SCZOOのマヌルたち~トワイライト・セバスチャン

b0355317_20171276.jpg
埼玉県こども動物自然公園のマヌルネコ・シャルちゃんです

b0355317_20181336.jpg
閉園間際、放飼場内をよく動いていました

b0355317_20200235.jpg


b0355317_20202084.jpg
見返り美猫

b0355317_20225637.jpg
なんかもう、先日から延々とシャルちゃんの写真ばっかりあげてる気もしますが
超愛らしいので、良しとしましょう

b0355317_20231348.jpg
セバスチャンの様子もお伝えいたしましょう

b0355317_20244492.jpg
16時頃、遊び道具としてダンボールが放飼場に入れられたんですが
ほぼ、ノーリアクション・・・セバス殿のお気に召さなかったようです

b0355317_20262469.jpg
それよりも、間もなく空中トンネルへの入口を閉められた時の方が
「!!??」と、ショックを受けたようなリアクションをしておりました

b0355317_20282412.jpg
ふてくされセバス


とは言え、扉が閉められたということは
そろそろバックヤードへ帰って食事の時間
もう気が気でないのか、そわそわと動き回っております

レフとシャルのペアリングが解消した為、現在はこちらの放飼場にはレフがやって来て
セバスチャンは残念ながら非公開となっております
寂しいですが、また会える日を心よりお待ちしております

b0355317_20331314.jpg
最後に、今回のリフォームとともに新たに作られた掲示
やってくるお客さんが「ええ?飼えるの!?」と、興味津々に開くと・・・

b0355317_20353814.jpg
イメージした回答とは少々異なるかとは思いますが、大事な大事なことが書かれています
これを読んでどう捉えるかは人それぞれだと思いますが
私個人としては、未来永劫こんな愛らしい生き物がいる地球であってほしいと切に願う次第であり
そういった思いやメッセージをお客さん一人一人に伝え、考える機会を与えるのも
動物園の大きな役割であると思います

[PR]

by manyamou02 | 2017-04-05 20:55 | 埼玉県こども動物自然公園 | Comments(0)