市川市動植物園~フライングケージその2:嗚呼、シュバシコウ様

b0355317_21182203.jpg
目の前に飛んできたシロトキ

昨日に続き、市川市動植物園・フライングケージより

b0355317_21202676.jpg
「我を崇め称えよ!」

ははー!

b0355317_21213059.jpg
華麗な一本足立ちのシュバシコウ

b0355317_21220747.jpg
一本足の代名詞と言えば、何といってもこちら
チリーフラミンゴ

いつも思うんですが、なんでこんな細い足一本で体を支えれるのか不思議です
しかも寝てるし

b0355317_21234708.jpg
シュバシコウ殿が、ぐっと近くまで来てくれました

b0355317_21244481.jpg
いやあ、お美しい\(//∇//)
これこそ、このフライングケージの醍醐味であります

b0355317_21253704.jpg
夕刻、何かに呼ばれているような気がして再び足を運ぶと
入口通路の上空に、シュバシコウが佇んでいました

b0355317_21270618.jpg
素敵に見下ろされましたよ

b0355317_21280146.jpg
お帰りはこちらでございます
扉の閉め忘れに、くれぐれもご注意くださいませ

*現在、残念ながらこちらのバードケージは鳥インフルエンザ予防の為、公開を中止しています。
早期の鎮静と、全ての動物たちが健やかに暮らしていけることを祈っております

[PR]

by manyamou02 | 2017-02-13 12:05 | 市川市動植物園 | Comments(0)

市川市動植物園~フライングケージ

b0355317_10342805.jpg
真っ赤なクチバシも美しいシュバシコウ


b0355317_10355981.jpg
市川市動植物園の名施設、フライングケージ

b0355317_10374159.jpg
開放感あふれる放飼場内では、ほぼゼロ距離で
鳥たちの姿を楽しむことができます

b0355317_10392030.jpg


b0355317_10395531.jpg
きりっとシュバシコウ

b0355317_10403066.jpg
シュバシコウ軍団

b0355317_10410340.jpg
フラミンゴ軍団

放飼場内には、ベニイロフラミンゴとチリーフラミンゴがいます

b0355317_10424256.jpg
ムギワラトキ

b0355317_10453067.jpg
羽毛が構造色(光の波長等で生じる発色)できらきらと輝いて綺麗です

b0355317_10493689.jpg
シロトキと餌場を取り合っております

b0355317_10502567.jpg
「今日の所は勘弁しといてやらあ!」

b0355317_10510838.jpg
「勝利!」

まあ、みなさん仲良く・・・という訳にはいかないようで

*現在、残念ながらこちらのバードケージは鳥インフルエンザ予防の為、公開を中止しています。
早期の鎮静と、全ての動物たちが健やかに暮らしていけることを祈っております

[PR]

by manyamou02 | 2017-02-12 12:05 | 市川市動植物園 | Comments(0)

市川市動植物園~スマトラオランウータン「イーバン」その2

b0355317_21044541.jpg
昨日に続き、超おっとこ前なオランウータン「イーバン」殿

b0355317_21064301.jpg
放飼場の様子を紹介しておきましょう

b0355317_21074786.jpg
東山動植物園と似た雰囲気があり、すごく懐かしく感じました

b0355317_21094025.jpg
夕刻、再び訪れると真ん前でくつろいでました

b0355317_21104231.jpg
行動開始

b0355317_21110698.jpg
ぶら~ん

b0355317_21114846.jpg
ロープを利用して、軽快に移動

バックヤードからスーミーさんとリリーちゃん母娘がのぞいています

b0355317_21155533.jpg
この後、イーバンはずーっとここから動こうとはしませんでした
まるで彼女たちと会話をしているようです

b0355317_21174106.jpg
おまけ:私も投げられたい気もしますが、そこはぐっと我慢して
彼女たちのストレスにならないように、そっと観察しましょう

b0355317_21200383.jpg
500キロ以上あるとも言われるオランウータンの握力
その脅威のパワーを見せつける展示がこちら

[PR]

by manyamou02 | 2017-02-04 12:05 | 市川市動植物園 | Comments(0)

市川市動植物園~スマトラオランウータン「イーバン」

b0355317_20474325.jpg
スマトラオランウータンの「イーバン」くん
ほれぼれする程のイケメンっぷりであります

b0355317_20505893.jpg
1988年生まれ
インドネシアのメダン市からやってきました

b0355317_20541765.jpg
「ギャラリーがいると燃えるタイプ」と案内掲示にありましたが・・・

b0355317_20550998.jpg
私が彼にカメラを構えるや、ぐいぐいとこちらに向かってきます

b0355317_20571019.jpg
すたっ!

b0355317_20574290.jpg


b0355317_20580643.jpg
真ん前まで来てくれました
看板に偽りなしであります\(//∇//)

b0355317_20590624.jpg
いやあ、それにしてもホント男前であります
どうですか、この立派過ぎるフランジ

b0355317_20594783.jpg
「ふっ、照れるじゃないか」

b0355317_21005737.jpg
多摩動物公園やズーラシアにいるのはボルネオオランウータン
市川市動植物園にいるのはスマトラオランウータンで
国内にいるのは僅かに10頭だけ

b0355317_21042673.jpg
市川市動植物園以外のスマトラオランウータンは、全てが同じ血統
つまり、市川のオランたちこそが国内のスマトラオランウータンの未来を背負っていると言っても過言ではありません

昨年、12歳になったウータンくんが豊橋総合動植物公園のんほいパークへ婿入りしました
お相手は、ウランちゃん。東山動植物園の帝王バラン殿の忘れ形見であります

このカップリングが、是非うまくいくよう心から願っております

[PR]

by manyamou02 | 2017-02-03 12:05 | 市川市動植物園 | Comments(2)

市川市動植物園~レッサーパンダのりんごTIME

b0355317_20475975.jpg
りんご片手にご満悦の梨花

11月下旬の市川市動植物園より

b0355317_20503384.jpg
時刻は13:00 りんごTIMEが始まるというので、放飼場へ足を運ぶと
いきなり優花がバックヤードへ帰って行ってしまいました
優花がりんご好きすぎて、梨花と争いになるために、この時だけは優花を隔離するんだそうです

b0355317_21004957.jpg
飼育員さんの気配を察知し、木から降りてくる梨花

b0355317_21013392.jpg
「まだ?りんごまだ?」

b0355317_21020594.jpg
全力待機の梨花

b0355317_21023944.jpg
そして、りんごを持った飼育員さんの登場

b0355317_21031455.jpg
飼育員さんの後についていく梨花

b0355317_21042078.jpg
梨花ちゃん、初めてお会いしたんですが
何というか品のある子ですね

b0355317_21053164.jpg
りんごを目の前にして、ヒートアップすることもなく
淡々とマイペースでいただいております

b0355317_21064371.jpg
梨花のりんごTIMEが終了したところで、再び優花が登場

b0355317_21073924.jpg
ざんざんと力強く放飼場を進んでいきます

b0355317_21081808.jpg
新しくセッティングされた笹のもとへ

b0355317_21085887.jpg
どうやら、笹は争いの元にならないようで
二頭仲良く食べていました

[PR]

by manyamou02 | 2017-01-24 12:05 | 市川市動植物園 | Comments(0)

市川市動植物園~超グランマ・ペギーさんとご長寿モカくん

b0355317_21400557.jpg
眠そうにしている、クロシロエリマキキツネザルのペギーさん
御年32歳と年齢もさることながら

b0355317_21461039.jpg
34頭もの子供を産み、31頭を育てた偉大すぎるお方です

b0355317_21483451.jpg
くわっ!
まだまだ、眼力ありますね

クロシロエリマキキツネザルは比較的、全国どこの園館でも見られますが
彼女の貢献あってのことではないかと
こんな偉大な方にお会いできて光栄であります

b0355317_21535405.jpg
こちらはクロキツネザルのモカくん

b0355317_21542454.jpg
御年30歳、ペギーさんと並び市川市動植物園を代表するご長寿動物であります

b0355317_21554884.jpg
動きはゆっくりとしていましたが、まだまだお元気そうでした

b0355317_21562914.jpg
かわいい

b0355317_21574710.jpg
こちらは、クロシロエリマキキツネザルの兄弟ハクくんとトミーくん

b0355317_21582562.jpg
掲示内容が何気にディープで素晴らしいです

b0355317_22000303.jpg
溌溂として活動的だった二頭
こんな楽しい掲示があれば、さらに観察のし甲斐も増すというものです

[PR]

by manyamou02 | 2017-01-23 12:05 | 市川市動植物園 | Comments(0)

市川市動植物園~紅葉とニホンザル

b0355317_11462859.jpg
「今年ももう僅かだけど、来年もきっと干支になってやる!」

と決意を胸に秘め、強くこぶしを握るニホンザル

b0355317_11491130.jpg
・・・ではなく、羽虫を捕まえようとしていたところです
ちなみに失敗してます/ili´ ェ`)

b0355317_11513252.jpg
「ふっ、このオレから逃れるなんてやるじゃねえか」

b0355317_11543215.jpg
という訳で、市川市動植物園のサル山からお送りいたします

b0355317_11553577.jpg
まあ、よくある定番の作りではありますが
三方向から、アクロバティックで活動的なニホンザルたちの姿が楽しめます

b0355317_11584593.jpg
ちびっ子もたくさんいて、実に賑やかでした

b0355317_11591725.jpg
「せーの・・・」

b0355317_11594395.jpg
「とーーーーーうっ!」

b0355317_12002672.jpg
腹話術

b0355317_12011220.jpg
夕刻、紅葉が夕陽に映え綺麗でした

b0355317_12005348.jpg
「まあ、綺麗だなんてホントのこと、おほほのほ」

・・・いや、あなたのこと言ってる訳では

b0355317_12042517.jpg
ノミ取り中

b0355317_12050088.jpg
「押すなよ!絶対に押すな・・・って言い切る前に押してんじゃないよ!!」

[PR]

by manyamou02 | 2016-12-29 12:10 | 市川市動植物園 | Comments(0)

市川市動植物園~モンキーゾーンの素晴らしき手描き掲示

b0355317_21121589.jpg
ワオキツネザルです

市川市動植物園のモンキーゾーンより

b0355317_21143209.jpg
Q太郎とO次郎の兄弟です

b0355317_21153607.jpg
瞳がオレンジ色だから、1,2枚目のこっち向いてる子がO次郎かな

・・・って、なんでネーミングがオバQなの!?

b0355317_21182928.jpg
ワオキツネザルのところで見かけた掲示

b0355317_21190241.jpg
CMとかでもよく登場するベローシファカ
きっと、勘違いされてる方も多いんでしょうね

b0355317_21220452.jpg
シロテテナガザルのコテツ

ちょっと写真がいまいちで申し訳ないです/ili´ ェ`)

b0355317_21225243.jpg
丁寧な個体説明

b0355317_21245039.jpg
前回もちょっと紹介しましたが、モンキーゾーンにある数々の手描き掲示がホント素晴らしいのです

b0355317_21264395.jpg
結構、ディープな知識が親しみやすいイラストで非常にわかりやすく解説してあり
ここにある掲示群を読めば、観察の楽しさも無限大に広がります

霊長類の色んな特徴を知ってもらって、もっともっと観察を楽しんで動物たちを好きになってほしい
これを描かれた飼育員さんの、そんな熱い思いが伝わってきます

b0355317_21341730.jpg
マンドリルのジョディさん

b0355317_21351618.jpg
なんかもう、この掲示を読むだけで初対面なのに
すごく親しみ深い存在になってしまいます

b0355317_21365614.jpg
かわいい(^^)

[PR]

by manyamou02 | 2016-12-28 12:05 | 市川市動植物園 | Comments(0)

市川市動植物園の多彩な霊長類たち~レムールたちのランチTIME

b0355317_21300441.jpg
お食事中のクロシロエリマキキツネザル
飼育員さんが手ずから餌を与えています

昨日に続いて、市川市動植物園の霊長類たちをご紹介~

b0355317_21354268.jpg
飼育員さんの手元にようやく気付いたようです

b0355317_21371145.jpg
ご機嫌な表情

b0355317_21391830.jpg
1~3枚目の写真が、ロッキー&ブルース親子

b0355317_21434464.jpg
そして、お隣の様子をめっちゃ気にしていた
オリーブ&エビゾウ親子

b0355317_21452215.jpg
こちらは同じく、お食事中のクロキツネザル

マロン母さんとペロ&グミ姉妹

b0355317_21465969.jpg


b0355317_21482532.jpg
クロキツネザルは、オスとメスで体色が全然違います

b0355317_21525064.jpg
こちらがオスのビターくん

b0355317_21531928.jpg
真っ黒でかっこいいです

b0355317_21542939.jpg
モンキーゾーンと呼ばれる、このエリア

飼育員さんが描かれた手描き解説の数々があまりに素晴らしいので
今後もちょくちょくと紹介したいと思います

b0355317_21565060.jpg


b0355317_21572778.jpg
バージョン違い(^^)

[PR]

by manyamou02 | 2016-12-23 12:05 | 市川市動植物園 | Comments(0)

市川市動植物園の多彩な霊長類たち~アカテタマリン、ボリビアリスザル

b0355317_20493856.jpg
アカテタマリンです

千葉市動物公園へ行った時も強く感じたんですが、市川市動植物園もまた霊長類が多彩です

b0355317_20521802.jpg
アカテタマリンって多分、国内でもそうそう見られないと思います

「アカテ」と言うよりは、むしろ「キイロテ」ですが・・・

b0355317_20563396.jpg
二枚目の写真がベジくんです

b0355317_20574490.jpg
放飼場は三つに分かれていて、全部で5頭のタマリンが暮らしています

b0355317_20592222.jpg
真ん中の放飼場にいるのがアン&ラブリー姉妹と、日本モンキーパークから婿としてやってきたケイ

一枚目の写真が、この三頭です

b0355317_21033140.jpg
ケイくんかな?

ニヒルな表情であります

b0355317_21043566.jpg
向かって左にいるのがアイ&トラ母娘

b0355317_21055351.jpg
檻がきつくて、いまいち残念な写真ですが
実にチャーミングです


ケイ、アン、ラブリーです
活動的で見応えがありました

b0355317_21085148.jpg
アカテタマリンの隣にいたのが、ボリビアリスザル

b0355317_21101513.jpg
まあ、とにかく賑やかです

b0355317_21104162.jpg
こちらがリスザルたちの放飼場

頭数の割に、ちと手狭な感じですが

b0355317_21113690.jpg
全頭の名前がしっかりと掲示されていたりして
大事に飼育されてるなあという印象でした

[PR]

by manyamou02 | 2016-12-22 12:05 | 市川市動植物園 | Comments(0)