アジアゾウのハズバンダリートレーニング

b0355317_11414172.jpg
右前脚を出すアマラ

多摩動物公園のアジアゾウのハズバンダリートレーニングの様子をご紹介
(一連の写真は1月初旬のものなので、現在はまた少し様子が変わっているかも)

b0355317_11435369.jpg
この日、アマラは脚にアンクレットをつけていました

b0355317_11444007.jpg
数年後(?)に控えた、新ゾウ舎への移動の際
抵抗なくアンクレットを付け外しする為の練習なんだそうです

b0355317_11461511.jpg
今度は左前肢

出された足の裏を飼育員さんが丁寧に洗います

b0355317_11513699.jpg
続いて後左足

そうそう、ハズバンダリートレーニングってなんぞや?って方へ
以前にも紹介したことがあるので、詳しくはこちらなど:「アジアゾウのトレーニング

平たく言えば、健康管理を目的としたトレーニングです

b0355317_11540405.jpg
こういう機会でもないと、まずお目にかかることがないゾウの足の裏(しかもキレイ)

b0355317_11550809.jpg
掃除前はこんな感じ

b0355317_11555457.jpg
さて、このタテ穴はどう使うのかというと

b0355317_11564876.jpg
なんと、ここから耳を出しています

血液採集等の注射を打つ際の練習なのだそうです
この日は、注射の前の消毒、アルコールで耳を拭くことに慣れさせる練習をしていました

b0355317_12003520.jpg
続いてヴィドゥラ

アマラの方が学習能力は高い印象がありますが
彼もまた、アマラに負けじときちんと指示に答えます

[PR]

by manyamou02 | 2016-06-12 12:10 | 多摩動物公園 | Comments(0)