕生日の6/17にちなんで、その名も「ロク」、「イチ」、「ナナ」


[PR]

by manyamou02 | 2017-10-20 20:58 | 智光山公園こども動物園 | Comments(2)

6月のチーター三兄妹~甘えんぼうクラリス

b0355317_21422191.jpg
走って来るアイガー

昨日に続き、多摩動物公園のチーター三兄妹

b0355317_21432738.jpg
きたきたー!

b0355317_21434039.jpg
素早く角度を変えて

b0355317_21443192.jpg
ジャーンプ!!

b0355317_21460377.jpg
そして、一斉に走り出す子供たち

b0355317_21464108.jpg


b0355317_21470422.jpg
「ふう~はしった、はしった」

b0355317_21474655.jpg
ジョラスです

b0355317_21481496.jpg
クラリスかな?

走り回った後は、シュパーブ母さんの足元で休憩です

クラリスです
まだまだ甘えたいお年頃であります

[PR]

by manyamou02 | 2017-10-19 21:55 | 多摩動物公園 | Comments(0)

6月のチーター三兄妹

b0355317_21263362.jpg
アイガーです

ちょっとばかり日付をさかのぼって
6月中旬の多摩動物公園・チーター舎より

b0355317_21275463.jpg
手前アイガー、奥クラリス
日に日に表情が凛々しくなってきました

b0355317_21292062.jpg
ジョラス

b0355317_21301461.jpg
もういっちょうジョラス

b0355317_21304600.jpg
おめめしぱしぱ

b0355317_21322898.jpg
凛々しき横顔

b0355317_21332295.jpg
くつろぎのアイガー

b0355317_21341807.jpg
そろそろ眠くなってきたクラリス

b0355317_21344777.jpg
シュパーブ母さん

b0355317_21351697.jpg
いっしょに、まったり


この日の様子~

[PR]

by manyamou02 | 2017-10-18 21:45 | 多摩動物公園 | Comments(0)

ギガ恐竜展2017~コエロフィシス

b0355317_13441587.jpg
コエロフィシス・バウリ
三畳紀後期に生息した、北米で知られる最古級の恐竜の一種

b0355317_13494678.jpg
骨は中空で軽い体をしており、名前の由来(コエロフィシス:中空な形)となっています

b0355317_13593590.jpg
コエロフィシス産状化石
原始的な獣脚類で前肢には4本目の指の名残があります(より進化した獣脚類は三本以下)

b0355317_14032867.jpg
コエロフィシス頭骨

b0355317_14050579.jpg
コエロフィシス骨盤

b0355317_14062654.jpg
コエロフィシス頸椎・後肢

b0355317_13181087.jpg
ニューメキシコ州ゴーストランチで発掘された
三畳紀後期のコエロフィシスの密集化石

b0355317_13222402.jpg
「コエロフィシスは共喰いをしていた」といった説がよく知られていますが
近年の研究で、彼らの体内で見つかった化石は同類のものではなく
初期のワニ類のヘスペロスクスのものだとわかったそうです

b0355317_13341866.jpg
エオラプトル・ルネンシス:三畳紀後期
以前は原始的な肉食性の獣脚類と考えられていましたが
明確な答えは出ておらず、上顎の歯が多く、大きな鋸歯を持ち、歯のカーブが少ないといった特徴から
肉食性ではないという可能性を示しています

b0355317_21411282.jpg
ヘレラサウルス・イスキグアラステンシス:三畳紀後期
アルゼンチンのイスキグアラスト層で発見された
手には五本、足には四本の指がある原始的な獣脚類

b0355317_21502147.jpg
日本初公開となるエクイジュブス・ノルマニの産状化石

b0355317_21535280.jpg
こちらが以前の記事でも紹介した全身骨格
中国甘粛省の白亜紀前期の地層から発見されたイグアノドン類です

[PR]

by manyamou02 | 2017-10-17 22:07 | ギガ恐竜展2017 | Comments(0)

ユキヒョウっ仔「フク」デビュー!!

b0355317_22215558.jpg
6/2生まれのユキヒョウっ仔「フク」

b0355317_22271146.jpg
発育が遅れているようで、ファンの間でも長らく心配されていましたが
先週12日、ついに放飼場デビューを果たしました
翌13日が雨で公開中止だったので、私が見に行った14日がまだ公開二日目となります

b0355317_22280394.jpg
11:30 公開時間とともに母親となったミミが颯爽と登場
マイペースで臭いづけをしたりと放飼場を満喫しております
しかし、初日もそうだったようですが、この日もフクは中々外へ出てきてくれません

b0355317_22314888.jpg
モニターで室内の様子を確認
画面右下の隅っこでじっとしていて
出てくる気配は全くありません

b0355317_22361044.jpg
それでも、ミミが何度か呼びに行くと・・・

b0355317_22365711.jpg
ひょこっ

b0355317_22371587.jpg
慎重に外の様子を伺いつつ・・・

b0355317_22380230.jpg
ついに出てきました!!

b0355317_22392278.jpg
ミミを追い求める姿がもうたまらなくキュートです

b0355317_22400624.jpg
あいさつ~

b0355317_22402782.jpg
ミミもすっかり母親の顔になっていて感無量です(T-T)

b0355317_22411341.jpg
しかし、フクが外に出ていたのは束の間で、すぐにまたバックヤードへ戻ってしまい
同時に、朝から降り続けていた小雨がタイミングを合わせたかのように強くなってきて
12:10過ぎには残念ながら公開中止となってしまいました

生後4か月の割には、発育が悪いのかなあという印象が強いですが
今後の元気な成長を期待しつつ、また近いうちに会いに行こうと思います

[PR]

by manyamou02 | 2017-10-16 22:55 | 多摩動物公園 | Comments(0)

ありがとうジプシーさん

b0355317_11213669.jpg
穏やかな秋の日差しを浴びてまどろんでいるジプシーさん

昨年11月中旬の多摩動物公園オランウータン舎より

b0355317_11230668.jpg
そこへリキがやって来て

b0355317_11233983.jpg
ショールをかっさらって行きます

b0355317_11240784.jpg
さらにジプシーの頭上から・・・

b0355317_11243866.jpg
「とーーーーおうっ!」
って、コラ!!

b0355317_11253157.jpg
転がり落ちるリキ

b0355317_11255839.jpg
とまあリキの結構、過激なチャージもしばしばあったりして
ドキドキしたものです

b0355317_11271662.jpg
そんな、やんちゃ坊にも優しく接していたジプシー

b0355317_11281593.jpg
おイタもほどほどにね

b0355317_11304003.jpg
一方、その頃キキ母さんは・・・

b0355317_11310998.jpg
「綺麗でしょ?」

タオルの束で遊んでいました
ジプシーがリキの面倒を見てくれるので、キキも余裕をもって群れの中で過ごせます

b0355317_11331400.jpg
リキはジプシーのそばにいるのが大好きなようで、すっかりお祖母ちゃんっ子です

※リキはジプシーの孫ではありません




ありがとうジプシーさん
[PR]

by manyamou02 | 2017-10-15 20:55 | 多摩動物公園 | Comments(0)

深海2017~生物発光「カウンターイルミネーション」

b0355317_10415686.jpg
ホウライエソ
腹側の発光器を光らせ、かすかに届く太陽光と同調させることにより自身の姿を隠します
このような発光の役割を「カウンター・イルミネーション」(逆照射)と呼びます

b0355317_10474274.jpg
ホタルイカ
腹側に無数に分布する粒状の発光器がカウンターイルミネーションの役割を果たしています

b0355317_10582977.jpg
フジクジラ
腹側に小さな発光器が無数にあり、青く光ります
深海に棲むサメの仲間では、フジクジラが属するカラスザメ科とヨロイザメ科の中に発光する種がいます

b0355317_12505948.jpg
ムラサキカムリクラゲ
体の中央のドーム状部分の周囲が円を描くように発光します
これは捕食者に襲われた際に、より大きな捕食者を呼び寄せ
目の前の敵を襲わせて、自分が逃げる為と考えられています

JAMSTECのHPより「ムラサキカムリクラゲ

b0355317_13133153.jpg
デメニギス
「管状眼」と呼ばれる筒状で先端にレンズ(眼球)のついた特殊な目を持っています
この緑色の眼球は太陽光のかすかな光を吸収し
カウンターイルミネーションで身を隠した生物を見破ると考えられています

モントレー湾水族研究所(MBARI)のブルース・ロビソン博士らにより撮影された
あまりに有名なデメニギスの動画

b0355317_22411058.jpg
クロソコイワシ
まるでフクロウのような大きな目ということで「アウルフッシュ」とも呼ばれます
体を立てて、上をじっと見つめその大きな目でカウンターイルミネーションを見破ると考えられています

b0355317_22470269.jpg
ナンキョクオキアミ
オキアミ類の中でも最大の種
目の付け根と胸部、腹部に発光器があり、青白く光ります

[PR]

by manyamou02 | 2017-10-14 22:55 | 深海2017 | Comments(0)