井之頭百物語2017

b0355317_22013065.jpg
今年も井之頭百物語スタンプラリーに参加してきました

b0355317_22043208.jpg
五年目にしてついに登場、アフリカタテガミヤマアラシ

b0355317_22060679.jpg
NEWフェイスもちゃんと登場しています

b0355317_22094185.jpg
ただやみくもにスタンプを押すだけじゃなく、動物たちもちゃんと観察していきましょうという意図で
スタンプのポイントにクイズがあるのもニクいところ

b0355317_22123758.jpg
えーと、フェネックの耳はどっちだっけ・・・

b0355317_22131752.jpg
意外とクイズは結構、難しかったりします

b0355317_22141075.jpg
渋いクイズだなあ

ゴールのポイントでは解答&解説ももらえるので、ちょっとした井の頭博士になれちゃいます

b0355317_22165203.jpg
今回のスタンプラリーで初めて、その存在を知った加藤清正像
ちょっと奥まった場所にあるので、意外と知らない方も多いかもですが
その大きさと、迫力ある造形に圧倒されるので機会があれば是非、足を運んでみてください

b0355317_22230204.jpg
その近くにあった「快傑日蓮」

こちらの方が百物語の題材としてはぴったりでしょう
いやもう、今にも怒鳴り声が聞こえてきそうな
生気に満ちた見事な意匠

加藤清正とともに北村西望氏の傑作です

b0355317_22262453.jpg
この辺りは人通りも殆どなく、ゼロ知識で出会うとかなりドキっとします
正直、暗くなってからはこの前を通りたくありません(;^_^A

という訳で、園内をくまなく楽しめる百物語スタンプラリーは9/3まで開催中♪

[PR]

# by manyamou02 | 2017-08-18 22:45 | 井の頭自然文化園 | Comments(0)

サンシャイン水族館~「大河アマゾン川」

b0355317_20513360.jpg
でーんと構えるバルバード

サンシャイン水族館「大河アマゾン川」水槽より

b0355317_21011815.jpg
正面からだといまいち得体が知れないですが、横からだとこう
ナマズの仲間であります

b0355317_21025292.jpg
こちらはちょっと名称不明

b0355317_21071439.jpg
サウスアメリカンフレッシュウオータースティングレイ

b0355317_21100242.jpg
小さくて愛らしい淡水エイであります

b0355317_21131120.jpg
グリーンイグアナ

ちなみに、このアマゾン川水槽は、「乾季に出現した湖の水辺」がテーマとなっていて
様々な魚やそこに集まる生物たちが展示されています

b0355317_21135041.jpg
ヒラリーカエルガメ

なので、ワイドな水槽には実に多彩な生物がたくさんいて
いつまでも見ていられます

b0355317_21160103.jpg
セルフィンプレコ

b0355317_21165940.jpg
ドラド

b0355317_21192947.jpg
シルバーアロワナ

b0355317_21203606.jpg
レッドフックメチニス

b0355317_21213673.jpg
ピラニアとよく似ていますが雑食性で、水草をよく食べます

[PR]

# by manyamou02 | 2017-08-17 21:45 | サンシャイン水族館 | Comments(0)

上野動物園・両生爬虫類館特設展示~ハペペ博士の研究所

b0355317_09194426.jpg
上野動物園・両生爬虫類館の特設展示「ハペペ博士の研究所」
毎度、この企画は趣向が凝らしてあり楽しみにしているのですが・・・

b0355317_09230637.jpg
早速、中へ入ってみましょう

パンサーカメレオンです

b0355317_09301338.jpg
今回のテーマは爬虫類・両生類の「あし」
博士の観察記録といった態で
様々な解説がしてあります

b0355317_09312064.jpg
こういったことを意識すると、目の前の生き物に対しても
見えてくるものが違ってくるので、非常に興味深いです

b0355317_09390636.jpg
トッケイヤモリ

ふと気にし始めると、気になって仕方がない大きな疑問
「何故、彼らは壁を伝って歩けるのか?」

b0355317_09393467.jpg
指先を顕微鏡で見た写真
細かな毛がびっしりと生えています

この毛が壁の凹凸と噛みあうことにより
ファンデルワールス力(りょく)と呼ばれる弱い引力が働くと考えられています

b0355317_09495961.jpg
「人類よ、これがファンデルワールス力だ!」

肉眼では、見えないナノメートルの毛
まさに生命の神秘であります

b0355317_09541297.jpg
ブース内には多彩な爬虫類&両生類がいます

ヨーロッパヘビトカゲ
ヘビではなく「足のないトカゲ」です

b0355317_09582704.jpg
コモチミミズトカゲ

これは私も初めて見ました

b0355317_09585976.jpg
博士の観察研究対象にはもってこいの生き物であります

b0355317_10004809.jpg
こだわって作られた、博士の研究所

b0355317_10023490.jpg
さほど広い展示ではないものの見応えがあります

年内いっぱいまで開設しているようなので、お立ち寄りの際は是非~♪

[PR]

# by manyamou02 | 2017-08-16 21:18 | 上野動物園 | Comments(0)

マーラ天国とアカエリマキキツネザルの赤ちゃん

b0355317_11063332.jpg
SCZOOファンにはお馴染みのフリーダム・マーラ

6月中旬の埼玉県こども動物自然公園よりお送りします

b0355317_11083231.jpg
そんなマーラたちに囲まれるという楽園のごとき場所に足を踏み入れてしまいました

SCZOOには年に数回行きますが、このポイントは知らなかったです

b0355317_11111729.jpg
それ何処?かと言いますと
これまた、SCZOOファンにはお馴染みの立派な牛舎を抜けまして

b0355317_11130405.jpg
牛たちにあいさつして

b0355317_11134125.jpg
マーラ舎を通り過ぎると、どうやらそこが餌場になっているようなのです

b0355317_11144335.jpg
ベンチがめっちゃ汚いのがアレですが
ここで休んでおりますと、どんどん周りにマーラが集まってきて・・・

b0355317_11171753.jpg
なんというマーラ天国

夢のような昼下がりのひとときでした

b0355317_11183315.jpg
こちらは4/15生まれのアカエリマキキツネザルの赤ちゃん


b0355317_11205680.jpg
6月の初旬に放飼場デビューを果たしたばかりです(公式記事より
めっちゃ元気に飛び回っていました


撮影が非常に困難な場所なので動画にて


もういっちょう

アカエリマキキツネザルに会えるのは国内では
野毛山動物園と埼玉県こども動物自然公園の二園だけなのです

b0355317_11332657.jpg
おまけ:頭上を悠然と飛んでいくアオサギ

梅雨の谷間の暑い一日でした

[PR]

# by manyamou02 | 2017-08-15 21:05 | 埼玉県こども動物自然公園 | Comments(0)

ニシローランドゴリラ「モンタ」&「ローラ」(千葉市動物公園)

b0355317_10012124.jpg
小雨ぱらつく5月中旬の千葉市動物公園
まさに水もしたたるイイ男、ニシローランドゴリラの「モンタ」くんです

b0355317_10033765.jpg
「ブラジルの人、聞こえますかーーー!?」

b0355317_10062313.jpg
ダンディすぎる寝姿

b0355317_10080431.jpg
こちらはお隣のローラさん
目元がセクシーで、実に美しいお方です

b0355317_10090376.jpg
「まあ、そう言われて悪い気はしないわよね」

b0355317_10102146.jpg
閉園間際、屋内放飼場でお食事中のローラ
殆どひとけがないせいもあるのでしょうが
ガラス越しの真ん前で堂々と食べております

b0355317_10110649.jpg
ちらっ

b0355317_10135250.jpg
モンタは、もう眠そう

b0355317_10144512.jpg
隅っこでトイレを済ませ

b0355317_10151630.jpg
バックヤードへの扉が開くや、たちまち帰って行きました

b0355317_10162653.jpg
ローラももう帰ったかな・・・って、近っ!!

b0355317_10171264.jpg
バックヤードへの扉が開いても、マイペースで淡々と食事を続けるローラなのでした

[PR]

# by manyamou02 | 2017-08-14 20:56 | 千葉市動物公園 | Comments(0)