2017年 09月 03日 ( 1 )

深海2017~深海のトップ・プレデター

b0355317_21331258.jpg
トップ・プレデター(頂点捕食者)
自らは食べられることがなく、他の生き物を捕食する
食物連鎖の頂点に立つ存在

近年の研究で明らかになってきた深海のトップ・プレデターたち

b0355317_21373510.jpg
ユメザメ
漆黒の体に大きな目
一枚一枚のウロコも大きく、強度を誇ります

b0355317_21365907.jpg
全長は120cmとそれほど大きくはないですが
獰猛なハンターと考えられています

b0355317_21442200.jpg
カグラザメ
全長5mにも達し、大きくなると他のサメをも襲う、まさにトップ・プレデター

b0355317_11015915.jpg
キタノクロダラ
全長1mを超える大型捕食硬骨魚類
日本では相模湾以北で生息しているというのが、その名の由来ですが
近年、駿河湾でも出現が報告されています

b0355317_11080138.jpg
ムラサキギンザメ
大きな胸ビレが印象的
「サメ」と名前が付いていますがサメの仲間ではなく
より原始的な全頭亜綱の魚です

b0355317_11150247.jpg
ギンザメ類の特徴である板状にくっついた歯で
貝類や甲殻類を食べると言われています

b0355317_11171629.jpg
ソコボウズ
水深2000mを超える深海に生息
海底の甲殻類や多毛類、イカや魚を捕食することが知られています

b0355317_11201123.jpg
深海底で暮らし、丸みのある頭部であることから付いた名前が「底坊主」
深海に落ちてくる生物の死骸が常食ということを考えると
まさに海底で供養をしているようなイメージが...


[PR]

by manyamou02 | 2017-09-03 21:46 | 深海2017 | Comments(0)