上野動物園・両生爬虫類館特設展示~ハペペ博士の研究所

b0355317_09194426.jpg
上野動物園・両生爬虫類館の特設展示「ハペペ博士の研究所」
毎度、この企画は趣向が凝らしてあり楽しみにしているのですが・・・

b0355317_09230637.jpg
早速、中へ入ってみましょう

パンサーカメレオンです

b0355317_09301338.jpg
今回のテーマは爬虫類・両生類の「あし」
博士の観察記録といった態で
様々な解説がしてあります

b0355317_09312064.jpg
こういったことを意識すると、目の前の生き物に対しても
見えてくるものが違ってくるので、非常に興味深いです

b0355317_09390636.jpg
トッケイヤモリ

ふと気にし始めると、気になって仕方がない大きな疑問
「何故、彼らは壁を伝って歩けるのか?」

b0355317_09393467.jpg
指先を顕微鏡で見た写真
細かな毛がびっしりと生えています

この毛が壁の凹凸と噛みあうことにより
ファンデルワールス力(りょく)と呼ばれる弱い引力が働くと考えられています

b0355317_09495961.jpg
「人類よ、これがファンデルワールス力だ!」

肉眼では、見えないナノメートルの毛
まさに生命の神秘であります

b0355317_09541297.jpg
ブース内には多彩な爬虫類&両生類がいます

ヨーロッパヘビトカゲ
ヘビではなく「足のないトカゲ」です

b0355317_09582704.jpg
コモチミミズトカゲ

これは私も初めて見ました

b0355317_09585976.jpg
博士の観察研究対象にはもってこいの生き物であります

b0355317_10004809.jpg
こだわって作られた、博士の研究所

b0355317_10023490.jpg
さほど広い展示ではないものの見応えがあります

年内いっぱいまで開設しているようなので、お立ち寄りの際は是非~♪

[PR]

by manyamou02 | 2017-08-16 21:18 | 上野動物園 | Comments(0)