カテゴリ:市川市動植物園( 19 )

市川市動植物園~自然博物館一番の人気者の正体とは・・・

b0355317_10414888.jpg
ハシブトガラス
こんなにかっこいいカラスの剥製って初めて見ました

昨日に続き、市川自然博物館をご案内~

b0355317_10443494.jpg
今にも飛び立ちそうじゃないですか!

b0355317_10451782.jpg
ハシボソガラスも展示してあるのが、また憎いです

b0355317_10470153.jpg
鳴き声が聞こえてきそうなスズメたち

b0355317_10473395.jpg
ムクドリ

特に、この一連の身近な鳥たちの剥製たちが実に良い出来でですね・・・

b0355317_10484773.jpg
カワラヒワ

b0355317_10493777.jpg
ヒヨドリ

b0355317_10501315.jpg
オナガ

b0355317_10505771.jpg
キジバト

b0355317_10515904.jpg
剥製だけでなく、ちょっとした小動物の展示もあったんですが
中でも極め付けがこちらのシロヘビ
市内で捕獲されたものなんだそうです

b0355317_10534380.jpg
この日は天気の良い週末で、子供たちもたくさんいたんですが
「ヘビさんに会いに行くー!」って走って来る子や
「今日は元気だねー!」って言ってる子もいて
地域の方々の人気者のようで、何だかすごくほっこりしました

b0355317_10572363.jpg
元々は、地域の方の苦情により捕獲された個体が
こうして動物園(博物館)で飼育されることにより
人気者になるというのは面白いというか
生物に対する興味や知識を伝えていく動物園の一つの役割を
あらためて感じた次第であります

[PR]

by manyamou02 | 2017-05-21 20:55 | 市川市動植物園 | Comments(0)

市川市動植物園~自然博物館

b0355317_22380880.jpg
アナグマの営巣地を再現した見事なジオラマ

市川市動植物園のレストハウス内にある展示室にて

b0355317_22573615.jpg
なるほど、巣穴で暮らすからアナグマと呼ばれるのかと一目で理解できる素晴らしさ

b0355317_01360433.jpg
こちらはカワウソ

b0355317_01371379.jpg
岩の割れ目や、木の根元などを利用し、時には自ら掘ったりもしますが
アナグマほど複雑な巣穴は作りません

b0355317_01400985.jpg
園内にある自然博物館

b0355317_19395932.jpg
入口付近で市川梨丸くんが出迎えてくれました

b0355317_19414163.jpg
市川市の自然がテーマとなっており
展示してある剥製の数々が素晴らしい出来でした

ノウサギ

b0355317_19463479.jpg
タヌキ

b0355317_19465286.jpg
フクロウ

b0355317_19473717.jpg
ハクビシン

b0355317_19475566.jpg
もういっちょうフクロウ
躍動感あふれるポージングが見事です

b0355317_19490510.jpg
タヌキの骨格標本

b0355317_19502008.jpg
何故かイリエワニ

ちびっ子たちに大人気でした(^^)

[PR]

by manyamou02 | 2017-05-20 20:57 | 市川市動植物園 | Comments(0)

市川市動植物園~フェネックとなかよしひろば

b0355317_20084795.jpg
市川市動植物園のフェネックさん

b0355317_20095351.jpg
日中はお休みモードだったんですが
夕刻、足を運ぶと活動的になってました

b0355317_20110020.jpg
こちらがフェネックたちの放飼場

b0355317_20113001.jpg
水分補給

b0355317_20120811.jpg
ホンドタヌキのムク

周南市徳山動物園(山口県)出身で2013.5.16生まれ
なんて美少女なんだと思いきや、男の子でした

b0355317_20153192.jpg
エミュー

竹やぶの向こうにエミューが顔をのぞかせるという何とも不思議な風情が楽しめます

b0355317_20221411.jpg
立派なパドックにはポニーがいました

b0355317_20171374.jpg
なかよしひろば

早速、中へ入ってみましょう

b0355317_20194330.jpg
ひたすら鎖をかじっていたヤギ

これこれ、そんなのかじってると歯によくないよ

b0355317_20210136.jpg
場内を闊歩していたミニブタ

b0355317_20213677.jpg
愛らしすぎる寝顔

[PR]

by manyamou02 | 2017-05-08 20:50 | 市川市動植物園 | Comments(0)

市川市動植物園~ミーアキャットとヤマアラシ

b0355317_10363563.jpg
傾きかけたお日さまを眺めているミーアキャットたち

b0355317_10382549.jpg
市川市動植物園レポが中断していたので、久々に再開
こちらがミーアキャットの放飼場

b0355317_10400578.jpg


b0355317_10401953.jpg


b0355317_10411229.jpg
同じく、「小獣ゾーン」と呼ばれる一帯にいるアフリカタテガミヤマアラシ

b0355317_10424745.jpg
どしっ!

b0355317_10432046.jpg
「私の背後に立つな!」

b0355317_10450378.jpg
こんな感じの放飼場です

b0355317_10454162.jpg
ここにいるカナダヤマアラシはブラットくんとリーフちゃん

b0355317_10464885.jpg
どちらがどちらかは分かりません(;^_^A

b0355317_10473823.jpg
随分と尾部が長いなと思ったら二匹いました
なかよしカップルであります


[PR]

by manyamou02 | 2017-05-07 20:55 | 市川市動植物園 | Comments(0)

市川市動植物園のレッサーパンダたち

b0355317_20372582.jpg
たれパンダなムギくん

11月下旬の市川市動植物園より

b0355317_20382835.jpg
ムギは9月に京都市動物園からやってきたばかりの
まだ1歳の男の子

b0355317_20395413.jpg
季節がら、可愛らしいリースも登場していました

b0355317_20414380.jpg
夕刻、再び足を運ぶと
今度はムギくん起きてた

b0355317_20424929.jpg
毛づくろい

b0355317_20433090.jpg
お隣のメイトがめっちゃ気になる様子

b0355317_20450905.jpg
そして、せっせと放飼場内をパトロール
日中はひたすら寝てたんですが、日が傾きだしたら
めっちゃ活動的でした

b0355317_20463926.jpg
それでは、ごく一部ですが
この日会えた(というか、まともに写真が撮れた)子たち

やんちゃそうな表情をしているのはハオ♂
2005.6.14生まれ

b0355317_20485692.jpg
愛らしい寝姿のナミ♀
2002.7.15生まれ

b0355317_20501638.jpg
手描き掲示が実にいい味を出しております

b0355317_20505396.jpg
売店で購入したガイドブック
何が凄いってコレ、レッサーパンダとコツメカワウソ単独のガイドブックなんです
こんなの初めて見ました

b0355317_20523363.jpg
個体紹介や、観察ポイント等々内容も盛りだくさん

いやあ是非、他園でもやってほしいなあ

[PR]

by manyamou02 | 2017-05-06 21:15 | 市川市動植物園 | Comments(0)

市川市動植物園~フライングケージその2:嗚呼、シュバシコウ様

b0355317_21182203.jpg
目の前に飛んできたシロトキ

昨日に続き、市川市動植物園・フライングケージより

b0355317_21202676.jpg
「我を崇め称えよ!」

ははー!

b0355317_21213059.jpg
華麗な一本足立ちのシュバシコウ

b0355317_21220747.jpg
一本足の代名詞と言えば、何といってもこちら
チリーフラミンゴ

いつも思うんですが、なんでこんな細い足一本で体を支えれるのか不思議です
しかも寝てるし

b0355317_21234708.jpg
シュバシコウ殿が、ぐっと近くまで来てくれました

b0355317_21244481.jpg
いやあ、お美しい\(//∇//)
これこそ、このフライングケージの醍醐味であります

b0355317_21253704.jpg
夕刻、何かに呼ばれているような気がして再び足を運ぶと
入口通路の上空に、シュバシコウが佇んでいました

b0355317_21270618.jpg
素敵に見下ろされましたよ

b0355317_21280146.jpg
お帰りはこちらでございます
扉の閉め忘れに、くれぐれもご注意くださいませ

*現在、残念ながらこちらのバードケージは鳥インフルエンザ予防の為、公開を中止しています。
早期の鎮静と、全ての動物たちが健やかに暮らしていけることを祈っております

[PR]

by manyamou02 | 2017-02-13 12:05 | 市川市動植物園 | Comments(0)

市川市動植物園~フライングケージ

b0355317_10342805.jpg
真っ赤なクチバシも美しいシュバシコウ


b0355317_10355981.jpg
市川市動植物園の名施設、フライングケージ

b0355317_10374159.jpg
開放感あふれる放飼場内では、ほぼゼロ距離で
鳥たちの姿を楽しむことができます

b0355317_10392030.jpg


b0355317_10395531.jpg
きりっとシュバシコウ

b0355317_10403066.jpg
シュバシコウ軍団

b0355317_10410340.jpg
フラミンゴ軍団

放飼場内には、ベニイロフラミンゴとチリーフラミンゴがいます

b0355317_10424256.jpg
ムギワラトキ

b0355317_10453067.jpg
羽毛が構造色(光の波長等で生じる発色)できらきらと輝いて綺麗です

b0355317_10493689.jpg
シロトキと餌場を取り合っております

b0355317_10502567.jpg
「今日の所は勘弁しといてやらあ!」

b0355317_10510838.jpg
「勝利!」

まあ、みなさん仲良く・・・という訳にはいかないようで

*現在、残念ながらこちらのバードケージは鳥インフルエンザ予防の為、公開を中止しています。
早期の鎮静と、全ての動物たちが健やかに暮らしていけることを祈っております

[PR]

by manyamou02 | 2017-02-12 12:05 | 市川市動植物園 | Comments(0)

市川市動植物園~スマトラオランウータン「イーバン」その2

b0355317_21044541.jpg
昨日に続き、超おっとこ前なオランウータン「イーバン」殿

b0355317_21064301.jpg
放飼場の様子を紹介しておきましょう

b0355317_21074786.jpg
東山動植物園と似た雰囲気があり、すごく懐かしく感じました

b0355317_21094025.jpg
夕刻、再び訪れると真ん前でくつろいでました

b0355317_21104231.jpg
行動開始

b0355317_21110698.jpg
ぶら~ん

b0355317_21114846.jpg
ロープを利用して、軽快に移動

バックヤードからスーミーさんとリリーちゃん母娘がのぞいています

b0355317_21155533.jpg
この後、イーバンはずーっとここから動こうとはしませんでした
まるで彼女たちと会話をしているようです

b0355317_21174106.jpg
おまけ:私も投げられたい気もしますが、そこはぐっと我慢して
彼女たちのストレスにならないように、そっと観察しましょう

b0355317_21200383.jpg
500キロ以上あるとも言われるオランウータンの握力
その脅威のパワーを見せつける展示がこちら

[PR]

by manyamou02 | 2017-02-04 12:05 | 市川市動植物園 | Comments(0)

市川市動植物園~スマトラオランウータン「イーバン」

b0355317_20474325.jpg
スマトラオランウータンの「イーバン」くん
ほれぼれする程のイケメンっぷりであります

b0355317_20505893.jpg
1988年生まれ
インドネシアのメダン市からやってきました

b0355317_20541765.jpg
「ギャラリーがいると燃えるタイプ」と案内掲示にありましたが・・・

b0355317_20550998.jpg
私が彼にカメラを構えるや、ぐいぐいとこちらに向かってきます

b0355317_20571019.jpg
すたっ!

b0355317_20574290.jpg


b0355317_20580643.jpg
真ん前まで来てくれました
看板に偽りなしであります\(//∇//)

b0355317_20590624.jpg
いやあ、それにしてもホント男前であります
どうですか、この立派過ぎるフランジ

b0355317_20594783.jpg
「ふっ、照れるじゃないか」

b0355317_21005737.jpg
多摩動物公園やズーラシアにいるのはボルネオオランウータン
市川市動植物園にいるのはスマトラオランウータンで
国内にいるのは僅かに10頭だけ

b0355317_21042673.jpg
市川市動植物園以外のスマトラオランウータンは、全てが同じ血統
つまり、市川のオランたちこそが国内のスマトラオランウータンの未来を背負っていると言っても過言ではありません

昨年、12歳になったウータンくんが豊橋総合動植物公園のんほいパークへ婿入りしました
お相手は、ウランちゃん。東山動植物園の帝王バラン殿の忘れ形見であります

このカップリングが、是非うまくいくよう心から願っております

[PR]

by manyamou02 | 2017-02-03 12:05 | 市川市動植物園 | Comments(2)

市川市動植物園~レッサーパンダのりんごTIME

b0355317_20475975.jpg
りんご片手にご満悦の梨花

11月下旬の市川市動植物園より

b0355317_20503384.jpg
時刻は13:00 りんごTIMEが始まるというので、放飼場へ足を運ぶと
いきなり優花がバックヤードへ帰って行ってしまいました
優花がりんご好きすぎて、梨花と争いになるために、この時だけは優花を隔離するんだそうです

b0355317_21004957.jpg
飼育員さんの気配を察知し、木から降りてくる梨花

b0355317_21013392.jpg
「まだ?りんごまだ?」

b0355317_21020594.jpg
全力待機の梨花

b0355317_21023944.jpg
そして、りんごを持った飼育員さんの登場

b0355317_21031455.jpg
飼育員さんの後についていく梨花

b0355317_21042078.jpg
梨花ちゃん、初めてお会いしたんですが
何というか品のある子ですね

b0355317_21053164.jpg
りんごを目の前にして、ヒートアップすることもなく
淡々とマイペースでいただいております

b0355317_21064371.jpg
梨花のりんごTIMEが終了したところで、再び優花が登場

b0355317_21073924.jpg
ざんざんと力強く放飼場を進んでいきます

b0355317_21081808.jpg
新しくセッティングされた笹のもとへ

b0355317_21085887.jpg
どうやら、笹は争いの元にならないようで
二頭仲良く食べていました

[PR]

by manyamou02 | 2017-01-24 12:05 | 市川市動植物園 | Comments(0)