サンシャイン水族館「もうどく展2」~死亡例のある生物~

b0355317_11344492.jpg
なんだか物々しい雰囲気の入口

昨日に続きサンシャイン水族館「もうどく展2」リポート
今回が最終回~

b0355317_11372788.jpg
最後のエリアは最恐レベルの毒生物を揃えた「レッドゾーン」

b0355317_11403009.jpg
人骨の上を悠然と泳いでいるのは・・・

b0355317_11414143.jpg
アカエイ

尾に尾棘(びきょく)と呼ばれる毒針を持っています

b0355317_11445716.jpg
こうして見るとかわいいものですが
日本の沿岸でもよく見られる要注意生物であります

b0355317_11480782.jpg
それにしても、しゃれこうべとの2ショットなんて
ここでしか撮れないでしょう


給餌の場面に遭遇しました♪

b0355317_12432955.jpg
ドクウツボ

内臓と筋肉に中毒を引き起こすシガトキシンを多量に有しています

b0355317_11505211.jpg
マゴイ

食用としても馴染みのある魚ですが、胆のうは「鯉胆」(りたん)と呼ばれ漢方薬として重宝されると同時に
強力な毒として作用することもあり、人が食すと死亡するケースもあります

b0355317_11545552.jpg
黒白の玉砂利・・・よく見るとしゃれこうべだし

b0355317_11561342.jpg
まあ、どの水槽も毒々しいですが極め付けがこちら
白骨死体が累々と居並び、これでもかという悪ノリ感

b0355317_11593342.jpg
コモンフグ

ご存知、毒を持つ魚としては代表選手であります
国内でも毎年のように死亡例が報告される
最も気を付けなければならない生物です

b0355317_12035677.jpg
ウンバチイソギンチャク

沖縄の海域に広く生息し「海の蜂」(ウンバチ)と呼ばれ恐れられています
サンゴや岩礁に溶け込み見分けるのが困難で、
その毒はイソギンチャクの中でも最強レベルと言われています

b0355317_12080370.jpg
迫力あるハブの剥製

b0355317_12084083.jpg
猛毒ウミヘビとして名高いエラブウミヘビの燻製を触ってみようコーナー

b0355317_12113828.jpg
おまけ:もうコメントのしようがないです
素晴らしいです。この独特の悪ノリ感がサンシャイン水族館の大きな魅力なんじゃないかと(^^)

[PR]

by manyamou02 | 2017-05-14 20:55 | サンシャイン水族館 | Comments(0)