しながわ水族館~ご長寿オタリア「クッキー」さんとアザラシ館

b0355317_20294600.jpg
「あ~~~~ん」

オタリア「クッキー」さんのお口のチェックをしている飼育員さん

b0355317_20312885.jpg
「はい、よくできました」

日々の健康管理や病気の際に治療をしやすいように行うトレーニングを
ハズバンダリートレーニングと言います

運よく、その場面を見ることができたんですが
何よりすごかったのが、座薬を挿入していたところ
実にスムーズに行っているのでびっくりしました

b0355317_20382128.jpg
「ごほーび、ちょーだい!」

クッキーさんは、御年24歳と国内でも三番目のご長寿オタリア
彼女がこうして元気に暮らしているのも
スタッフの方々の日々の努力があってこそだと思います

すい~む

いやもう、彼女やることなすことホント、チャーミングで
初めてお会いしたんですが、たちまちファンになってしまいました\(//∇//)

b0355317_20455416.jpg
ひょこっ

水面に顔を出しているアザラシ

b0355317_20464256.jpg
泳ぐアザラシの姿をとことん楽しめるアザラシ館
こちらは屋外からの様子

b0355317_20482263.jpg


b0355317_20500369.jpg


b0355317_20511388.jpg
屋内施設もめっちゃ素敵で、これでもかという程アザラシ三昧できるんですが、
そちらの方は、まともな写真が撮れなかったのでまたの機会に

[PR]

by manyamou02 | 2017-01-30 12:05 | しながわ水族館 | Comments(0)

しながわ水族館:カクレクマノミとサンゴイソギンチャク

b0355317_20081687.jpg
しながわ水族館「共生水槽」より
カクレクマノミとサンゴイソギンチャクです

b0355317_20125894.jpg
クマノミはイソギンチャクを利用することにより安全な生活と産卵場所を得て、
イソギンチャクはクマノミが泳ぐことにより新鮮な酸素と水を得ることができます

b0355317_20160402.jpg
こういった関係を「相利共生」と言います

b0355317_20172397.jpg


そんな共生関係を再現した美しい水槽

b0355317_20220050.jpg
「海の楽園」水槽より

b0355317_20241169.jpg
すんません、名称不明です/ili´ ェ`)

b0355317_20244949.jpg
しながわ水族館25周年ということで、行われていた企画展「いきもの展」にて

b0355317_20284575.jpg
ウチワザメ

名前はサメですがエイの仲間です

[PR]

by manyamou02 | 2017-01-29 12:05 | しながわ水族館 | Comments(0)

しながわ水族館:珍しい魚たち~タツノオトシゴとカワテブクロ

b0355317_22104636.jpg
タツノオトシゴです

しながわ水族館「珍しい魚たち」エリアより

b0355317_22143931.jpg
しながわ水族館にいるタツノオトシゴは、オーストラリア南部の冷たい海に生息する
ビックベリーシーホース(シーポニー)です

b0355317_22172886.jpg
メスがオスの育児嚢(いくじのう)に卵を産み付け
オスが子供を出産するというのは、明日から使えるウンチク

b0355317_22224501.jpg
なんというかホント不思議な生き物で
いつまでも見入ってしまいます

b0355317_22260323.jpg
再び登場、オーネイト・カウフィッシュ

b0355317_22312175.jpg
派手な体色がオスらしいので、こちらがオスで上の写真がメスかな?

オーネイトは「華麗な」とか「飾り立てた」の意
カウフィッシュってハコフグのことだけど全然ハコ型じゃないですね
ところで、今ふと思ったんだけど、もしや角が生えてるからカウ(牛)フィッシュ!?

すんません、もう少し調べておきます/ili´ ェ`)

b0355317_22375242.jpg
カワテブクロ

熱帯のサンゴ礁域の浅い海に生息する大型のヒトデ
凄いインパクトです

b0355317_22395597.jpg
まるで革の手袋のよう・・・といった、かなりそのまんまなネーミングです

b0355317_22415694.jpg
マンジュウヒトデ

b0355317_22425210.jpg
ヘコアユ
西太平洋、インド洋の熱帯域のサンゴ礁に生息

b0355317_22440156.jpg
急ぐ時以外は、いつも頭を下にした状態で泳いでいます

b0355317_22454228.jpg
同じ水槽内にいた鮮やかな体色のエビ

名称不明

[PR]

by manyamou02 | 2016-12-17 12:05 | しながわ水族館 | Comments(0)

しながわ水族館:珍しい魚たち~オオカミウオとデンキウナギ

b0355317_21423825.jpg
オオカミウオ
貝類をかみ砕き、甲殻類をも食いちぎる強大な歯の持ち主です

引き続き、しながわ水族館「珍しい魚たち」エリアより

b0355317_21440559.jpg
手すり(?)の上がお気に入りっぽいです

b0355317_21445151.jpg
アマゾン川の代名詞ともいえる名高いデンキウナギ

b0355317_21471410.jpg
獲物を狩るために800ボルトもの電圧を起こすことができます

b0355317_21484744.jpg
実はウナギの仲間ではなく、1科1属の魚です

動画も撮ってみました

b0355317_21531588.jpg
こちらはデンキナマズ

ナイル川やニジェール川に生息し、
獲物を狩る際、最大で400ボルトもの電気を発生します

b0355317_21553439.jpg
ミズダコ

タコの仲間の中でも大型の種です

b0355317_21565042.jpg
ぶわーっ!!

b0355317_21571577.jpg
リーフ・フィッシュ

枯れ葉に擬態するという特異な形態の持ち主です

b0355317_21583797.jpg
エレファント・ノーズ

アフリカ中央部に分布

b0355317_21592902.jpg

長い吻(ふん)を使い、泥の中の虫を掘り出して食します

[PR]

by manyamou02 | 2016-12-12 12:05 | しながわ水族館 | Comments(0)

しながわ水族館:世界の大河から~圧巻!巨大ピラルク!!

b0355317_10384618.jpg
しながわ水族館「世界の大河から」エリアより
悠然と泳ぐ巨大ピラルク

b0355317_10410111.jpg
売店には、ピラルクグッズも多々あったので
まさに看板スターであります

ここまでデカイのは中々見れないなあと感動してたんですが

b0355317_10423559.jpg
それもそのはず、なんと飼育歴15年、年齢20歳以上!

デカすぎて、まともに写真が撮れないので
動画にて、その巨大感を想像してくだされ

b0355317_10455681.jpg
同水槽内のタイガーシャベルノーズ

b0355317_10490239.jpg
フラミンゴシクリッド

なんというか、でかい奴らばかりでワクワクする水槽です

b0355317_10505795.jpg
その正面にいた、こちらは愛らしいメキシコトラフサンショウウオ
他のサンショウウオとは違い、一生を水の中で過ごします

b0355317_10532569.jpg
「アホロートル」の呼び名が有名ですが、この名前は幼生の形態のまま成体になるサンショウウオの総称です

b0355317_10560367.jpg
続いて、「珍しい魚たち」エリアより
タスマン海(オーストラリア東岸とニュージーランド西岸に挟まれた海)の生物たち

オーネイト・カウフィッシュ

b0355317_11020508.jpg
正面から見た、謎の生物感

b0355317_11025579.jpg
こっちは名前がわかんないです

b0355317_11052403.jpg
形がオーネイト・カウフィッシュにそっくりなので、もしや幼体かな?

b0355317_11064767.jpg
オールド・ワイフ

なんで、こんな意味深な名前なんだろうとちょっと調べてみたら
海から引き上げた時にあげる「ギギッ!ギギッ!」という鳴き声が(歯を擦り合わす音らしいです)
まるで老婆の歯ぎしりや、お小言のように聞こえるからとか

b0355317_11133130.jpg
コンゴウフグ
太平洋西部、インド洋に生息するハコフグの仲間です

[PR]

by manyamou02 | 2016-12-11 12:05 | しながわ水族館 | Comments(0)

しながわ水族館:不老不死のクラゲと人間の角質を食べる魚

b0355317_11421164.jpg
ベニクラゲ

日本全国の近海で普通に見られるクラゲで、大きさは直径1センチ程度

b0355317_11394821.jpg
弱って、海の底に沈んだ成体は溶けてしまわずサナギのような状態になり
細胞が若返った後ポリプに成長し、やがて稚クラゲとなります

b0355317_11450866.jpg
何度でも若返るので、不老不死のクラゲと言われています

b0355317_11460955.jpg
という訳で、しながわ水族館で会えるクラゲたちのご紹介~

こちらはカラージェリーフィッシュ(ブルージェリー)

b0355317_11490238.jpg
ミズクラゲ

b0355317_11492318.jpg
口腕にふりふりがついてるのでメスかな

b0355317_11532475.jpg
アカクラゲ

全国各地に出現する、刺されるとめちゃめちゃ痛いコワ~いお方

b0355317_11555276.jpg
クラゲたちのいるエリアの一角に
何やら皆、熱心に手を入れている水槽がありました

何だろうと見てみると・・・

b0355317_11573335.jpg
「ふれあい水槽」とありますが、説明をみると成程これは楽しそうです

b0355317_11592957.jpg
早速やってみました。

水槽に手を入れると、人間の角質を食べる魚ガラ・ルファがどんどん集まってきて
個人差がありますが、人によってはもう魚たちで真っ黒になるぐらい集まったりします

角質を食われるといっても痛いわけではなく、めっちゃくすぐったくて
適当なところで手を出して見てみると、心なしか綺麗になっている気がします

いやもうコレ楽しすぎ

b0355317_12054665.jpg
なんで、角質なんか食べるんだろうという説明も丁寧にされています

[PR]

by manyamou02 | 2016-11-13 12:10 | しながわ水族館 | Comments(0)

しながわ水族館:冷たい海の魚たちと深海生物たち

b0355317_21251085.jpg
生きている化石とも呼ばれるタカアシガニ
現生の節足動物の中では世界最大の生き物であります

しながわ水族館「冷たい海の魚たちと深海生物たち」のコーナーよりお送りいたします

b0355317_21281241.jpg
フサギンボ

b0355317_21312109.jpg
ユメカサゴかな?

b0355317_21373873.jpg
トラザメ

b0355317_21383855.jpg
サギフエ

b0355317_21412622.jpg
普段は、斜めに傾いた状態で漂うようにしてるんですが
長距離を泳ぐ際は、水平になるそうです

b0355317_21441062.jpg
ナマコ

b0355317_21451631.jpg
ユメカサゴ

b0355317_21474070.jpg
岩に張り付いてた

b0355317_21484841.jpg
もういっちょうユメカサゴ

[PR]

by manyamou02 | 2016-11-12 12:05 | しながわ水族館 | Comments(0)

しながわ水族館大水槽

b0355317_10544814.jpg
約60種900点もの生物が泳ぐ、しながわ水族館の大水槽

b0355317_10562178.jpg


b0355317_10590531.jpg
悠然と泳ぐアオウミガメ

b0355317_10595015.jpg


b0355317_11004837.jpg
トンネル状のエリアもあり、頭上を行く魚たちの姿も楽しめます

b0355317_11025220.jpg
上からも見れます

b0355317_11041340.jpg


b0355317_11043492.jpg
すいません、ネームプレートを撮っていないので
魚たちの名前がわかりません/ili´ ェ`)

b0355317_11050003.jpg


b0355317_11060728.jpg
突如、水槽内に現れるマーメイド

b0355317_11064209.jpg
1日に数回、「水中ショー」が行われており、ダイバーさんが給餌をしながら
水槽内の生き物たちを解説してくれるという必見イベントであります

b0355317_11093343.jpg
「まったね~♪」

颯爽と去って行く、美しきマーメイドなのでした

実に多彩な生き物たちが泳いでおります

[PR]

by manyamou02 | 2016-10-30 12:05 | しながわ水族館 | Comments(0)

しながわ水族館:群れを作る魚たち~撃てよ!テッポウウオ!!

b0355317_22130160.jpg
「群れを作る魚たち」と銘打たれたエリアより

マイワシの群れ
日本沿岸域を大きな群れで回遊する、とても馴染み深い魚です

b0355317_22142875.jpg
時々大きく口を開いているのは、水中のプランクトンを濾し取っている為です

b0355317_22491070.jpg
クロホシイシモチ

b0355317_22220712.jpg
サクラダイ

b0355317_22233064.jpg


b0355317_22255867.jpg
ホウボウ

人の姿を見ると近づいてくる、めっちゃキュートな子でした

b0355317_22272991.jpg
フロアを移動して、B1にて「海の宝石箱」と銘打たれた水槽

デバスズメダイ、シリキルリスズメダイ、ヒフキアイゴ、ヨスジリュウキュウスズメダイ等々
サンゴに群がる色鮮やかな魚たちが泳いでいました

b0355317_22363743.jpg
そのお向かいにいたテッポウウオ

b0355317_22372346.jpg
ちびっ子もいました♪


タイミング良く、テッポウTIMEを見ることができました!
いまいちよくわからない動画ですが
実際に見てても、水鉄砲が早すぎて何が起こっているのかよくわかりません(;^_^A

[PR]

by manyamou02 | 2016-10-29 12:05 | しながわ水族館 | Comments(0)

しながわ水族館:イルカショー その2

b0355317_22305021.jpg
ジャーーーーンプ!!

引き続き、しながわ水族館よりイルカショーの様子をお送りいたします

b0355317_22314098.jpg
水上に出た状態でバックしていく凄技

b0355317_22332440.jpg
ショーのクライマックスはジャンプの連続

b0355317_22340851.jpg
跳んで

b0355317_22343019.jpg
回って

b0355317_22345648.jpg
跳んで

b0355317_22353516.jpg

b0355317_22355873.jpg
もう跳びまくりです

b0355317_22370142.jpg

b0355317_22362651.jpg


b0355317_22372419.jpg
はい、お疲れ様

b0355317_22392502.jpg
まったね~♪

[PR]

by manyamou02 | 2016-10-21 12:05 | しながわ水族館 | Comments(0)